夢は必ず実現する。。by Cindy
最初は誰もが馬鹿にしました。それでもひたむきに努力したら。。世の中が変わりました。平凡だった私のリアルタイムのミリオネアーへの道奮戦記


現在の閲覧者数:
PROFILE
Cindy
  • Author:Cindy
  • ロサンゼルス在住のCindyです。

      でっかい夢と希望を抱いて25年前にアメリカに渡ったはずなのに、大企業での恵まれたポジション、仕事も家庭も、いつし
  • RSS


  • CALENDER
    07 | 2017/08 | 09
    S M T W T F S
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -


    RECENT ENTRIES
  • AKB48 選抜総選挙  チーム8 濵松里緒菜 頑張れ~!(05/13)
  • 希望的リフレイン AKB48 チーム8(11/24)
  • Everyday カチューシャ 茨城ひたち海浜公園(11/19)
  • (11/11)
  • AKB48 Team8 新曲「制服の羽根」 MV (11/05)
  • 新曲「制服の羽根」MV Short Ver.(11/05)
  • (10/23)
  • AKB劇場デビュー AKBDMM.comで公開 (08/12)
  • AKB劇場デビュー 「あなたとクリスマスイブ」デュエットしました。by AKB48 Team8(08/12)
  • AKB48 Team8 で大活躍! 芸人さんとのかけあいが面白い!笑ってしまう!(08/04)


  • RECENT COMMENTS
  • Matthew O(05/15)
  • なかなかね(11/03)
  • Cindy(11/15)
  • 日本の現実(04/26)
  • 情報や本舗(02/14)
  • 230まいっち(12/15)
  • John(12/12)


  • RECENT TRACKBACKS
  • 『よーし!柏木』のもっと幸せ!充実成功!!:<% rtrackback_title>(08/13)
  • 月に50万円欲しいなあ~2:<% rtrackback_title>(06/12)


  • ARCHIVES
  • 2015年05月 (1)
  • 2014年11月 (5)
  • 2014年10月 (1)
  • 2014年08月 (3)
  • 2010年11月 (1)
  • 2009年04月 (1)
  • 2009年03月 (1)
  • 2008年11月 (1)
  • 2008年09月 (3)
  • 2008年01月 (7)
  • 2007年12月 (1)
  • 2007年11月 (2)
  • 2007年03月 (1)
  • 2007年02月 (13)
  • 2007年01月 (7)
  • 2006年07月 (6)
  • 2006年04月 (1)
  • 2006年02月 (20)
  • 2006年01月 (6)
  • 2005年12月 (11)
  • 2005年11月 (6)
  • 2005年10月 (7)
  • 2005年09月 (6)
  • 2005年08月 (18)
  • 2005年07月 (23)
  • 2005年06月 (19)
  • 2005年05月 (25)
  • 2005年04月 (23)


  • CATEGORY
  • 未分類 (2)
  • 美容-一般 (1)
  • 健康-内臓一般 (4)
  • 自己啓発 (17)
  • ビジネス トレーニング (5)
  • ひとりごと (68)
  • 面白話題 (3)
  • 健康-目 (1)
  • 健康-コレステロール (1)
  • 健康-ダイエット (3)
  • 美容-自然化粧品 (0)
  • 美容-シャンプ-&石鹸 (1)
  • 美容-パック (0)
  • 美容-基礎化粧品 (0)
  • 健康-糖尿病 (0)
  • 健康-正しいサプリの飲み方 (4)
  • 健康-高血圧 (0)
  • 心を高める稲盛哲学 (8)
  • 健康-免疫 (5)
  • 健康-抗酸化 (3)
  • 成功者からのメッセージ (11)
  • 健康-癌 (4)
  • 逃せない耳よりニュース (9)
  • お得なキャンペーン! (0)
  • あるひとつの成功奮戦記 (69)


  • LINKS
  • Nu Skin 自然化粧品 Homepage
  • Pharmanex サプリメント Homepage
  • 盛和塾ロサンゼルス
  • jEWL(Japanese Executive Women's League)
  • 0から始めた管理人の自作PC


  • スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |

    検証50: 誰も皆「日本一」の原石を持っている パート3

    時は5月9日にまで遡り、
    そして、10月17日の五十嵐健さんのトークに加え、
    実は、本日19日も、再度登場された五十嵐健さん!
    もう、その泣いたり、笑ったり、けれど時に真面目に真剣に。。。
    のトークは、留まる所を知りません!

