夢は必ず実現する。。by Cindy
最初は誰もが馬鹿にしました。それでもひたむきに努力したら。。世の中が変わりました。平凡だった私のリアルタイムのミリオネアーへの道奮戦記


現在の閲覧者数:
PROFILE
Cindy
  • Author:Cindy
  • ロサンゼルス在住のCindyです。

      でっかい夢と希望を抱いて25年前にアメリカに渡ったはずなのに、大企業での恵まれたポジション、仕事も家庭も、いつし
  • RSS


  • CALENDER
    06 | 2005/07 | 08
    S M T W T F S
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31 - - - - - -


    RECENT ENTRIES
  • AKB48 選抜総選挙  チーム8 濵松里緒菜 頑張れ~!(05/13)
  • 希望的リフレイン AKB48 チーム8(11/24)
  • Everyday カチューシャ 茨城ひたち海浜公園(11/19)
  • (11/11)
  • AKB48 Team8 新曲「制服の羽根」 MV (11/05)
  • 新曲「制服の羽根」MV Short Ver.(11/05)
  • (10/23)
  • AKB劇場デビュー AKBDMM.comで公開 (08/12)
  • AKB劇場デビュー 「あなたとクリスマスイブ」デュエットしました。by AKB48 Team8(08/12)
  • AKB48 Team8 で大活躍! 芸人さんとのかけあいが面白い!笑ってしまう!(08/04)


  • RECENT COMMENTS
  • Matthew O(05/15)
  • なかなかね(11/03)
  • Cindy(11/15)
  • 日本の現実(04/26)
  • 情報や本舗(02/14)
  • 230まいっち(12/15)
  • John(12/12)


  • RECENT TRACKBACKS
  • 『よーし!柏木』のもっと幸せ!充実成功!!:<% rtrackback_title>(08/13)
  • 月に50万円欲しいなあ~2:<% rtrackback_title>(06/12)


  • ARCHIVES
  • 2015年05月 (1)
  • 2014年11月 (5)
  • 2014年10月 (1)
  • 2014年08月 (3)
  • 2010年11月 (1)
  • 2009年04月 (1)
  • 2009年03月 (1)
  • 2008年11月 (1)
  • 2008年09月 (3)
  • 2008年01月 (7)
  • 2007年12月 (1)
  • 2007年11月 (2)
  • 2007年03月 (1)
  • 2007年02月 (13)
  • 2007年01月 (7)
  • 2006年07月 (6)
  • 2006年04月 (1)
  • 2006年02月 (20)
  • 2006年01月 (6)
  • 2005年12月 (11)
  • 2005年11月 (6)
  • 2005年10月 (7)
  • 2005年09月 (6)
  • 2005年08月 (18)
  • 2005年07月 (23)
  • 2005年06月 (19)
  • 2005年05月 (25)
  • 2005年04月 (23)


  • CATEGORY
  • 未分類 (2)
  • 美容-一般 (1)
  • 健康-内臓一般 (4)
  • 自己啓発 (17)
  • ビジネス トレーニング (5)
  • ひとりごと (68)
  • 面白話題 (3)
  • 健康-目 (1)
  • 健康-コレステロール (1)
  • 健康-ダイエット (3)
  • 美容-自然化粧品 (0)
  • 美容-シャンプ-&石鹸 (1)
  • 美容-パック (0)
  • 美容-基礎化粧品 (0)
  • 健康-糖尿病 (0)
  • 健康-正しいサプリの飲み方 (4)
  • 健康-高血圧 (0)
  • 心を高める稲盛哲学 (8)
  • 健康-免疫 (5)
  • 健康-抗酸化 (3)
  • 成功者からのメッセージ (11)
  • 健康-癌 (4)
  • 逃せない耳よりニュース (9)
  • お得なキャンペーン! (0)
  • あるひとつの成功奮戦記 (69)


  • LINKS
  • Nu Skin 自然化粧品 Homepage
  • Pharmanex サプリメント Homepage
  • 盛和塾ロサンゼルス
  • jEWL(Japanese Executive Women's League)
  • 0から始めた管理人の自作PC


  • スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |

    夢は必ず実現する。。 Vol. 1031 売っていないのに何故売れる?
    例えば、あなたと私が同じ製品を販売しているとする。

    さて、同じ場所、同じ団体、同じ複数の顧客候補がいたとして、
    多分。。。
    あなたには売ることができなくても、
    私には、あなたよりはるかに効果的に売ることができる。。。

    実際、その設定で、私と行動を共にしたことがある人は、
    わかるよね、その違いが。

    それは何故だと思う?

    つまり、あなたは一生懸命、製品を売っているけれど、
    私は、製品を売ってはいない。

    なのに、私の方が製品が売れる。。。
    そう、結果が違う。


    それはどうしてだと思う???

    Cindy Komuro
    美容・健康と心を科学する。。GC America LLC
    Cellular: (310) 634-7070
    e-mail: gcamerica@verizon.net

    sasa21.jpg

    http://www13.ocn.ne.jp/~haiku/index.htm

    スポンサーサイト

    夢は必ず実現する。。 Vol.1030  Japan Referral Network
    早起きは三文の得とばかりに、朝4時半に起き出し。。。
    SouthbayからMarina Del Rey地区には、
    空港あたりが混雑するからと、午前5時45分に出発。

    何を早起きしたかと言うと、
    この日は、Japan Referral NetworkのMeetingが、
    午前7時からあるので、必ず午前7時に間に合うように!
    との強いお達し。

    なぜなら、この会は、1分でも遅刻すると、除名になるというほどの、
    たいへん、厳し?い会らしい。。。
    と聞いては、意地でも遅れられない。

    ま、昨日は、何故だかすいすいと。。。
    あまりトラフィックもなく、到着したのが午前6時20分。

    「さぁて。。。車に常備している、普段読めない本でも読もうか。。。」

    噂には聞いていた。。。

    アメリカ人の社会には、
    こうしたReferralのグループが各地区に存在していて、
    グループ内での競争を避けるために、一業種からたった一人だけが参加し、
    お互いに顧客を紹介しあうシステムがある。

    毎週金曜日の早朝にMeetingがあり、
    欠席したり、遅刻したりすれば、即除名。

    その代わり、活発に活動すれば、
    メンバーたちの顧客の紹介が、即ビジネスにつながっていく。

    そのロサンゼルス日本人社会における
    Referral Networkが初登場というわけ。

    グループメンバーになる為の主な条件は、

    1.毎週金曜日午前7時から始まるMeetingに出席すること

    2.遅刻すれば除名対象

    3.Unexcusedの欠席も除名対象

    4.毎月8名の顧客を誰かに紹介しなければならない。
      といっても。。。ただ単に名前を紹介した。。。では駄目で、
      紹介された各顧客が、真剣に話を聞く体勢であること。

    5.入会最初の年に、一人のメンバーを紹介しなければならない。

    6.メンバーになるためには、3回継続して
      早朝Meetingに参加せねばならない。

    7.毎月一回、主催されるランチ会に参加必須
    一度も参加できない場合は、不参加のペナルティを払う。


    ま、そんな感じで、とにかく厳し?い、けれど大変真剣なReferral Club.

    「種族保存の法則」

    やら

    「弱肉強食」

    という言葉が浮かぶほどでした。

    毎回のMeetingでは、メンバーから2人が10分を与えられ、
    自分のビジネスのプレゼンの時間に目一杯の宣伝。

    メンバーには、各々30秒の自己PRの時間も与えられる。

    後は、ビジネスExchangeが目的な会ゆえ、
    堂々とビジネスのことを語れるし、
    お互いにベネフィットになるように、
    顧客を紹介しあう。。。そういう団体。

    積極的思考でもってWin Winの努力をし続ける限り、
    自分個人ではとても開発できないような
    パワフルな顧客ネットワークが築ける強烈なグループです。


