夢は必ず実現する。。by Cindy
最初は誰もが馬鹿にしました。それでもひたむきに努力したら。。世の中が変わりました。平凡だった私のリアルタイムのミリオネアーへの道奮戦記


現在の閲覧者数:
PROFILE
Cindy
  • Author:Cindy
  • ロサンゼルス在住のCindyです。

      でっかい夢と希望を抱いて25年前にアメリカに渡ったはずなのに、大企業での恵まれたポジション、仕事も家庭も、いつし
  • RSS


  • CALENDER
    05 | 2017/06 | 07
    S M T W T F S
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -


    RECENT ENTRIES
  • AKB48 選抜総選挙  チーム8 濵松里緒菜 頑張れ~!(05/13)
  • 希望的リフレイン AKB48 チーム8(11/24)
  • Everyday カチューシャ 茨城ひたち海浜公園(11/19)
  • (11/11)
  • AKB48 Team8 新曲「制服の羽根」 MV (11/05)
  • 新曲「制服の羽根」MV Short Ver.(11/05)
  • (10/23)
  • AKB劇場デビュー AKBDMM.comで公開 (08/12)
  • AKB劇場デビュー 「あなたとクリスマスイブ」デュエットしました。by AKB48 Team8(08/12)
  • AKB48 Team8 で大活躍! 芸人さんとのかけあいが面白い!笑ってしまう!(08/04)


  • RECENT COMMENTS
  • Matthew O(05/15)
  • なかなかね(11/03)
  • Cindy(11/15)
  • 日本の現実(04/26)
  • 情報や本舗(02/14)
  • 230まいっち(12/15)
  • John(12/12)


  • RECENT TRACKBACKS
  • 『よーし!柏木』のもっと幸せ!充実成功!!:<% rtrackback_title>(08/13)
  • 月に50万円欲しいなあ~2:<% rtrackback_title>(06/12)


  • ARCHIVES
  • 2015年05月 (1)
  • 2014年11月 (5)
  • 2014年10月 (1)
  • 2014年08月 (3)
  • 2010年11月 (1)
  • 2009年04月 (1)
  • 2009年03月 (1)
  • 2008年11月 (1)
  • 2008年09月 (3)
  • 2008年01月 (7)
  • 2007年12月 (1)
  • 2007年11月 (2)
  • 2007年03月 (1)
  • 2007年02月 (13)
  • 2007年01月 (7)
  • 2006年07月 (6)
  • 2006年04月 (1)
  • 2006年02月 (20)
  • 2006年01月 (6)
  • 2005年12月 (11)
  • 2005年11月 (6)
  • 2005年10月 (7)
  • 2005年09月 (6)
  • 2005年08月 (18)
  • 2005年07月 (23)
  • 2005年06月 (19)
  • 2005年05月 (25)
  • 2005年04月 (23)


  • CATEGORY
  • 未分類 (2)
  • 美容-一般 (1)
  • 健康-内臓一般 (4)
  • 自己啓発 (17)
  • ビジネス トレーニング (5)
  • ひとりごと (68)
  • 面白話題 (3)
  • 健康-目 (1)
  • 健康-コレステロール (1)
  • 健康-ダイエット (3)
  • 美容-自然化粧品 (0)
  • 美容-シャンプ-&石鹸 (1)
  • 美容-パック (0)
  • 美容-基礎化粧品 (0)
  • 健康-糖尿病 (0)
  • 健康-正しいサプリの飲み方 (4)
  • 健康-高血圧 (0)
  • 心を高める稲盛哲学 (8)
  • 健康-免疫 (5)
  • 健康-抗酸化 (3)
  • 成功者からのメッセージ (11)
  • 健康-癌 (4)
  • 逃せない耳よりニュース (9)
  • お得なキャンペーン! (0)
  • あるひとつの成功奮戦記 (69)


  • LINKS
  • Nu Skin 自然化粧品 Homepage
  • Pharmanex サプリメント Homepage
  • 盛和塾ロサンゼルス
  • jEWL(Japanese Executive Women's League)
  • 0から始めた管理人の自作PC


  • スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |

    検証73:この世の果て。。日はまた昇る。 パート2
    作り物の自分と、本当の自分の、
    とてつもない心の葛藤が始まったとき、
    ぎしぎしと音をたてて、きっと人格が壊れていったのだと思う。