    「甘える人がいるということは、
     幸せなことでもあり、
     最も不幸なことでもある。」


    彼は。。。
    今でこそ、あくまで謙虚に、
    その人懐っこい愛くるしい微笑みを世に振りまきながら、
    自らは、あらゆる知恵と工夫を尽くして、
    最先端リーダーとして昨年10ミリオネアを達成し、
    人々に夢と希望を与えながら。。。

    いつも、黒を基調に、そのスレンダーな肢体をスタイリッシュに決めて、
    もう。。。これ以上に何が足りないものがあるか?と思えるほどに、
    誰の目にも、順風満帆の人生であるとしか見えないのですが。。。

    言葉少なでしたので、詳しい事情はわかりませんが、
    少なくとも、中学時代には。。。
    御家庭の事情から、父子家庭で育ち、そして自らワルガキだったと言うだけあって、
    かつては「教護院」と呼ばれ、その後児童福祉法の改正に伴い、
    「児童自立支援施設」と呼ばれることになった施設に、
    子供時代を過ごしたそうです。

    かの、世を震撼させた神戸の「酒鬼薔薇聖斗」(14歳)事件の彼や、
    最近では、九州の幼児をビルから投げ殺した12歳の事件の彼や。。。
    そうした刑法では問えない14歳以下の問題行動のある少年達も
    一緒に集っているそうで、
    ごく普通に両親がいて、
    ごくあたりまえに恵まれた生活をして
    すくすく育つことの出来た人には、
    また、想像も出来ないほどに違った世界であったに違いありません。

    そして、五十嵐健さんのいらした施設にも、
    かなり札付きの悪い少年達もいたりして。。。

    ある時など、あまりに目にあまる行為をする少年に注意をしたら、
    逆恨みされたのか、校庭を歩いていたら、
    屋根の上から、両手に持ちかねるブロック石が、
    上から投げられて、瞬時の差で、目の前に落ちてきたり。。。
    もし頭に当たっていたら、もう確実に即死!

    寝静まった布団の中で、きっと幾夜眠れぬ夜を過ごし、
    人知れぬ悔し涙を流してきたことでしょうか。。。(;_;)

    そんな環境の中から、
    彼は、このままじゃいけない、
    なんとかして這い上がりたい、
    たった一度しかない人生を、
    生まれも貧乏、育ちも貧乏、死ぬまで貧乏。。。と、
    そんな環境のままで一生を終わりたくはない!
    ぜったいに、這い上がってやるぞ。。。トップを目指すぞ!

    そう願い続けた彼の思いは、
    その後、約30年を経て、叶うことになります。


    ◆ 児童自立支援施設 ◆
    法務省管轄で矯正教育が目的の少年院とは違い、
    児童福祉法上の支援をするために各都道府県に設置が義務付けられている
    厚生労働省管轄の福祉施設。
    不良行為をしたり、家庭環境などに問題がある少年を入所させる。
    また、少年を保護者のもとから通わせて、職員が生活を共にし、
    生活・学習の指導などを行うケースもある。国立、民間も含め全国に58施設ある。
    審判で送致が決まった場合、原則的にはその県内の施設に収容される。
    通常、中学生が入所する場合、中学卒業までが目安となる。


    例えば、ここに、一人の男が登場します。
    その名を、「原田 隆史」さんと言います。

    昭和35年大阪府生まれ、奈良教育大学卒業後、
    赴任3校目の大阪市立松虫中学校に勤務、
    体育の授業を受け持つ傍ら、陸上部の指導を行い、
    生活指導にも尽力。
    荒れる教育現場を建て直し、
    大阪では「生徒指導の神様」と呼ばれているそうで、
    6年間に12回、陸上日本一を誕生させ、
    全国から注目を浴びているそうです。

    決して、最初から優秀とは言えない選手達を、
    教師と生徒との魂の触れあい、
    気迫のこもった指導、
    生徒への限りない愛が、数々の勝利を生み、
    彼らを日本一の選手に育て上げたそうで、
    その原田式教育法は、
    「生徒の心に耳を澄まし、無限の可能性を花開かせる」と、
    全国各地で、講演活動も行われているそうです。