    逆に。。。
    厳しい会則に、押しつぶされたり、追われるように活動と。。。
    本末転倒の人も出てくるでしょうねぇ。。。人によっては。

    でもね、様々な各種団体に所属していますが、
    たいていは。。。
    自分のビジネスを紹介するのを奨励しない団体というのが多い。

    他の諸団体で、プレゼンするにも、グループ内の同業他社から、
    くい打ちとばかり、叩かれまくり。。。というのが多い。

    人脈が少ない人が、これからビジネスを拡大していきたい。。。
    ともがいている時代に、こういう公明正大に自分のビジネスを売り込み、
    顧客紹介を行えるグループは大変ありがたいですね。

    そして、本当に真剣にビジネスを伸ばしたい。。。
    そういう人たちの集まりは、心を引き締められますよ。


    さらに、初めてのMeetingだというのに、
    志を同じくする人たちとの複数の出会いがありました。

    ここからの人脈の広がりは、未曾有のものがあります。

    一方で、一般社会においては、
    製品やビジネスを紹介することを、
    「売りつけ」と思われたり、思ったり。。。

    友人、知人に製品やビジネスを紹介し、
    自分が公明正大な利益を得ることも、
    引け目を感じてしまったり。。。

    現代社会は、こうした経済活動で成り立っているというのに、
    一般の人々の思考は、あまりにも、
    江戸時代「士農工商」の、
    時代を超えた「商いを卑しむ」洗脳を引きずり。。。

    世界経済も、日本国の経済も、各家庭の経済も、
    やっぱり、商いから成り立っているというのに。。。

    世の中には、同じような努力をしているのに、
    成功する人と、成功できない人がいる。

    さしずめ私は。。。
    同じ努力するなら、絶対に成功したいですね。

    その為には、自分の状況が許す限り、
    ありとあらゆる、誰にも負けない努力は継続したいですね。

    さ、あなたなら、どう取り組みますか?

    Cindy Komuro
    美容・健康と心を科学する。。GC America LLC
    Cellular: (310) 634-7070
    e-mail: gcamerica@verizon.net
    000q2.jpg

    http://www13.ocn.ne.jp/~haiku/index.htm


    夢は必ず実現する。。 Vol. 1029 「夢」は何ですか?
    どう書き始めればよいのか、
    実はちょっと途方にくれているのです。

    「人 対 人」の人間関係を正しく導く力が、
    ネットワーク・ビジネスに従事するリーダーには
    特に要求されます。

    例えば、よかれ。。。と思って、つい口をついて出た言葉が、
    実は、後になって、大きな問題をはらむことだってあります。

    それが理由で、だからもう、ビジネスをやる気がなくなった。。。
    そう言いたい場合もあるでしょう。

    でも、再確認すると、
    このネットワーク・ビジネスは、
    冷徹なまでに

    「自己責任」

    のビジネスです。

    やる気が無くなった。。。落ち込んだ。。。というのは、
    誰かのせいではなく、結果的には自分自身の心の問題です。


    基本的に、ネットワーク・ビジネスとは、
    代理店になった後は、自分がビジネスオーナーとなり、
    独立する。。。ということです。

    コンビニや、ハンバーガーのフランチャイズでもそうですが、
    お店を設営するためのマニュアルやノウハウ提供、
    売り出す為のトレーニングや、セントラルキッチンの活用、
    法的な面でのバックアップなどなど、
    もちろん、対価と引き換えに、
    本部からの有利なサポートがあるでしょう。

    けれど、いったんお店を営業しはじめたら、
    自分自身が、紛れもない経営者です。

    経営がうまくいかなければ、本部からのアドバイスはあっても、
    根本的な経営責任は、
    フランチャイジーであるお店のオーナーが負います。

    だから、本気でビジネスを成功させたいと思えば、
    本部やアップラインに任せきりではなく、
    自分自身でも創意工夫し、
    本部にさえもわからない部分での現場努力をしてこそ、
    さらなる大きな成功を手に入れられる。

    自分はフランチャイジーだからと、ダウンラインだからと、
    えさを待つ雛鳥(ひなどり)のごとく、口をあけて待っているだけでは、
    本部やアップラインのサポートばかりを当てにしていては、
    とても。。。目覚しいビジネスの成長は望めません。


    えさは。。。自分から取りにいかなければ!

