夢は必ず実現する。。by Cindy
最初は誰もが馬鹿にしました。それでもひたむきに努力したら。。世の中が変わりました。平凡だった私のリアルタイムのミリオネアーへの道奮戦記


現在の閲覧者数:
PROFILE
Cindy
  • Author:Cindy
  • ロサンゼルス在住のCindyです。

      でっかい夢と希望を抱いて25年前にアメリカに渡ったはずなのに、大企業での恵まれたポジション、仕事も家庭も、いつし
  • RSS


  • CALENDER
    08 | 2017/09 | 10
    S M T W T F S
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30


    RECENT ENTRIES
  • AKB48 選抜総選挙  チーム8 濵松里緒菜 頑張れ~!(05/13)
  • 希望的リフレイン AKB48 チーム8(11/24)
  • Everyday カチューシャ 茨城ひたち海浜公園(11/19)
  • (11/11)
  • AKB48 Team8 新曲「制服の羽根」 MV (11/05)
  • 新曲「制服の羽根」MV Short Ver.(11/05)
  • (10/23)
  • AKB劇場デビュー AKBDMM.comで公開 (08/12)
  • AKB劇場デビュー 「あなたとクリスマスイブ」デュエットしました。by AKB48 Team8(08/12)
  • AKB48 Team8 で大活躍! 芸人さんとのかけあいが面白い!笑ってしまう!(08/04)


  • RECENT COMMENTS
  • Matthew O(05/15)
  • なかなかね(11/03)
  • Cindy(11/15)
  • 日本の現実(04/26)
  • 情報や本舗(02/14)
  • 230まいっち(12/15)
  • John(12/12)


  • RECENT TRACKBACKS
  • 『よーし!柏木』のもっと幸せ!充実成功!!:<% rtrackback_title>(08/13)
  • 月に50万円欲しいなあ~2:<% rtrackback_title>(06/12)


  • ARCHIVES
  • 2015年05月 (1)
  • 2014年11月 (5)
  • 2014年10月 (1)
  • 2014年08月 (3)
  • 2010年11月 (1)
  • 2009年04月 (1)
  • 2009年03月 (1)
  • 2008年11月 (1)
  • 2008年09月 (3)
  • 2008年01月 (7)
  • 2007年12月 (1)
  • 2007年11月 (2)
  • 2007年03月 (1)
  • 2007年02月 (13)
  • 2007年01月 (7)
  • 2006年07月 (6)
  • 2006年04月 (1)
  • 2006年02月 (20)
  • 2006年01月 (6)
  • 2005年12月 (11)
  • 2005年11月 (6)
  • 2005年10月 (7)
  • 2005年09月 (6)
  • 2005年08月 (18)
  • 2005年07月 (23)
  • 2005年06月 (19)
  • 2005年05月 (25)
  • 2005年04月 (23)


  • CATEGORY
  • 未分類 (2)
  • 美容-一般 (1)
  • 健康-内臓一般 (4)
  • 自己啓発 (17)
  • ビジネス トレーニング (5)
  • ひとりごと (68)
  • 面白話題 (3)
  • 健康-目 (1)
  • 健康-コレステロール (1)
  • 健康-ダイエット (3)
  • 美容-自然化粧品 (0)
  • 美容-シャンプ-&石鹸 (1)
  • 美容-パック (0)
  • 美容-基礎化粧品 (0)
  • 健康-糖尿病 (0)
  • 健康-正しいサプリの飲み方 (4)
  • 健康-高血圧 (0)
  • 心を高める稲盛哲学 (8)
  • 健康-免疫 (5)
  • 健康-抗酸化 (3)
  • 成功者からのメッセージ (11)
  • 健康-癌 (4)
  • 逃せない耳よりニュース (9)
  • お得なキャンペーン! (0)
  • あるひとつの成功奮戦記 (69)


  • LINKS
  • Nu Skin 自然化粧品 Homepage
  • Pharmanex サプリメント Homepage
  • 盛和塾ロサンゼルス
  • jEWL(Japanese Executive Women's League)
  • 0から始めた管理人の自作PC


  • スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |

    検証93: 稲盛和夫氏語録 「壁を突破する」
    稲盛和夫氏語録は、まだまだ続きます。

    というのも。。。
    京セラを世界有数の企業に育て上げた
    有名な稲盛和夫氏の名前や評判は、新聞や雑誌で目にしていても、
    いざ実際に、今の今まで、彼の経営哲学を、直接的に学ぶ機会も無く、
    やっとその機会が訪れた今、なんとなくぼんやりしていた輪郭が、
    より明解にイメージ出来、いちいち深く頷ける思いがしているのです。

    それは、私の心のコップが、丁度今、
    やっと上向きに、注げる状態になった。。。ということかも知れません。

    つまり。。。
    長い長い会社員生活で染み付いた観念を脱皮して、
    経営者マインドに進化する、ちょうどその時期なのかも知れません。

    さらには、わずか直径数センチ足らずのコップというよりは、
    ほとんどオリンピック級プールのごとし。。。と言えるかも知れません。
    夥しい量の情報を底なし沼の如く吸収しています。

    さて、あなたの心のコップは、
    今、上を向いているでしょうか?

