夢は必ず実現する。。by Cindy
最初は誰もが馬鹿にしました。それでもひたむきに努力したら。。世の中が変わりました。平凡だった私のリアルタイムのミリオネアーへの道奮戦記


現在の閲覧者数:
PROFILE
Cindy
  • Author:Cindy
  • ロサンゼルス在住のCindyです。

      でっかい夢と希望を抱いて25年前にアメリカに渡ったはずなのに、大企業での恵まれたポジション、仕事も家庭も、いつし
  • RSS


  • CALENDER
    08 | 2017/09 | 10
    S M T W T F S
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30


    RECENT ENTRIES
  • AKB48 選抜総選挙  チーム8 濵松里緒菜 頑張れ~!(05/13)
  • 希望的リフレイン AKB48 チーム8(11/24)
  • Everyday カチューシャ 茨城ひたち海浜公園(11/19)
  • (11/11)
  • AKB48 Team8 新曲「制服の羽根」 MV (11/05)
  • 新曲「制服の羽根」MV Short Ver.(11/05)
  • (10/23)
  • AKB劇場デビュー AKBDMM.comで公開 (08/12)
  • AKB劇場デビュー 「あなたとクリスマスイブ」デュエットしました。by AKB48 Team8(08/12)
  • AKB48 Team8 で大活躍! 芸人さんとのかけあいが面白い!笑ってしまう!(08/04)


  • RECENT COMMENTS
  • Matthew O(05/15)
  • なかなかね(11/03)
  • Cindy(11/15)
  • 日本の現実(04/26)
  • 情報や本舗(02/14)
  • 230まいっち(12/15)
  • John(12/12)


  • RECENT TRACKBACKS
  • 『よーし!柏木』のもっと幸せ!充実成功!!:<% rtrackback_title>(08/13)
  • 月に50万円欲しいなあ~2:<% rtrackback_title>(06/12)


  • ARCHIVES
  • 2015年05月 (1)
  • 2014年11月 (5)
  • 2014年10月 (1)
  • 2014年08月 (3)
  • 2010年11月 (1)
  • 2009年04月 (1)
  • 2009年03月 (1)
  • 2008年11月 (1)
  • 2008年09月 (3)
  • 2008年01月 (7)
  • 2007年12月 (1)
  • 2007年11月 (2)
  • 2007年03月 (1)
  • 2007年02月 (13)
  • 2007年01月 (7)
  • 2006年07月 (6)
  • 2006年04月 (1)
  • 2006年02月 (20)
  • 2006年01月 (6)
  • 2005年12月 (11)
  • 2005年11月 (6)
  • 2005年10月 (7)
  • 2005年09月 (6)
  • 2005年08月 (18)
  • 2005年07月 (23)
  • 2005年06月 (19)
  • 2005年05月 (25)
  • 2005年04月 (23)


  • CATEGORY
  • 未分類 (2)
  • 美容-一般 (1)
  • 健康-内臓一般 (4)
  • 自己啓発 (17)
  • ビジネス トレーニング (5)
  • ひとりごと (68)
  • 面白話題 (3)
  • 健康-目 (1)
  • 健康-コレステロール (1)
  • 健康-ダイエット (3)
  • 美容-自然化粧品 (0)
  • 美容-シャンプ-&石鹸 (1)
  • 美容-パック (0)
  • 美容-基礎化粧品 (0)
  • 健康-糖尿病 (0)
  • 健康-正しいサプリの飲み方 (4)
  • 健康-高血圧 (0)
  • 心を高める稲盛哲学 (8)
  • 健康-免疫 (5)
  • 健康-抗酸化 (3)
  • 成功者からのメッセージ (11)
  • 健康-癌 (4)
  • 逃せない耳よりニュース (9)
  • お得なキャンペーン! (0)
  • あるひとつの成功奮戦記 (69)


  • LINKS
  • Nu Skin 自然化粧品 Homepage
  • Pharmanex サプリメント Homepage
  • 盛和塾ロサンゼルス
  • jEWL(Japanese Executive Women's League)
  • 0から始めた管理人の自作PC


  • スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |

    検証57: 「ポポー」という名の命をつむぐ木
    昔々、生まれてくる赤ちゃんは、
    見るからに「赤い」からこそ、
    「赤ちゃん」と呼ばれていたのでしょうか。。。?