    今日は、こういう素敵な言葉を聞きました。


    「いったんビジネスをはじめたからには、

     登録したダウンラインのサポートには

     責任を持ちたい」と。



    まさに、私が絶え間ない勉強を重ね、
    日本にまで武者修行に出かけ、
    誰にも負けない努力をしたり、
    全国に向けてメール活動を展開したり、
    一人でも多くの成功者に会う努力をするのは、
    少しでも、生活の事情によっては思うように動けない人にかわって、
    私の目を通して血肉化した貴重な情報を、
    自分がスポンサーした大切な皆さんに情報提供したいから。。。です。

    でも、本当は、許されるならば、
    あなた自身が、私と同じように活発な活動を行ったら、
    どれほど、大きなパワーが生み出されることでしょうか?

    1年半ごとの300人サクセスセミナーに始まり、
    Beauty Forum,Bridge夏祭りブース出店と、
    機会あるごとに様々なイベントを仕掛けるのは、
    自分がスポンサーしたダウンライン会員の方々に、
    極力、ビジネス展開のきっかけの場を作り、
    経験を積んで欲しいからなのです。

    アポが入れば、嫌な顔ひとつせず、
    いつでも、どこでも、たった一人のアポでも、
    時間の許す限り、私は出かけていきます。

    少しでも、私のやり方、話し方、展開の仕方、サポートの仕方を、
    あなたと一緒に行動することで、あなたに学んで欲しいからです。


    それが、私のサポートの仕方です。

    でも、自分が代理店になったなら、
    今度はあなたが、自分のチームのリーダーとして、
    与える側にならなければグループは拡大していきません。

    そして、あなたの活動をビジネスとして捉えるのなら、
    スポンサーした人への適正なサポートを行ってこそ、
    グループが成長するのです。

    なぜなら、あなたのグループの方は、
    私とではなく、あなた自身と、
    より深い信頼関係を築いた人たちの集まりだからです。


    当然、スポンサーする際も、
    これから一緒にビジネス活動をしていくにあたり、
    スポンサーした方が、サポートに責任を持てる、
    つまりは、自分がリーダーとなったからには、
    ちょっと困難に面したからといって、
    やれ、やめようとか、
    自分にはやれないとか、
    無理かも知れないとか、
    忙し過ぎるからとか、
    やれない理由を数え上げるようでは、
    とてもリーダーとして、自分のチームを率いてはいけません。


    そういう場合は、もう一度、原点に立ち返って、
    なぜ、自分はこのビジネス活動をしようかと思ったのか?
    もう一度じっくり考えてみてください。

    私は、24年もの長い長い間、
    サラリーマン生活を何の疑問もなくぬるま湯の中に生きてきて、
    今から5年後も、10年後も、
    あまり代わり映えのない生活をしている自分が見えたから、
    そろそろ。。。
    自分の能力や考え方を未来形で捉え、
    5年後、10年後には、大きく人生に成功している自分でいたい。。。

    たった一度しかない人生を、
    後悔しないよう、生きていきたい。。。
    そして、こんな平凡な私にも、
    夢を叶えるビジネスシステムが、Nu Skinシステムに存在していると、
    可能性を完璧に理解したからです。

    忙し過ぎる日常だからこそ、
    それがむしろ、「やる理由」ではありませんか?


