夢は必ず実現する。。by Cindy
最初は誰もが馬鹿にしました。それでもひたむきに努力したら。。世の中が変わりました。平凡だった私のリアルタイムのミリオネアーへの道奮戦記


現在の閲覧者数:
PROFILE
Cindy
  • Author:Cindy
  • ロサンゼルス在住のCindyです。

      でっかい夢と希望を抱いて25年前にアメリカに渡ったはずなのに、大企業での恵まれたポジション、仕事も家庭も、いつし
  • RSS


  • CALENDER
    05 | 2017/06 | 07
    S M T W T F S
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -


    RECENT ENTRIES
  • AKB48 選抜総選挙  チーム8 濵松里緒菜 頑張れ~!(05/13)
  • 希望的リフレイン AKB48 チーム8(11/24)
  • Everyday カチューシャ 茨城ひたち海浜公園(11/19)
  • (11/11)
  • AKB48 Team8 新曲「制服の羽根」 MV (11/05)
  • 新曲「制服の羽根」MV Short Ver.(11/05)
  • (10/23)
  • AKB劇場デビュー AKBDMM.comで公開 (08/12)
  • AKB劇場デビュー 「あなたとクリスマスイブ」デュエットしました。by AKB48 Team8(08/12)
  • AKB48 Team8 で大活躍! 芸人さんとのかけあいが面白い!笑ってしまう!(08/04)


  • RECENT COMMENTS
  • Matthew O(05/15)
  • なかなかね(11/03)
  • Cindy(11/15)
  • 日本の現実(04/26)
  • 情報や本舗(02/14)
  • 230まいっち(12/15)
  • John(12/12)


  • RECENT TRACKBACKS
  • 『よーし!柏木』のもっと幸せ!充実成功!!:<% rtrackback_title>(08/13)
  • 月に50万円欲しいなあ~2:<% rtrackback_title>(06/12)


  • ARCHIVES
  • 2015年05月 (1)
  • 2014年11月 (5)
  • 2014年10月 (1)
  • 2014年08月 (3)
  • 2010年11月 (1)
  • 2009年04月 (1)
  • 2009年03月 (1)
  • 2008年11月 (1)
  • 2008年09月 (3)
  • 2008年01月 (7)
  • 2007年12月 (1)
  • 2007年11月 (2)
  • 2007年03月 (1)
  • 2007年02月 (13)
  • 2007年01月 (7)
  • 2006年07月 (6)
  • 2006年04月 (1)
  • 2006年02月 (20)
  • 2006年01月 (6)
  • 2005年12月 (11)
  • 2005年11月 (6)
  • 2005年10月 (7)
  • 2005年09月 (6)
  • 2005年08月 (18)
  • 2005年07月 (23)
  • 2005年06月 (19)
  • 2005年05月 (25)
  • 2005年04月 (23)


  • CATEGORY
  • 未分類 (2)
  • 美容-一般 (1)
  • 健康-内臓一般 (4)
  • 自己啓発 (17)
  • ビジネス トレーニング (5)
  • ひとりごと (68)
  • 面白話題 (3)
  • 健康-目 (1)
  • 健康-コレステロール (1)
  • 健康-ダイエット (3)
  • 美容-自然化粧品 (0)
  • 美容-シャンプ-&石鹸 (1)
  • 美容-パック (0)
  • 美容-基礎化粧品 (0)
  • 健康-糖尿病 (0)
  • 健康-正しいサプリの飲み方 (4)
  • 健康-高血圧 (0)
  • 心を高める稲盛哲学 (8)
  • 健康-免疫 (5)
  • 健康-抗酸化 (3)
  • 成功者からのメッセージ (11)
  • 健康-癌 (4)
  • 逃せない耳よりニュース (9)
  • お得なキャンペーン! (0)
  • あるひとつの成功奮戦記 (69)


  • LINKS
  • Nu Skin 自然化粧品 Homepage
  • Pharmanex サプリメント Homepage
  • 盛和塾ロサンゼルス
  • jEWL(Japanese Executive Women's League)
  • 0から始めた管理人の自作PC


  • スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |

    夢は必ず実現する。。Vol.1095 (8)「鏡の法則」 許すということ
    (前号から続く。。。 野口 嘉則さん「鏡の法則」より)

    自分が子供のころは、なにかと口やかましい父だった。
    夕食が説教の時間になることも多かった。

    また、子供たち(A子と兄弟)が自分の思い通りにならないと、
    すぐに大声で怒鳴りつける、そんな父だった。

    「お父さんは、私の気持ちなんか興味ないんだ!」
    と、そう思うことも多かった。

    お酒を飲んだ時に、仕事の愚痴を言うところも嫌だった。
    また、建設会社で現場監督をしていた父は、
    砂や土で汚れた仕事着で帰ってきて、
    そのまま食事をすることが多かったが、それも嫌だった。

