夢は必ず実現する。。by Cindy
最初は誰もが馬鹿にしました。それでもひたむきに努力したら。。世の中が変わりました。平凡だった私のリアルタイムのミリオネアーへの道奮戦記


現在の閲覧者数:
PROFILE
Cindy
  • Author:Cindy
  • ロサンゼルス在住のCindyです。

      でっかい夢と希望を抱いて25年前にアメリカに渡ったはずなのに、大企業での恵まれたポジション、仕事も家庭も、いつし
  • RSS


  • CALENDER
    10 | 2017/11 | 12
    S M T W T F S
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -


    RECENT ENTRIES
  • AKB48 選抜総選挙  チーム8 濵松里緒菜 頑張れ~!(05/13)
  • 希望的リフレイン AKB48 チーム8(11/24)
  • Everyday カチューシャ 茨城ひたち海浜公園(11/19)
  • (11/11)
  • AKB48 Team8 新曲「制服の羽根」 MV (11/05)
  • 新曲「制服の羽根」MV Short Ver.(11/05)
  • (10/23)
  • AKB劇場デビュー AKBDMM.comで公開 (08/12)
  • AKB劇場デビュー 「あなたとクリスマスイブ」デュエットしました。by AKB48 Team8(08/12)
  • AKB48 Team8 で大活躍! 芸人さんとのかけあいが面白い!笑ってしまう!(08/04)


  • RECENT COMMENTS
  • Matthew O(05/15)
  • なかなかね(11/03)
  • Cindy(11/15)
  • 日本の現実(04/26)
  • 情報や本舗(02/14)
  • 230まいっち(12/15)
  • John(12/12)


  • RECENT TRACKBACKS
  • 『よーし!柏木』のもっと幸せ!充実成功!!:<% rtrackback_title>(08/13)
  • 月に50万円欲しいなあ~2:<% rtrackback_title>(06/12)


  • ARCHIVES
  • 2015年05月 (1)
  • 2014年11月 (5)
  • 2014年10月 (1)
  • 2014年08月 (3)
  • 2010年11月 (1)
  • 2009年04月 (1)
  • 2009年03月 (1)
  • 2008年11月 (1)
  • 2008年09月 (3)
  • 2008年01月 (7)
  • 2007年12月 (1)
  • 2007年11月 (2)
  • 2007年03月 (1)
  • 2007年02月 (13)
  • 2007年01月 (7)
  • 2006年07月 (6)
  • 2006年04月 (1)
  • 2006年02月 (20)
  • 2006年01月 (6)
  • 2005年12月 (11)
  • 2005年11月 (6)
  • 2005年10月 (7)
  • 2005年09月 (6)
  • 2005年08月 (18)
  • 2005年07月 (23)
  • 2005年06月 (19)
  • 2005年05月 (25)
  • 2005年04月 (23)


  • CATEGORY
  • 未分類 (2)
  • 美容-一般 (1)
  • 健康-内臓一般 (4)
  • 自己啓発 (17)
  • ビジネス トレーニング (5)
  • ひとりごと (68)
  • 面白話題 (3)
  • 健康-目 (1)
  • 健康-コレステロール (1)
  • 健康-ダイエット (3)
  • 美容-自然化粧品 (0)
  • 美容-シャンプ-&石鹸 (1)
  • 美容-パック (0)
  • 美容-基礎化粧品 (0)
  • 健康-糖尿病 (0)
  • 健康-正しいサプリの飲み方 (4)
  • 健康-高血圧 (0)
  • 心を高める稲盛哲学 (8)
  • 健康-免疫 (5)
  • 健康-抗酸化 (3)
  • 成功者からのメッセージ (11)
  • 健康-癌 (4)
  • 逃せない耳よりニュース (9)
  • お得なキャンペーン! (0)
  • あるひとつの成功奮戦記 (69)


  • LINKS
  • Nu Skin 自然化粧品 Homepage
  • Pharmanex サプリメント Homepage
  • 盛和塾ロサンゼルス
  • jEWL(Japanese Executive Women's League)
  • 0から始めた管理人の自作PC


  • スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |

    夢は必ず実現する。。Vol. 1098 (11)「鏡の法則」 信頼すること
    (前号から続く。。。野口 嘉則さん「鏡の法則」より)

    A子 「わかりました。私は、私の父と同じ辛さを味わっていたんですね。
        こんなに辛かったんですね。父が嗚咽したのもわかります」

    B氏 「人生で起こる問題は、
        私たちに大事なことを気付かせるべく起こるんです」

    A子 「あらためて父の辛さが分かりました。
        息子のおかげで、分かることができたんだと思います。
        息子が私に心を開いてくれなかったおかげです」