    私だって、強烈に忙しかった。
    時間拘束があった。
    様々な諸事情に、よろけそうになった。
    ジャンプするのに、底知れぬ恐怖や不安にさいなまれた。

    それでも。。。
    自分の

    「夢」

    は、あきらめたくなかった。
    一生に一度、絶対にかなえたい夢がある。

    だから、今も、2年半を経て、
    やめたいと思うどころか、
    絶対に、やめたくない、あきらめたくないと、
    夢をかなえたいパワーはますます増大し続けている。

    もう一度、原点に立ち返って。。。
    いったいあなたの絶対にかなえたい「夢」は何なのか、
    ぜひ考えてみてくださいな。

    誰かからの教条的な1万語の言葉よりも、
    まず、あなたの「夢」を確認することが、
    今のあなたの足を、地につけてくれるのではないでしょうか?

    もう一度。。。自分自身に問い掛けてみてください。

    あなたの「夢」は何ですか?と。。。

    Cindy Komuro
    美容・健康と心を科学する。。GC America LLC
    Cellular: (310) 634-7070
    e-mail: gcamerica@verizon.net

    awqw4.jpg

    http://www13.ocn.ne.jp/~haiku/index.htm


    ここまで来たか!Jazzyな賛美歌コンサート
    ここまで来たか!のタイトルのごとく、
    今時、教会音楽も、洗練されつくしています。

    稲盛和夫さん率いる盛和塾で御一緒している、
    教授こと、露木りゅうじさんが所属する、
    West Los Angeles の教会で、
    来週7月29日午後8時から、
    この素敵でソウルフルで、Jazzyな、
    コンサートが開かれます。

    会場:WLAHC 
    OMS West Los Angeles Holiness Church
    1710 Butler Avenue, West Los Angeles, CA 90025
    310.473.2130 (voice)


    もちろん、私は参加する予定。
    詳しくは、下記WEBをご覧ください。
    とにかく、うっとりです。

    WEBから試聴もできますよ。


    http://www.mmpmoo.com/ncm2choir/index.shtml


    Cindy Komuro
    美容・健康と心を科学する。。GC America LLC
    Cellular: (310) 634-7070
    e-mail: gcamerica@verizon.net
    opop.jpg

    http://www13.ocn.ne.jp/~haiku/index.htm


    なんだかブックバトン
    山口憲和さんから、ブックバトンが届きました。

    なんだか事情がよくわからないのですが、
    質問にお答えして、バトンを渡すようですので、
    とにかく、お答えいたしましょう。

    ◇◇◇◇

    ダブルバトンだ!soltyさんからブックバトンを
    chip&dailさんから在米日本人バトンをいただきました!

    お答えしていきましょう!
    【ブックバトン】

    1.持っている本の冊数

    数えたことはないのですが、
    引越しの際、箱に42箱ありました。

    一箱に、最低でも40冊ぐらいは入る?
    文庫本だと80冊ぐらいは入る?
    一箱に平均50冊だとして、
    50 X 42 = 2100冊ぐらいは持っているか。。。

    でも、ほとんど倉庫に眠っています。

    引越しの際に、捨てたり、古本屋に売りました。
    その数。。。さらに数百冊はあったと思います。



    2.読みかけの本 または 読もうと思っている本

    「免疫革命」実践編  阿保徹著
    「生き方」 稲盛和夫著
    「シルバー・バーチの霊訓(2)」 シルビア・バーバネル編
    「The New Professionals」 Charles W. King,
    James W. Robinson
    「Leadership 101」 John C. Maxwell


    3.最後に買った本(既読または未読問わず)

    「7つの習慣」スティーブン・R.コビィ著

    4.特別な思い入れのある本

    「The Giving Tree] Shel SilverStein
    「坂本竜馬」   司馬遼太郎著
    「きけわだつみの声」
    「犠牲」  柳田邦夫著



    5.次に回す人5人

    ええと。。。残念ながら、
    ブログを持っている友人が、
    まだあまりいません。

    (私自身が、まだブログ歴わずか3ヶ月あまり)
    個人のメールに回覧してみます。

    【在米日本人バトン】

    1. アメリカのどの地域にお住まいですか?
    カリフォルニア州 ロサンゼルス郡 ランチョパロスバーデス市

    2. 在米何年目ですか?
    24年目です。

    3. アメリカの好きなところ 便利なところは?

