夢は必ず実現する。。by Cindy
最初は誰もが馬鹿にしました。それでもひたむきに努力したら。。世の中が変わりました。平凡だった私のリアルタイムのミリオネアーへの道奮戦記


現在の閲覧者数:
PROFILE
Cindy
  • Author:Cindy
  • ロサンゼルス在住のCindyです。

      でっかい夢と希望を抱いて25年前にアメリカに渡ったはずなのに、大企業での恵まれたポジション、仕事も家庭も、いつし
  • RSS


  • CALENDER
    04 | 2017/05 | 06
    S M T W T F S
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -


    RECENT ENTRIES
  • AKB48 選抜総選挙  チーム8 濵松里緒菜 頑張れ~!(05/13)
  • 希望的リフレイン AKB48 チーム8(11/24)
  • Everyday カチューシャ 茨城ひたち海浜公園(11/19)
  • (11/11)
  • AKB48 Team8 新曲「制服の羽根」 MV (11/05)
  • 新曲「制服の羽根」MV Short Ver.(11/05)
  • (10/23)
  • AKB劇場デビュー AKBDMM.comで公開 (08/12)
  • AKB劇場デビュー 「あなたとクリスマスイブ」デュエットしました。by AKB48 Team8(08/12)
  • AKB48 Team8 で大活躍! 芸人さんとのかけあいが面白い!笑ってしまう!(08/04)


  • RECENT COMMENTS
  • Matthew O(05/15)
  • なかなかね(11/03)
  • Cindy(11/15)
  • 日本の現実(04/26)
  • 情報や本舗(02/14)
  • 230まいっち(12/15)
  • John(12/12)


  • RECENT TRACKBACKS
  • 『よーし!柏木』のもっと幸せ!充実成功!!:<% rtrackback_title>(08/13)
  • 月に50万円欲しいなあ~2:<% rtrackback_title>(06/12)


  • ARCHIVES
  • 2015年05月 (1)
  • 2014年11月 (5)
  • 2014年10月 (1)
  • 2014年08月 (3)
  • 2010年11月 (1)
  • 2009年04月 (1)
  • 2009年03月 (1)
  • 2008年11月 (1)
  • 2008年09月 (3)
  • 2008年01月 (7)
  • 2007年12月 (1)
  • 2007年11月 (2)
  • 2007年03月 (1)
  • 2007年02月 (13)
  • 2007年01月 (7)
  • 2006年07月 (6)
  • 2006年04月 (1)
  • 2006年02月 (20)
  • 2006年01月 (6)
  • 2005年12月 (11)
  • 2005年11月 (6)
  • 2005年10月 (7)
  • 2005年09月 (6)
  • 2005年08月 (18)
  • 2005年07月 (23)
  • 2005年06月 (19)
  • 2005年05月 (25)
  • 2005年04月 (23)


  • CATEGORY
  • 未分類 (2)
  • 美容-一般 (1)
  • 健康-内臓一般 (4)
  • 自己啓発 (17)
  • ビジネス トレーニング (5)
  • ひとりごと (68)
  • 面白話題 (3)
  • 健康-目 (1)
  • 健康-コレステロール (1)
  • 健康-ダイエット (3)
  • 美容-自然化粧品 (0)
  • 美容-シャンプ-&石鹸 (1)
  • 美容-パック (0)
  • 美容-基礎化粧品 (0)
  • 健康-糖尿病 (0)
  • 健康-正しいサプリの飲み方 (4)
  • 健康-高血圧 (0)
  • 心を高める稲盛哲学 (8)
  • 健康-免疫 (5)
  • 健康-抗酸化 (3)
  • 成功者からのメッセージ (11)
  • 健康-癌 (4)
  • 逃せない耳よりニュース (9)
  • お得なキャンペーン! (0)
  • あるひとつの成功奮戦記 (69)


  • LINKS
  • Nu Skin 自然化粧品 Homepage
  • Pharmanex サプリメント Homepage
  • 盛和塾ロサンゼルス
  • jEWL(Japanese Executive Women's League)
  • 0から始めた管理人の自作PC


  • スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |

    サンタさんは、もういない。。。
    当地は、今日がクリスマスイブ。

    日本では、にぎやかに楽しくイブを過ごした人、
    実は、ひっそり静かなイブを楽しんだ人。。と、
    様々な思いを胸に、過ごされたことでしょう。

    実は、今日、まもなく空港に向かい、
    日本に出発します。

    つまり、今年は。。。
    サンタさんが暖炉からは現われない、
    機上で向かえるクリスマスイブ!
    ってことで、娘は、ちょっとがっくり来ているのです。