    B氏 「息子さんもお父様もあなたも、
        心の底ではつながっています。

        お父様に対するあなたのスタンスを、
        あなたに対して息子さんが演じてくれたのです。

        そのおかげで、あなたは気付くことができた」

    A子 「息子にも感謝したいです。
        大事なことを気付かせてくれて、ありがとうって気持です。

        今までどうしてお母さんに話してくれないの?
        って心の中で息子を責めていました」

    B氏 「今なら、息子さんの気持ちも理解できますか?」

    A子 「そうか!
        私が子供のころ、口うるさい父がイヤでした。
        いろいろ口出ししてきたりするのがイヤでした。

        今考えてみれば、それも父の愛情からだったんでしょうが、
        当時は負担でしたね。

        今、息子も同じ思いなんだと思います。
        私の押し付けがましい愛情が負担なんだと思います」

    B氏 「あなたが子供のころ、本当はお父さんに、
        どんな親でいてほしかったんでしょうね?」

    A子 「私を信頼してほしかった。

        A子なら大丈夫!って信頼して欲しかったです。
        。。。(しばらく沈黙)。。。

        私、息子を信頼していなかったと思います。

        「私が手助けしないと、この子は問題を解決できない」
        と思っていました。

        それで、あれこれ問いただしたり、説教したり。。。。
        もっと息子を信頼してあげたいです」

    B氏 「あなたは、お父様の辛さも理解し、
        息子さんの辛さも理解されましたね。

        では次に、ご主人とのことに移りましょう。

        朝お電話をいただいた時に、
        「あなたの大切な息子さんが人から責められてしまう原因は、
        あなたが身近な誰かを責めてしまっていることです」
        とお話ししたのを覚えていますか?」

    A子 「はい、覚えています。
        主人を尊敬できないという話をしました」

    B氏 「ではもう一度、ご主人に対してどんなふうに感じておられるか、
        話してもらえますか?」

    A子 「どうしても、主人に対して、
        (教養の無い人)とか(思慮の浅い人)
        というふうに見てしまうんです。

        息子のことにしても、私がこれだけ悩んでいるのに、
        根拠なく楽観的なんです。

        それで主人に対しては、グチこそはぶつけますが、
        ちゃんと相談することはありません。

        主人がアドバイスなどしてきても
        受け付けられないんです」

    ここまで話しながらA子は、自分の夫に対するスタンスが、
    父親に対して取ってきたスタンスに似ていることに気がついた。

    A子 「私が父に対して取ってきたスタンスに似ていますね」

    B氏 「そうなんです。
        女性の場合、父親に対して取ってきたスタンスが、
        ご主人に対してのスタンスに投影されることが多いんです。

        ところで、お聞きしていると、
        ご主人は息子さんのことを信頼されているようですね」

    A子 「あっ、そうですね!
        そうか、主人のそういうところを見習うべきだったんですね。

        息子は主人に対しては、
        けっこう本音を言っているみたいなんです。

        息子は信頼されていると思うから、
        主人には心を開くんですね。
        
        私は、主人のよいところをまったく見ていませんでした」

    B氏 「なるほど、そんなことを感じられたんですね。

        さて、では宿題を差し上げます。
        やるかどうかは、自分で決めてくださいね。

        今日の午後、「父に感謝できること」と
        「父に謝りたいこと」という
        2種類の紙を作ってもらいましたよね。

        その紙に、お父様に感謝できることと謝りたいことを、
        書き出せるだけ書き出してください。

        その紙に、お父様に感謝できることと謝りたいことを、
        書き出せるだけ書き出してください。

        紙は何枚使ってもOKです。
        それが終わったら、もう一つ紙を用意してください。

        その紙のタイトルは、
        「父に対して、どのような考え方で接したらよかったのか?」
        です。

        これは過去のお父様との関係を後悔するために
        書くのではありません。
        これからのご主人との接し方のヒントが見つかるはずです。

        そしてもう一つ、息子さんが夜眠られたら、
        息子さんの寝顔を見ながら、心の中で息子さんに
        「ありがとう」を100回ささやきかけてください。
        
        どうですか、やってみたいですか」

    A子 「はい、必ずやってみます」


    続く。。。

    Cindy Komuro
    美容・健康と心を科学する。。GC America LLC
    Cellular: (310) 634-7070


    ghf2.jpg

    スポンサーサイト

    【2006/02/13 05:07】 自己啓発 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

    この記事に対するコメント

    この記事に対するコメントの投稿











    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。