    A子は、父に対しての気持を文章にしていった。
    気がついたら、父に対して「人でなし!」とか
    「あんたに親の資格なんかない!」とか
    かなり過激な言葉もたくさん書いていた。

    ある出来事も思い出した。
    自分が高校生のころ、クラスメイトの男の子と
    日曜日にデートをしたことがあった。

    その男の子と歩いているところを、たまたま父に目撃され、
    後で問いただされて説教されたことがあった。

    両親には、「女の子の友達と遊ぶ」と嘘をついていたのだが、
    父はその嘘を許せないようだった。

    その時の、父の言葉は今も覚えている。
    「親に嘘をつくくらい後ろめたい付き合い方をしているのか!
     お前は、ろくな女にはならん!」

    思い出しているうちに悔し涙が出てきた。
    悔しさも文章にした。

    「お父さんがそんな性格だから、
     嘘もつきたくなるんでしょ!

     自分に原因があることも分からないの?

     それに「ろくな女にならない」って、なんてひどい言葉なの。
     私がどのぐらい傷ついたか知らないんでしょう!  

     あんたこそ、ろくな親じゃない!
     あれから私は、お父さんに心を開かなくなったのよ。
     自業自得よ!」

    書きながら、涙が止まらなかった。

    気がついたら、正午を回っていた。
    書き始めて2時間近くが経っていた。

    十数枚のレポート用紙に、怒りを込めた文章が書きなぐってあった。
    容赦なく書いたせいか、それとも、思いっきり泣いたせいか、
    気持がずいぶん軽くなっていた。

    A子は、午後1時を回ったところで、B氏に電話をした。

    B氏 「お父様を許す覚悟は出来ましたか?」

    A子 「正直なところ、その覚悟まではできていないかも知れません。
       だけど、できることは何でもやってみようと思います。
       許せるものなら、許して楽になりたいとも思います」

    B氏 「では、やってみましょう。
       お父様を許すのは、他でもない、あなた自身の自由のために
       許すのです。
       紙を用意してください。
       そして上のほうに「父に感謝できること」というタイトルを
       書いてください。

       さて、お父様に対して感謝できるとしたら、
       どんなことがありますか?」

    A子 「それは、まず、働いて養ってくれたことですね。
       父が働いて稼いでくれたおかげで、
       家族も食べていけたわけですし、
       私も育ててもらえたわけです」

    B氏 「それを紙に書きとめてください。
        他にもありますか?」

    A子 「うーん。私が小学生の頃、
        よく公園に連れていって遊んでくれましたね」

    B氏 「それも書き留めておいてください。他には?」

    A子 「それくらいでしょうか?」

    B氏 「では、別の紙を用意して「父に謝りたいこと」って
        タイトルを書いてください。

       さて、お父様に謝りたいことは何かありますか?」

    A子 「特に浮かびませんが、あえて言えば、
        「心の中で反発し続けたこと」でしょうか。
      
       ただ、心から謝りたいという気持にはなれませんが」

    B氏 「実感がともなわなくてもOKです。形から入りますから。
       とりあえず、今おっしゃったことを書きとめてください」

    A子 「書き留めました。
        で、形から入るといいますと、何をやればいいのですか?」

    B氏 「いいですか、今から勇気の出しどころです。
        もしかしたら、あなたの人生で、
        一番勇気を使う場面かも知れません。

        私が提案することは、あなたにとって、
        もっとも抵抗したくなる行動かも知れない。

        実行するかどうかは自分で判断してくださいね。

        今からお父様に電話をかけて、
        感謝の言葉と謝る言葉を伝えるのです。

        実感が湧いてこなかったら、
        用意した言葉を伝えるだけでもOKです。

        「父に感謝できること」と「父に謝りたいこと」の
        2つの紙に書き留めたことを、読んで伝えるだけでOKです。

        伝えたら、すぐに電話を切ってもらってかまいません。
        やってみますか?」

    A子 「。。。。。たしかに、今までの人生で使ったことがないぐらい、
        勇気を使わないとできませんね。

        でも、これが私の悩みの解決に役立つなら、
        それだけの勇気を使う価値はあるんだと思います。
        だけど、難しいですね?。」

    B氏 「やるかやらないかは、ご自分で決めてくださいね。

        私も一生に一度の勇気を使う価値はあると思いますけど。
        それから私は、次の予定がありますので、
        このあたりで失礼します。
       
        もし実行されたらご連絡ください。
        次のステップをお教えします」

    続く。。。

    Cindy Komuro
    美容・健康と心を科学する。。GC America LLC
    Cellular: (310) 634-7070
    e-mail: gcamerica@verizon.net


    flower05_100b.jpg

    スポンサーサイト

    【2006/02/05 10:32】 自己啓発 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

    この記事に対するコメント

    この記事に対するコメントの投稿











    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。