    10歳の娘は、まだサンタさんを信じています。
    でも、さすがに、10歳ともなると、
    クラスの8割は、サンタはいない、
    サンタ=親 とわかっているのだそう。

    でもね、我が娘は、こう言うの。

    「ママ、クラスの皆は、サンタはいないって言うの。
     だから、私も、皆も前では、そうだよねって、
     サンタはいないってふりをしてる。

     でもね、私はサンタは絶対にまだいるって、
     ほんとは信じているんだよ。
     ママにだけ言うね、ほんとの気持ち。」

    なんか、思わず、抱きしめたくなるセリフでした。

    で、思い出したかつてのクリスマスイブ。。。
    可愛い娘のエピソードをお楽しみください。

    *************

    いよいよ。。。2003年も押し迫ってきました。
    カウントダウン20日!

    我が家も、先週クリスマスツリーを出してきて、
    8歳の娘が、とっても綺麗に飾り付けをしてくれました。

    日本でも、最近は商店街などしゃれたクリスマスの電飾がきらびやかですが、
    当地ロサンゼルスでは、商店街だけでなく、
    各家庭で、他家と競い合うように、
    個性豊かな電飾が繰り広げられています。

    中でも、ロサンゼルスはダウンタウンから南へ約40分、
    トーランス市のAnza Blvd.の海側、
    Pacific Coast Highway沿いに立地する、
    数千戸の住宅地は、このクリスマスの時期こそが「命!」とばかりに、
    各家庭で工夫を凝らした度肝を抜く電飾が施され、
    観光バスですら乗り付けるほど、
    クリスマス・イルミネーションにかけては絶品の華やかな地区で有名です。

    一年に一度の晴れ舞台、この電飾に参加したいが為に、
    この地区に、わざわざ引っ越してくる輩もいるそうです。

    また、何の変哲もなかったこの住宅地が、
    いったい誰から始まったのか。。。
    このクリスマスの電飾騒ぎで有名となり、
    住宅価格が、何百万円単位で上がったとか。。。
    ま、この世の中、何が幸いするかはわかりません。(笑)

    さて、我が家の女王様!8歳の娘は、
    既に、もう準備万端、
    先週末にサンタさんに「欲しいものリスト」を作りました。

    ママ「今、不況だからね、
    サンタさんも値段の高いものは持ってこれないと思うよ。」
      (と、防備線を張る親)

    娘 「でも、サンタさんは、工場を持っていて、
       プレゼントを作っているから、
       大丈夫だよ。」
      (サンタクロースの映画では、
       サンタが自分の工場でプレゼントを作っている)

    ママ「工場持っていても駄目なの。
       だって、原料や材料費も高いのよ」(四苦八苦)

    一昨年のこと。。。
    6歳の娘はとっても可愛かったのです。(親ばか!?)

    我が家には、アメリカのたいていの家庭にある暖炉があります。
    その暖炉の前には、焚く火の粉や灰が飛ばないようにと、
    折りたたみの網のつい立てが置いてあります。

    12月24日のその日。。。気がつくと、その網のつい立てが、
    何故か、横にたたまれている。
    だから、また、暖炉の前につい立てを、
    灰が飛ばないように広げておいたのです。

    で、その日の午後、また、その網のつい立てが、
    何故か、再びたたまれている。。。

    どうしたのかな?と思ったら、
    6歳の娘なりの知恵で、
    今晩、暖炉からやってくるサンタさんの為に、
    通りやすいように、つい立てを、たたんで横においておいたという。。。

    その日の夜は、自分の部屋で寝たくないと言う。。。
    暖炉の傍のソファーで寝るといってきかない!
    どうしても、サンタさんに一目会いたいと思っているのだろうなぁ。。。

    夜も更けて。。。いつになく目が堅くって、なかなか寝ない娘。

    ソファーの上でママの胸に抱かれながら、
    がたん!と外を吹く風が何かに当たる音がする度、
    「しぃっ?!」と人差し指を口の前に持っていって、
    耳を澄ます娘。