    で、先日。。。
    最近生まれてくる赤ちゃんは、
    赤ちゃんと呼べるほどには、もう、赤くはなくって、
    むしろ白い!という話が持ち上がりました。

    そして、確かに。。。
    8年前に生まれた私の娘は、
    生まれてすぐの体外を覆う血液や胎盤をぬぐった後に、
    まったく神々しいまでに白光りをする!というほどに、
    透明感ある白い肌だったので、
    とてもビックリしたという記憶が残っているのです。

    おぼろげな記憶を辿ってみても、
    かの病院の新生児を置く部屋を眺め回した際に、
    確かに、赤くはない白い赤ちゃんがあまりにも多かったので、
    自分のベビーだけではない、最近はそういうものなんだと
    誰に聞くでもなく、納得した思いも残っています。

    事の真相の程は、専門家に聞いたわけでもないので、
    未だによくはわかりませんが、
    これは多分に。。。
    妊娠したら飲まされる、
    医者処方の妊婦用の総合サプリメントのお陰ではないか?
    と勝手に想像したりもしているのです。

    そのお陰で。。。
    どちらかと言えば、いつも風邪をひきやすく、
    一度風邪をひけばぐずぐずと長引くような毎年だったのが、
    妊婦用のサプリを飲んでいる間は、
    なんと、風邪ひとつひかなかったのです。

    サプリと言えば。。。なんとなく半信半疑だった時代において、
    けれど、この妊婦用サプリで風邪をただの一度もひかなかったという事実は、
    後の、Pharmanexとの出会いにおいては、
    サプリメントは、ひょっとしたら
    必要栄養素を補助摂取することにより、
    確実に効果があるのかも知れないという判断の、
    原体験ともなってくれたのではないかと思います。

    さて、豊かな社会でありながらも、
    食生活が栄養学的に偏って貧困な米国において、
    妊娠がわかると、出産後のある一定時期まで、必ず飲まされたのです。

    そして、サプリメントなのに、この時ばかりは、
    医療保険でカバーされるのです!

    それで、保険が無ければ、
    多分毎月$80.00ぐらいはするであろうと推定されるサプリが、
    毎月個人負担分の$7.00さえ払えば、
    約1年以上にわたって購入できました。

    果たして。。。日本ではどうなのでしょうか?

    何も、妊娠時だけではなく、
    また、そのうち、サプリメントで病気が大いに予防されて、
    発病後にかかる莫大な医療費よりもはるかに、
    医療財源を削減できると試算できるようになれば、
    いずれ、確実に、予防の為のサプリメントも、
    医療保険対象となる日も近いのではないか。。。と、
    想像されるのです。

    そういう意味では、臨床データーですらも持たない、
    他の、それこそ効くのか効かないのかわからない他社製品に比べて、
    Pharmanex社は、何万ページにも渡る臨床データーが構築されている、
    時代の最先端を進んでいる世界ナンバー1の会社なのです。

    なぜ、そんなことを突然思い始めたかと言いますと、
    実は、検証40で御紹介した、
    私には第一子を失うという経験がありますが、
    彼は。。。29週目を持って、たった一度の息すらもせずに、
    この世に現れざるを得ませんでした。

    そして、29週目のその彼は、確かに。。。
    いわゆる「赤ちゃん」と呼ぶに相応しいほどに、
    まだ赤かったのです。

    日本では、こうした一連の出来事は、
    なにやら、秘め事の如く、陰鬱な忌むべき事柄として扱われますが、
    当地、アメリカでは、むしろ、命自体が崇高なものと扱われ、
    けれど、1ポンド(2.2kg)にも満たなかった生きることの出来なかった彼には、
    可愛いお帽子が着せられ、
    可愛い薄水色のベビー服、
    そして、バラの花の中に埋もれて。。。の、
    実物大の手形、足型入りの記念写真が撮影され、
    この世に生きられない子を産んだとはいえ、
    むしろ、命を授けられたこと自体を称える
    一種のあくまで明るい儀式でした。

