夢は必ず実現する。。by Cindy
最初は誰もが馬鹿にしました。それでもひたむきに努力したら。。世の中が変わりました。平凡だった私のリアルタイムのミリオネアーへの道奮戦記


現在の閲覧者数:
PROFILE
Cindy
  • Author:Cindy
  • ロサンゼルス在住のCindyです。

      でっかい夢と希望を抱いて25年前にアメリカに渡ったはずなのに、大企業での恵まれたポジション、仕事も家庭も、いつし
  • RSS


  • CALENDER
    10 | 2017/11 | 12
    S M T W T F S
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -


    RECENT ENTRIES
  • AKB48 選抜総選挙  チーム8 濵松里緒菜 頑張れ~!(05/13)
  • 希望的リフレイン AKB48 チーム8(11/24)
  • Everyday カチューシャ 茨城ひたち海浜公園(11/19)
  • (11/11)
  • AKB48 Team8 新曲「制服の羽根」 MV (11/05)
  • 新曲「制服の羽根」MV Short Ver.(11/05)
  • (10/23)
  • AKB劇場デビュー AKBDMM.comで公開 (08/12)
  • AKB劇場デビュー 「あなたとクリスマスイブ」デュエットしました。by AKB48 Team8(08/12)
  • AKB48 Team8 で大活躍! 芸人さんとのかけあいが面白い!笑ってしまう!(08/04)


  • RECENT COMMENTS
  • Matthew O(05/15)
  • なかなかね(11/03)
  • Cindy(11/15)
  • 日本の現実(04/26)
  • 情報や本舗(02/14)
  • 230まいっち(12/15)
  • John(12/12)


  • RECENT TRACKBACKS
  • 『よーし!柏木』のもっと幸せ!充実成功!!:<% rtrackback_title>(08/13)
  • 月に50万円欲しいなあ~2:<% rtrackback_title>(06/12)


  • ARCHIVES
  • 2015年05月 (1)
  • 2014年11月 (5)
  • 2014年10月 (1)
  • 2014年08月 (3)
  • 2010年11月 (1)
  • 2009年04月 (1)
  • 2009年03月 (1)
  • 2008年11月 (1)
  • 2008年09月 (3)
  • 2008年01月 (7)
  • 2007年12月 (1)
  • 2007年11月 (2)
  • 2007年03月 (1)
  • 2007年02月 (13)
  • 2007年01月 (7)
  • 2006年07月 (6)
  • 2006年04月 (1)
  • 2006年02月 (20)
  • 2006年01月 (6)
  • 2005年12月 (11)
  • 2005年11月 (6)
  • 2005年10月 (7)
  • 2005年09月 (6)
  • 2005年08月 (18)
  • 2005年07月 (23)
  • 2005年06月 (19)
  • 2005年05月 (25)
  • 2005年04月 (23)


  • CATEGORY
  • 未分類 (2)
  • 美容-一般 (1)
  • 健康-内臓一般 (4)
  • 自己啓発 (17)
  • ビジネス トレーニング (5)
  • ひとりごと (68)
  • 面白話題 (3)
  • 健康-目 (1)
  • 健康-コレステロール (1)
  • 健康-ダイエット (3)
  • 美容-自然化粧品 (0)
  • 美容-シャンプ-&石鹸 (1)
  • 美容-パック (0)
  • 美容-基礎化粧品 (0)
  • 健康-糖尿病 (0)
  • 健康-正しいサプリの飲み方 (4)
  • 健康-高血圧 (0)
  • 心を高める稲盛哲学 (8)
  • 健康-免疫 (5)
  • 健康-抗酸化 (3)
  • 成功者からのメッセージ (11)
  • 健康-癌 (4)
  • 逃せない耳よりニュース (9)
  • お得なキャンペーン! (0)
  • あるひとつの成功奮戦記 (69)


  • LINKS
  • Nu Skin 自然化粧品 Homepage
  • Pharmanex サプリメント Homepage
  • 盛和塾ロサンゼルス
  • jEWL(Japanese Executive Women's League)
  • 0から始めた管理人の自作PC


  • スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |

    佐賀のがばいばあちゃん Vol. 1123
    11歳の娘の部屋を見回すと、
    液晶テレビ、DVD&ビデオデッキ、ケーブルテレビ
    プレイステーション、DS、DSライト、たまごっち
    CDプレーヤー、ノートブックPC、i-pod、
    電子辞書、携帯電話。。。
    と、揃っている。

    私の子供時代には、
    せいぜいが。。。
    電気スタンド、電気鉛筆削り、
    ラジオ&カセットデッキがやまやまだった。

    これだけでも確かに、豊かさは雲泥の差だ。

    40年前に、いつかテレビ電話ができると、
    遠い未来の夢のような話として聞いた。

    それが。。。
    今では、携帯テレビ電話として、
    日常で使っている。

    その豊かさの水面下で、
    今確かに「格差社会」が進行している。

    華々しいバブル期を経験している世代は、
    その価値観や人生観において、
    現実に直面した時、人一倍苦労するのではないか。。。

    そういう中、面白いと紹介されて、

    「佐賀のがばいばぁちゃん」島田洋七著
     徳間書店 文庫


    を読んだ。

    島田洋七さんとは、
    お笑いコンビB&Bの、あの彼である。

    久しぶりに、読み応えのある一冊だった。

    広島で被爆した父を失い、
    彼は、最初騙されて佐賀の祖母に預けられる。

    その祖母は、40代半ばで未亡人となり、
    掃除婦をして7人の子供を育てあげたという、
    すっごい祖母である。

    涙あり、笑いあり、感動ありで、
    特に、貧乏にも運命にも負けず、
    底抜けに明るく、
    常に前向きな姿勢が底辺に流れていて、
    皆さんにもぜひご紹介したくなった。