    好きなところ
     
    自由と自己責任(これは山口さんと同じですね)
    誰にでもフェア-で、チャンスがある。
    努力すれば、その結果が現われる。
    日本に特有のしがらみに縛られない。
    正直でありのままに生きられる。
           

    便利なところ 

    NO とはっきり言っても人間関係が壊れない基盤がある。
    というか、むしろ、NOといわなければならない。
    システマティックで、合理的


    4.アメリカの不便なところ 嫌なところは?

    不便なところ
     
    LAでは渋滞!(同感)
    電車が無いので、あまり飲めない!

     
    嫌なところ 

    サービス業のレベルが低い(同感)
    たまに人種差別がある場合もある。


    5.これから先 日本で生活したいですかそれともこのままアメリカに永住したいですか?

    永住します!

    Cindy Komuro
    美容・健康と心を科学する。。GC America LLC
    Cellular: (310) 634-7070
    e-mail: gcamerica@verizon.net


    aaai32.jpg

    http://www13.ocn.ne.jp/~haiku/index.htm

    【2005/07/25 14:03】 面白話題 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

    夢は必ず実現する。。 Vol.1028 石の上にも6年 パート2
    パート1に続けて。。。

    3.の藤原先生は、今でこそトールペインティングを
    日本に始めて紹介した人と、
    その道では、知る人ぞ知る。。。教室をいくつももたれて、
    数多くの日米の生徒さんに教授されていらっしゃいますが、
    実は。。。「絵を描く」という作業は、
    もともと不得意で嫌いだったのですって。


    でも、トールペインティングの特殊性、既に下絵があり、
    大人の塗り絵感覚で、技術さえ習得すれば、
    絵が不得意な自分でも、やれる。。。そういう面白さを感じて、
    だんだんとのめりこんでいったのだそうです。

    だから、何でも食べず嫌いにならずに、
    絵が描けない、できない。。。からではなく、
    絵の描けない自分にもできた。。。のですから、
    人の潜在能力は、磨けば光るもの!

    自分にできないと一瞬思っても、
    実は、できるかも知れない。。。と、心をオープンに、
    まずは、やってみることが大切だと強調されていました。

    それは、例えば、Nu Skin界で言えば、
    ほとんど人脈がなかったと言われる若き日の元美容師の五十嵐健さんが、
    逆境にもめげず、約10年を経て、
    昨年10ミリオネアーを達成された。。。

    それを、もし五十嵐さんが人脈が無いから、Nu Skin活動ができない、
    そのように考える人であったら、現在のように数万人のグループを率い、
    今尚、多くの人々に夢と可能性と感動を与えつづけている
    今日の彼はなかったのです。

    さて、藤原先生は、絵が不得意な自分。。。というハンディキャップを、
    逆に、だから、人の2倍、3倍練習しなくっちゃ。。。
    と努力されました。

    これが、絵が得意な人だったとしたら、
    概して、そこまでの練習をしたかどうかはわからないと。

    英語すら充分できない自分が、
    アメリカのトールペインティングを扱っている趣味の店に、
    下手な英語で、身振り手振りを交えながら、
    ペインティングのアルバイトを下さいと!
    一個、わずか50セントのアルバイト代であったものの、
    お金の問題ではなく、できるだけ様々な種類の
    ペインティングの修行をしたかったと!

    1.英語ができない
    2.絵が不得意である
    3.トールペインティングも、趣味としてやっていただけで、プロではない


    以上の条件で、さて、
    アメリカの趣味の店に乗り込んで、トールペインティングの仕事くださいと、
    果たして、100人のうち、何人が、
    藤原先生と同じ行動ができたでしょうか?