    そう。。。
    ただでさえ傷ついているであろう当事者である母親を、
    それ以上に傷つかないようにと、
    精神的サポートが行われているのです。

    母親は、例え、それが自分のせいでなかったとしても、
    ただでさえ、自分を責めたりするものです。

    米国における洗練されたその事後の精神的サポート体制は、
    多分。。。まだ日本では未発達の分野でしょう。きっと。

    流産をした。。。というだけでも、
    まるで自分が欠陥人間であるかの如く、
    医者や看護婦や、親や周りの人々の、
    心無い言葉で傷ついている数多くの若い母親達!
    そういう日本の過酷な精神的土壌を、
    インターネットを通じてよくみかけます。

    流産をしたという当事者である母親は、
    最も悲しい思いをしている本人であり、
    最も誰よりも癒されるべき存在であるべきですのに、
    日本では、さらに追い討ちをかけるかのような、
    心無い言葉の暴力、それは、医療従事者をも含めて、
    第二次被害の模様をよく見かけますね。

    さて、その生きることのなかった彼の写真を。。。
    別に意識もせずに、バインダーに保存していたのですが、
    先日、8歳になったばかりの娘が、本棚からたまたま見つけたのですね。

    「ママ、これ誰?」

    って、可愛い帽子とベビー服姿の彼の写真を差し出すので、

    「あなたのBig Brotherだよ。
     でも、生まれた時には死んじゃったの。」

    って、正直に答えたの。

    「えぇっ?」ってビックリしながら、
    でも、ちゃんと理解して、
    「へぇぇ。。。お兄ちゃんがいたんだ、私には。」
    って言いながら。。。
    もう瞳がうるうるとなって、メランコリーになっている。

    その日は、本当だったらこの世に存在していたはずの、
    たった一枚の兄の写真を、後生大事に持ち歩いていた娘。

    「天国から、ちゃんと○○ちゃんのことを見守ってくれているからね!」

    これで、シベリアンハスキー犬のJJに引き続き、
    4年前に亡くなったお婆ちゃん、
    つい数ヶ月前に、突然亡くなったハム太郎という名のハムスターに加え、
    また一人、彼女を天国から見守ってくれるという存在が
    もう一人、増えたのです。

    決して若くはない両親に生まれた一人娘は、
    いずれ。。。天涯孤独の身となる可能性だって無いではありません。

    彼女が美しく育って、どんなに恵まれた結婚をしても、
    親亡き後に、いったい何が起こるかわかりません。
    この世は。。。常に不透明です。
    いや、むしろ、不透明だからこそ、
    夢と希望を抱いて生き続けなければならないとも言えます。

    でも、そんな時に、彼女は
    常に天国にいる沢山の人から見守られていること、
    これは、もう物心つく前から、
    彼女に口をすっぱくするほど言い聞かせている事柄なんです。


    例え。。。物理的に目の前に誰かがいなくとも、
    彼女は精神的に常に見守られているということを。

    その娘が生まれた時、
    日本から駆けつけたお婆ちゃんが、
    生命の誕生を記念として、庭に「いちじくの木」を植えたのですね。

    娘の成長とともに、
    そのいちじくの木は、順調に成長し、
    8年を経て。。。
    今では、たわわないちじくの実が、
    毎年100個以上は実るようになりました。

    何らかの事情で、根こそぎダメージを受けない限りは、
    娘の成長とともに、いちじくの木もこれからも生き続けていくことでしょう。

    それは、娘の誕生の記念でもあり、
    祖母から孫への愛情のシンボルでもあるわけです。

    そんなことをしげしげと思い始めたのは、
    広島に住む私の叔父の一通のメールからでした。

    叔父は、広島市内で、「小出翠紅園」という園芸店を営んでいますが、
    植物に愛情を込め、顧客には誠意を込め。。。
    本当に魂を入れて丹精込めて育てたものや、
    セリでも最高のものを時間をかけて厳選し、
    リーゾナブルな値段で全国発送して
    全国の根強いファンから重宝されています。