    何も知らない、幸せそうな友人の家庭に呼ばれて、
    親子でほほえましい家族関係を繰り広げていたなら、
    それは、ひょっとしたら、
    私が手に入れていた幸せの形だったかも。。。
    けれど、ひょっとしたら、
    私にはもう手に入れることが出来ない形かも。。。
    そうやって、相反する気持ちが錯綜する。

    けれど、ポーカーフェイスは、完璧だったと思う。
    誰も、この世の果てにも似た私の心の荒廃に
    気付く人はいなかっただろう。。。

    今までそこそこうまくやりこなしてきたというプライドがあって、
    弱みを曝け出す。。。ことなど絶対に出来なかった。
    自分自身に、挫折などあってはならないことだった。

    その目の前の幸せの形が、例えささやかなものであっても、
    明日を見つめて生きていける原動力のかけらだったりするのだから。

    明日、途方もない悲劇が待ち構えているとしても、
    今日の日に、幸福感を感じて心から笑えるということ、
    泣いたり、笑ったり、喜んだり、悲しんだり、
    それでも生きていくのが、人生ではないのか。。。

    苛立ちや、嫉妬の気持ちが起きていたなら、
    まだ救われたかも知れない。
    なのに。。。その感情すら湧かないという悲壮。

    「感情」の全てを失うということは、
    何も感じないということ。


    それは、どこまで行っても、永遠に続くモノクロ世界の単調な道を、
    ただ、ひたすら、何の意味もなく、目的も無くどこまでも歩いていくということ。。。

    けれど、普通の自分を演出する為に、
    いつも完璧なまでに巧妙に作られた笑いをしている。。。
    その作り物の笑いに、人々は、気付きもしない。

    掻き毟るぐらい苦しい心を抱えていても、
    それでも一生懸命作り笑いをしているしかない自分。
    それは、自分のためではなく、
    人からどう思われるかを。。。それでも気にしている悲しいまでの性。

    テレビでお笑い芸人が、どたばた爆笑劇を演じている、
    いつもなら、げはげは、笑っていた自分がいたのに、
    今は、もう笑えない。

    誰もが泣いてしまう、映画を見にいっても、
    何故、観客が泣くのか、まったく心に入ってこない。

    忘れもしない。。。
    当時リバイバルで上映された、
    「時計仕掛けのオレンジ」とかいう訳のわからないアブストラクトな映画を見て、
    反吐を吐いた。。。無性に苦しかった。
    もう、どう生きていけばよいのか、わからなかった。
    世界がぐるぐると回って、もう全てが終わりだと思った。


    「。。。。。」

    きっかけは。。。「さだまさし」だった。
    恒例の夏の長崎ライブのカセットテープ。

    コンサートツアーで訪れたホテルで、
    エレベーターを待っていたら、
    妙齢の素敵な女性がエレベーターから降りてきたんだって。

    それでその女性の後姿に見とれながら、
    ひとりきり、エレベーターに乗ってドアが閉まったら。。。
    「うっ!ほのかな。。。お○らちゃんの香りが漂う。。。」

    あの妙齢の女性は、エレベーターを出る間際に、
    お○らちゃんの残り香を残して降りていった。

    それだけならまだしも、次の階でばーんとドアが開いて、
    新しく人がエレベーターに乗ってきた。
    やはり、異様な残り香に気付いて、自分のせいだと思われた。。。云々。

    なぜか笑った、笑った。。。6ヶ月ぶりに笑った。。。
    涙を出すほど笑った。。。
    ちょっぴり、無理矢理の笑いも含まれていたかも知れないけれど。

    「さだまさし」は、いつも悲しいほどに人に優しい。

    それから始まった、自己流リハビリ。

    毎朝、毎晩、鏡に向かって、にんまり笑う。
    おかしくなくても、にんまり笑う。げはげは笑う。
    「自分は絶対大丈夫だ!」って、
    ちっとも大丈夫じゃなくっても、繰り返し繰り返し、声に出して言う。