    その原田式教育法の黄金律は、ユニクロなど、
    大手企業にも、社員教育の一環として採用されているそうで、
    五十嵐健さんからの特にお勧めでした。

    アップラインとダウンラインとの魂の触れあい、
    気迫のこもった指導、
    ダウンラインへの限りない愛

    主語を置き換えれば、もうまさに、NS活動に応用されます。

    この恵まれた時代にあって、
    この恵まれた日本という国にあって、
    五十嵐健さんの子供時代は。。。
    数々の困難と辛苦に満ちていましたが、
    だからと言って、彼は、環境に負けなかったのです。
    だからと言って、彼は、言い訳しなかったのです。

    そして、数々の苦難に心が歪むどころか。。。
    その心はあくまで優しく、純粋で、まっすぐに、
    その後大成功を収めたとはいえ、
    あくまで謙虚で、悲しいほどに人はよく笑う。。。

    そして、その彼の瞳は、
    あくまで夢と希望に燃え続けていたに違いないのです。

    その彼が言います。

    幸せの形って、何だろうな?って。

    例えば、NS活動で成功した人がいるとする。
    幼児のいるその御夫婦は、豪邸を構え、そして玄関口には、
    もう何十万円もするバカラのグラスカビンが鎮座して。。。

    そこに、子供が突進してしまい、
    高価なバカラは、見るも無残にこなごなに砕け散る、
    子供は、わんわん泣いている。。。

    そこで、怒鳴るその子の母親、
    「何てことするの、この子ったら、バカラが壊れてしまったじゃない!」

    母は、真っ先に子供の怪我を心配すらしない。。。

    最も大切な人の命や、自らの子供の生命存在よりも、
    ただ、高価であるとされるバカラ(物品)に重きを置く母のこの思考!
    この母にとっては、自らの子供よりも、物が大切になってしまった瞬間でもあったと。

    かたや。。。
    ちょっぴり普通の学校生活には無理がある身体障害者の息子をもつ母。
    恒例の運動会では、息子は、いつも徒競走でビリ。

    でも、ある時、その息子が、とっても誇らしげに言うのですって。
    「ママ、今度の運動会の徒競走、僕はビリから2番目になると思うよ!」

    どうしてなの?って聞いたら、
    丁度、クラスメートが一人、足を骨折してギブスをはめている。。。
    その状態でも徒競走には出るそうで、
    当然、その息子が、さすがにギブスをはめた子よりは早く走れる。
    で、今年は、ビリには絶対にならない!と。

    運動会の当日に、いよいよ徒競走。
    よーい、ドン!で走り始めて、
    その息子は、一生懸命、今日こそはビリじゃないぞと走る!

    すると、後ろを走っているはずのギブスをはめた子が、
    ばたんと倒れる音が。。。

    その息子は、迷うことなく、とって返し、
    ギブスをはめた子を抱えあげ、
    一緒にゴール目指して歩き始めたんだと。

    そして、いよいよそのゴールに到達し、テープを切る瞬間に、
    今日こそは、ビリじゃない!と、本当に楽しみにしていただろうに、
    息子は、ギブスをはめた子を、先にどうぞと背中を押して、
    自分は、また今回もビリに!

    この息子を育てた母親は、
    きっと、心豊かな人で、
    本当に、人生に成功している人だと言えると。。。

    NS活動で成功!と言えば、
    なにやら、一攫千金、ついお金が基準であるかのように錯覚される人もいるけれど、
    神髄は、人の幸せを祈る気持ちであり、一緒に幸せになっていくことなんだって。

    成功が何なのかはわからないけれど、
    成功の形というものは、そういうことじゃないかな?って、
    伏目がちに語る五十嵐健さんのハートには、
    確かに。。。この世の人々の幸せを心から祈る、
    神聖ですらある純な気持ちが溢れていたのでした。

    そう。。。
    人の心をこんなにも打たずにおられない五十嵐健さんが、
    成功しないはずはなかったのです。


    Cindy Komuro
    美容と健康を科学する。。GC America LLC
    Cellular: (310) 634-7070
    e-mail: gcamerica@verizon.net

    52592_wallpaper110[1].jpg

    スポンサーサイト


    この記事に対するコメント

    この記事に対するコメントの投稿











    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。