    その叔父が、「ポポー」という、耳慣れない木の存在を教えてくれました。

    果実「ポポー」の原産は、北アメリカ東部の中?北部地帯で、
    バンレイシ科の中で、唯一の温帯果実だそうです。

    耐寒性が強く、日本ではほとんどの地方の栽培が可能な果樹だそうです。

    かつて、明治27年から28年頃、
    小石川植物園に植えられたのが最初で、
    続いて明治38年頃、京都農事試験場に入ったと言われています。

    その後、少しづつ各地に広まり、特に戦後、
    大手種苗会社の通信販売などで扱われ、
    急速に各地に普及することとなりました。

    病害虫に強く、無農薬で楽に栽培でき、果実が楽しめ、
    秋の紅葉が美しく、庭木向きだそうです。

    落葉性の高木で、3m?10m位となり、
    実生1?2年のうちは、成長が緩慢であるものの、
    その後よく伸び成長が旺盛となり、
    5?6年目で結果し始め、12?13年目で盛果果樹となるそうです。

    実は、約30年前に、必要だった手術時の輸血が原因で、
    彼女の人生には、必要ではなかったはずの肝炎を発症した京子(仮名)さんは、
    少し前に、肝炎から進むとされる肝臓癌がいくつか見つかり、
    手術をしたばかりです。

    長い長い間。。。病気と共存し、
    起こり得る「癌」の可能性に怯え、苦しみ、煩悶し、
    幾度眠れぬ夜を過ごされたことでしょうか。。。?

    未確定の死と隣り合わせとも言える重苦しい薄氷を踏むが如しの人生を、
    それでも。。。前向きに、決して諦めず、
    命をつむいでいらした、凛とした御婦人です。

    彼女の瞳には、その今までの生涯において、
    いったい、何度、
    あの青空が抜けるようにまぶしく感じられた日々があったのであろうか。。。と、
    言葉も無く。。。胸がふさがれるのです。

    その京子さんは、まだ食べたことがないポポーの実を、
    ぜひ、食べてみたいと。。。
    ポポーの苗を購入したばかりなのです。

    そのポポーの実が、結実するであろう5年?6年後まで、
    京子さんは、何があっても。。。生き抜く覚悟を決めているのです。

    その京子さんは、今、
    「ライフパック」と共に、体質改善を始めています。
    日本製のライフパックに含有されている、
    緑茶から抽出された、この世で最も抗酸化力が強いと言われる
    カテキン(EgCg)が、分子レベルで、特に癌細胞と闘ってくれるでしょう!

    絶対に。。。
    まだ知らぬ幻の味と言われるポポーの実を、
    どうしても、味わってみたいから。。。

    Cindy Komuro
    美容と健康を科学する。。GC America LLC
    Cellular: (310) 634-7070
    e-mail: gcamerica@verizon.net


    aab12.jpg


    http://naturalbreeze.cside.com/





    スポンサーサイト

    【2005/05/19 13:32】 健康-癌 | TRACKBACK(0) | COMMENT(4) |

    この記事に対するコメント
    2時間で作成!数週間で検索サイト一挙に「TOP」にランキング!こんなお話しも初めてなら、この≪お話し≫ー「ポポー」という名の命をつむぐ木ーは以前からシンディ・ファンの私にとって、多くの心打つお話しの中でも「お気に入り」の一つです!確かパート2もあったのでは、是非是非公開を乞う?今後もブログをお使いになって、多くのシンディ・ファンの為にもシンディ語録の世界配信を期待します

    札幌真駒内ー桜満開の今日ー情報や本舗
    【2005/05/20 01:30】 URL | 情報や本舗 #-[ 編集]

    こんにちは!
    そもそも、ブログに目が向いたのは、森さんのおかげ!今日の私はなかったのであります。google検索でも、yahoo検索でも個人名でトップ掲載。。。と、ブログの威力は、ものすごーい!と、一番驚いているのは、当の本人なのです。そして、具体的に作成できるようになったのは、エミさんと、榎本先生のおかげなのです。皆さんも、どしどしブログ活用して、世界にたった一人しかいない「あなた」らしさを発信しましょう!人生は、たった一度きり。。。。
    【2005/05/21 22:52】 URL | Cindy #-[ 編集]

    医療保険・がん保険の詳しい資料のご請求は「ほけんの窓口」で。
    FPによる無料電話相談を実施しています!ぜひご利用ください。
    ご来訪お待ちしております。
    【2007/10/29 12:10】 URL | 医療保険・がん保険 #LQaH1lOM[ 編集]

    このコメントは管理者の承認待ちです
    【2011/07/16 15:29】 | #[ 編集]


    この記事に対するコメントの投稿











    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。