    本当に、サンタさんが来るのを心待ちにしているらしい。。。

    親は親で、しっかり演出を盛り上げます。
    重いプレゼントを沢山持って来てくれるサンタさんの為に、
    クッキーとミルクを用意するのです。

    そして、サンタさんがあたかも来たかのように、
    朝が来る前に、クッキーを半分かじり、ミルクものみ干しておきます。

    翌朝、目をまん丸にして、

    「ママっ!サンタさんが来たぁっ!
     クッキー食べてるよ、ミルク飲んでるよ、
     プレゼントも沢山持ってきてくれたぁぁぁ!」

    と、その一瞬の何とも言えない喜びにはじける娘の表情を見るのが、
    親の至福のひと時だったりするわけです。

    そして、昨年度のこと。。。

    まだ、サンタさんを信じている娘が、
    ある日のこと、真剣な眼差しで、ママに相談します。

    娘 「ママ、サンタさんて、ほんとうにいるよね!」

    ママ「もちろんよ!」

    娘 「今日ね、クラスのA君が、サンタさんは絶対にいない!って言うの」

    ママ「えっ、クッキー食べてたことや、
       ミルク飲んでたこと、説明してあげた?」

    娘 「うん、ちゃんと説明してあげたけど、
       サンタさんは、絶対にいないっ!って、A君はどうしても言い張るの。
       だから、A君と喧嘩したの(ちょっと涙目)」

    ママ「えぇぇ。。。そりゃたいへんだ。
       どうしてA君は、そんなこと言うのかしらねぇ」
      
    と、まだ、7歳やそこらで、既にもう、現実に目覚めた子供もいるのかと、
    ま、A君も、わざわざ他人の夢を壊すこともあるまいに。。。などと思っていたら。。。

    娘 「A君はね、クリスマスの日に、今までサンタさんから
       一度もプレゼントを貰ったことがないんだって。
       だから、サンタはいない!って言うの。」

    ママ 「えっ。。。。。。」

    そう、ママの心は、A君の生活環境を思わずあれこれ想像して、
    胸がふさがれたのでした。。。

    さて、8歳となった今年の娘は。。。
    はたして、ママに気使って、サンタを信じているふりをしているのか、
    はたまた、本当に、まだ純粋に信じているのか。。。???
    真相の程は。。。わかりません。

    さて、大人になると、もうこの世にはサンタさんがいない。。。
    と知っていますよね。
    もちろん、大人になっても、サンタさんが存在している、
    とってもラッキーな人々もいると思います。

    が、一般的には、もう。。。残念ながら、
    サンタさんはいませんね。

    だから、年に一度のサンタさんからのプレゼントのみならず、
    「働かざるもの、食うべからず」で、
     普通の人生を生きていれば、
    やっぱり、働かずして。。。ではどうにもならない。
    今日、明日のご飯の心配をせねばならないのが、大人の現実というもの。

    今、比較的収入にも恵まれて、
    何の不自由もなく暮らせているから大丈夫。。。
    と思われているあなた、ちょっと想像力を駆使して考えてみて下さい。

    今の収入は、本当に続いていく種類のものなのか?
    今の生活レベルは、本当に、永続していくものなのか?
    そして、自分達は、いつまでも永遠に若い。。。
    というわけではないのです。

    能力主義が導入され、終身雇用が崩壊した現在、
    他人事のように思っていて、
    では、いざ、自分や御主人が、容赦なくリストラにあったとしたら。。。?

    かつては、会社というものが、
    尽くせば、一生の面倒を見てくれる。。。そういう神話がありましたが、
    もう。。。残念ながら、それは儚いかつての夢のまた夢でしかありません。

    でも、そんな時に、
    会社から頂く給与以外に、
    安定した収入源があったとしたら。。。
    どれほど心強いことでしょうか?

    今の私の本業は、
    そういうことに取り組んでいるのですね。

    資本もいらず、智恵と工夫と情熱を駆使して、
    日夜地道な努力で頑張ってまーす。

    しばらく日本。
    ブログアップが難しいかも。

    皆さま、どうぞよい新年をお迎えくださいませ!

    Cindy Komuro
    美容・健康と心を科学する。。GC America LLC
    Cellular: (310) 634-7070
    e-mail: gcamerica@verizon.net
    CindySanta.jpg

    スポンサーサイト

    【2005/12/25 01:02】 ひとりごと | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

    この記事に対するコメント

    この記事に対するコメントの投稿











    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。