    伏せられたコップに、いくら美味しい水を注いでも、
    こぼれるばかり。。。なものですから。

    ◇◇◇◇◇

    <以下、稲盛和夫氏語録より引用>

    「壁を突破する」  

    成功した人と成功しなかった人の差は、紙一重です。

    成功しなかったからといって、決していい加減な人ばかりではありません。
    成功した人と同様にまじめで熱意を持ち、努力された方もいます。

    それなのに、成功する人と失敗する人がいる。
    世の中不公平だと思われるかもしれません。
    しかし、両者の間には、紙一重ですが、超えがたい大きな隔たりがあるのです。

    それは、不成功者には粘りがないのです。

    うまくいかなくなった時に、すぐあきらめてしまうのです。
    つまり、努力はするのですが、それは人並みの努力にとどまり、
    壁に行き当たると、体裁のいい理由をつけ、自分を慰め、
    断念してしまうのです。

    まず、無理だとかんがえられていることでも粘りに粘ってやりぬき、
    成功させることです。

    自分の中の固定化された常識を壊してみることです。

    「自分はここまでだ」
    という頑固な固定観念が、
    成功へ至る一線を越えることを防げているのです。


    壁を乗り越えたという自負と自信が、
    その人を強く粘りのある人間に変えていきます。
    そして、この粘りがさらなる成功へと導いていくのです。

    ◇◇◇◇◇

    時々私は。。。
    訳も無く想像してみるのです。

    山崎豊子著「大地の子」のシーンの如く、
    いざ戦局怪しく、満州から南へ、南へと着のみ着のままで
    手にする武器もなく。。。命からがら脱出する民間人たち。。

    果たして。。。歩けなくなった幼い娘を抱く母として、
    めっきり重たくなった娘の身体を、
    いったい、いつまで固く抱いていられるだろうかと。。。

    手を離してしまえば、それは一瞬、物理的には自分が楽になるかも知れないけれど。。。
    娘の命を奪う。。。ことにもなりかねないでしょう。

    けれど、その肉体的限界の果てに、
    はたして、いつまで娘を抱いて歩けるものか?

    あるいは。。。
    突然、崖に落ちて、途中の木にたまたまぶら下がった自分。。。
    その肉体的限界の果てに、
    どこまで自分の身体を支えて持ちこたえられるものなのか?

    その手を離すほんの15秒後に、
    救助の人間がやってきて、本来ならば助かっていたかも知れないとしたら。。。

    たった15秒を粘れないが故に、
    運命として、「生」か「死」に直面して、自ら「死」を選んでしまう結果となってしまったら。。。

    そんな悔しいことはありませんよねぇ。。。

    成功を目指して、その「壁」を突破するということは、
    上記のように「生」か「死」に直面するほどの差があるような気がしてならないのです。

    だから、NS活動を今止めてしまったら、それは「成功すること」を断念することであり、
    今、止めてしまったら、それは「成功をするという希望」をもなくしてしまうことなのです。

    成功するかしないかの分岐点の「壁」を突破できないが為に、
    多くは、こうつぶやく人が多いようです。

    「自分には、ネットワーク・ビジネスは向いていなかった」

    「アップラインが充分なサポートを何もしてくれなかった」

    「家族や配偶者が反対するから、障害が大き過ぎた」

    「本業や生活が忙しすぎて。。。充分な活動が出来なかった」

    「自分には、人脈が無かった」などなど。。。

    これらは、本当に、何の工夫も努力も出来ない問題なのでしょうか?

    さて、一年経過してもEXEC以上を落とさなかった人に、
    スペシャルなバッチが届けられました。

    それは、むしろ、一年以上、EXECを維持出来る人が少ない。。。
    ということなのかも知れません。
    100人のうち、一年後もEXECとして残れるのは、わずか8人なのだそうです。

    成功する為には、どんな障害があっても、
    目的を達成する「粘り強さ」が必要なこと、
    事前によく考え、何があってもあきらめないという決意をすることが大切のようです。

    もう一度、自分に問い掛けてみましょう。。。
    自分は、本当に、真剣に成功したいと信念に至る願望を持っているのかと?

    それは本当に、周りの人間をついうなづかせるほどに、
    自分の腹の底からの願望に醸成されているのかと?

    Cindy Komuro
    美容と健康を科学する。。GC America LLC
    Cellular: (310) 634-7070
    e-mail: gcamerica@verizon.net
    スポンサーサイト

    【2005/04/22 01:41】 心を高める稲盛哲学 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

    この記事に対するコメント

    この記事に対するコメントの投稿











    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。