    「いいじゃない、その笑顔」って、
    自分で自分を誉めてあげる。毎朝、毎晩、毎日、毎週、毎年、
    それはきっと。。。死ぬまで。

    だから、「素敵な笑顔だね」って誰かからいわれると、
    今でも、訳もなく嬉しくなる。

    「その笑顔が忘れられない」などと言われると、
    それはもう、極めつけの殺し文句に等しい。

    お笑い番組を見て、実はまったく面白くも感じないけれど、
    多分、他の人が笑うだろうという部分で、敢えてげはげは笑う。。。
    これが、おかしくって笑うってことなんだって、自分に言い聞かせながら。

    悲しい映画を見て、人々がしくしく泣く部分で、
    自分は悲しく無くても、とにかく泣きまねをする。
    これが、悲しいということなんだって、自分に言い聞かせながら。

    普段は見過ごしてしまう、野に咲くたんぽぽ。
    それを見て、敢えて言う、
    「君も、頑張って生きているんだなぁ?!」って。

    吉野川の川面に映るまぶしい夕日を見つめながら、
    「わぁぁ、綺麗だナァ?!」って。
    これが、綺麗なものに感動するということなんだって、自分に言い聞かせながら。

    怒ることだって例外ではなかった。
    喜劇俳優のスティーブ・マーティンの「ロンリー・ガイ」には、
    妻に浮気をされて、それでも怒ることが出来ない悲しい男が描かれていたけれど、
    一生懸命怒る練習をするシーンには、
    笑うどころか、あまりにも愛おしい。

    強烈なストレス状態にいると、
    継続的な緊張状態で、神経がよけいにはりつめて、
    言葉が繰り出せない。。。ドモリが始まる。
    集中力がなくなり、5分前のことも忘れる瞬間健忘症。

    絶対にそんなことは起きるはずがないのに、
    貧困妄想に陥る。

    当時の写真を見ると、別人に見える。
    そのぐらい、人相は、人生に影響されるものらしい。

    それでも無理矢理カメラの前で笑っている自分は、
    今では、とても愛おしい。
    あの日があるから、今の自分がいる。
    あの日があるから、人の痛みに泣ける今の自分がいる。

    あらゆるプライドを捨てて、自分が自分として、
    等身大の自分として生きてゆくことが出来るようになった。
    だから、もう、怖いものは無い。
    自分自身を信じている限り、
    自分は、自分を、絶対に裏切らないから。

    ゼロからの出発。
    自己再生。。。それが私の27歳からの本当の人生の門出。
    自分自身で作った人生。
    自分自身で決めた人生。


    誰からも、よい人と思われたいあなたがいる。
    自分には、良識があるから、ネットワークビジネスなどうまく出来ないと、
    そう思い込んでいる人がいる。

    その一方で、夢を描いて、自分も目の前の成功者のごとく、
    絶対に成功したい。。。そう思う瞬間もあるけれど、
    プライドが邪魔をして、なかなか人にうまく語れない。
    一度断られたら、二度と話が出来なくなる自分がいる。

    情けなくって、でも出来なくて、
    やりたいけれども、羽ばたけなくて。

    セミナ-に出たら、元気が出るけれど、
    でも、すぐ。。。その意気もしぼんでしまう。
    なぜなら、それは、他力本願だから。

    ジャンプしてみようよ、勇気を出して。
    決めたことは、最後までやりとおしてみようよ、
    誰かからもらう元気じゃなくって、
    内なる自分の自己発電で。


    それでも、どうしてもやりきれなくなったら、
    どうしても、苦しくって泣きたくなったら、
    思い出せばいい。。。
    太平洋のその向こうに、
    世界の誰もがあなたにそっぽ向いても、
    最後まで、あなたを見つめている私がいることを。


    そして、どこにも持っていきようのないあなたの心に思いを寄せて。。。

    一緒に。。。泣いてあげるから。。。

    必ず一緒に。。。泣いてあげるから。。。


    Cindy Komuro
    美容・健康と心を科学する。。GC America LLC
    Cellular: (310) 634-7070
    e-mail: gcamerica@verizon.net

    p01-1.png

    http://www13.ocn.ne.jp/~haiku/index.htm
    スポンサーサイト

    【2005/07/15 10:00】 自己啓発 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

    この記事に対するコメント

    この記事に対するコメントの投稿











    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。