    既に、本で読んだり、
    テレビドラマ化されているので、
    ドラマを見た人もいらっしゃることでしょう。

    以下プロローグからの引用

    **********

    ある夕ご飯の席のことだった。

    「ばぁちゃん、この2?3日ご飯ばっかりでおかずがないね」

    俺がそう言うと、ばぁちゃんはアハハハハハハ。。と笑いながら、

    「明日はご飯もないよ」

    と答えた。

    俺とばぁちゃんは、顔を見合わせると、
    また大笑いした。

    今から40年ほど前の話である。

    思えば、あれから世の中は急変した。

    所得倍増計画、高度経済成長、大学紛争、
    オイルショック、地価上昇、校内暴力、
    円高・ドル安、バブル、そしてバブルの崩壊、
    価格破壊、就職氷河期。。。。

    「今、世の中はひどい不景気だ」とみんなは言うけれど、
    何のことはない。
    昔に戻っただけだと、俺は思う。

    変わってしまったのは、人間の方だ。

    お金がないから。
    ホテルで食事ができないから。
    海外旅行に行けないから。
    ブランド物が買えないから。

    ・・・そんなことで不幸だと思ってしまうなんて、
    どうかしている。

    リストラされた人は気の毒だと思うけれど、
    それだってものは考えようだ。

    朝8時に起きて満員電車に揺られて会社に行って、
    働いて、残業して、飲みたくもない酒の席につきあって、
    終電車に乗って帰ってくる。。。
    そんな人生から解放される新たなチャンスだと
    思うことだって、できるはずだ。

    それに、今後どう頑張っていこうかと夫婦や家族で
    話し合うことになるから、
    コミュニケーション不足なんてことも
    なくなるんじゃないだろうか。

    お金がないから、不幸。

    今は、みんなが、そんな気持ちに縛られ過ぎていると思う。

    おとながそんな考えだから、
    子供も健やかに過ごせるはずはない。

    ディズニーランドに連れて行ってもらえないから、
    流行の服が買ってもらえないから、
    親を尊敬しようとしない。

    成績が悪いから、いい学校に入れないから、
    自分の未来は真っ暗だと思う。

    そんな子供ばかりが育ってしまい、
    毎日がおもしろくなくて、
    将来に希望を持てなくて、
    少年犯罪が増えてゆくのだ。

    本当はお金なんかなくても、
    気持ち次第で明るく生きられる。


    **********

    明るい貧乏を自称する、
    底抜けに明るいばぁちゃんの名言の数々も、
    下記、一部抜粋させていただく。

    **********

    ? 通知表は、0じゃなければええ。
      1とか2を足していけば5になる。

    ? 人に気付かれないのが本当の優しさ、
      本当の親切

    ? 「ばぁちゃん、英語なんかさっぱり分からん」
      「じゃぁ、答案用紙に「私は日本人です」って書いとけ」
      「漢字も苦手で。。。」
      「僕はひらがなとカタカナで生きていきます」って書いとけ」
      「歴史も嫌いでなぁ」
      「歴史もできんと?
       【過去にはこだわりません】って書いとけ」

    ? 人間は死ぬまで夢をもて!
      その夢が叶わなくても、しょせん夢だから。


    **********


    と、こうした名言が続くのですが、
    ま、夢に関しては、
    思いを強くして、努力を続ければ、
    必ず実現する!と、私は信じています。

    話は変わりますが、
    昨夜、団塊の世代から生まれた伝説のグループ、
    「チューリップ」

    「サボテンの花」とか、「心の旅」とか、
    わかる人にはわかる、名曲ですよね!

    そのチューリップが、
    35年間の長い活動を今年で閉じるそうです。

    その髪に白いものが混じった財津和夫さんも、
    当年とって59歳。

    若い頃に作った歌を、
    昔のエネルギーレベルではいつまでも歌えないから。。。と、
    それが今になってなぜ解散?
    の一つの理由としてあげていた。

    一方で、それを見ていたパネラーの三輪明弘さん。。。
    もう、70歳をとっくに過ぎていらっしゃるらしいが、
    59歳の財津和夫さんが年なら、
    私は化石なのか!と憤慨していた。

    三輪さんは、強烈にポジティブ思考の方なのだろう。
    年齢などに負けちゃいけない、
    生きることに年齢は無いものだ。。。と!

    日本とアメリカの文化の差もさることながら、
    25年の滞米生活後に眺める日本は、
    やっぱり、あまりにも年齢を意識させられるというか、
    どこか若くいられない国なんですね。

    でもまぁ、私は、一人向かい風に抵抗して、
    一回り以上は若く見られますけれど。。。(笑)

    とにかく、泣けます、この本。

    「佐賀のがばいばぁちゃん」

    お勧めの一冊!

    Cindy

    suzuran4.jpg

    スポンサーサイト

    【2007/02/12 01:05】 ひとりごと | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

    この記事に対するコメント

    この記事に対するコメントの投稿











    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。