    ただもう。。。トールペインティングが大好きで、大好きで、
    修行の場がほしい。。。そう思うと、そういう行動を起すしかなかったと。。。

    「好きこそものの上手なれ」の生き証人のような方ですね。

    ここでも。。。
    絵の才能があるから、ビジネスにつながったのではなく、
    絵の才能がなかったから、人一倍の努力をして、
    彼女なりの人生の成功を手に入れられたのです。


    絵の才能が無いということや、
    英語ができないということや、
    ふんだんな資金が無くて材料費が不十分。。。ということを、
    藤原先生は、言い訳とはしなかった。

    絵の才能がなければ、人一倍修行すればよいと思い、
    英語ができなくても、身振り手振りで何とか通じると思い行動を起し、
    資金がなければ、お店にアルバイト修行を申し出れば、
    材料費もかからず、わずかでも収入になると考える。。。
    これらすべて、「災い転じて福と成す」ポジティブ思考そのものですね。


    ラジコンカーが大好きという趣味が嵩じて。。。
    今やラジコンカー製造販売で従業員280人、
    グループ傘下9社、年商百億円近く、
    つい最近に、上海に自社工場建設を行った、HPIの渡辺社長(43歳)も、
    まさに、好きこそ物の上手なれ。。。を地でいくような方です。

    起業は21歳の時、自宅のガレージから。。。
    もともとは、ラジコンカーが大好きで、
    ラジコンカーレースの世界選手権などに出ていたらしい。

    で、自分の好きなラジコンカー関連を仕事としたいと、
    最初は一人で、ラジコンカーの部品の日本からの輸入から始まり、
    それこそ、やっと何とか食べていけるまでに約6年かかったそうです。

    それが、約20年を経て。。。
    ラジコンカーという特殊単品で、グループ会社9社、
    従業員280人の会社となるのですから、
    普通の人なら、まず、そういう発想は起きないでしょう、多分。

    渡辺社長も、大好きなラジコンカーを世界に広めたいという、
    そういう「夢」があったからこそ。。。
    途中、グループ会社2社を売らねばならない挫折がありながらも、
    今日、ますます躍進されていらっしゃいます。

    自分が挫折して、泣く泣く。。。2社を売り、
    売った相手が、そのうち挫折したので、
    また、自分が、元自分のその会社を買い戻したのですって!

    だから、誰しも。。。
    すべてが右肩あがりで順風満帆ではないのです。

    ならば、いったんNu Skin活動を行うと決めて、
    あれこれなかなか思い通りにうまく行かないからと言って、
    すぐ投げ出したい気持ちになる。。。

    それは、うまくいかなければ誰しもやりたくなくなる気持ちは
    避けられないけれど、
    でも、そんな目先のことではなく、
    来る3年後、5年後、10年後に描く未来の自分の成功した姿を、
    心に明解に描くことができれば、
    どうして、今、こんなに苦しいからと、投げ出す気持ちになるでしょうか?

    パート1で、登場された石井社長の言葉を、もう一度ここに繰り返します。

      やるならやる。
      自分のせいにする。
      成功するまでやる。


    どの業界においても、何をやるにしても、
    成功するための。。。キーワードですね。

    さらに、大好きな言葉は

    「今日の我に明日は勝つ」

    だそうです。

    その絶え間ない上を向いて歩く姿は、
    爽やかな学びと勇気を与えて下さいます。

    同じく、パート1に登場しました藤村社長は、
    こうもおっしゃられていました。

    「円を描く」

    を心がけていらっしゃると。

    つまり、何かを始めたら、円を描くかのように、
    まずは、ひとつひとつ完結していくのが大切だと。


    例えば、顧客から問い合わせの電話、メールがあるとすると、
    答えが無いからそのままほうっておく。。。ではなく、
    現在調査中ですから、3日ぐらいお待ちください。。。と、
    起きる事象を、ひとつひとつ、相手の立場に立って物事を考えて
    完結していくことが大切だと。

    NS活動においても、人と人の信頼関係を築くのが大切なお仕事ですから、
    これからこの「円を描く」を唱えましょう。

    そして、藤原先生は、数え切れない生徒さんを育てられた経験から、
    先生として育っていく人は、習ったことをそのまま何もつつみかくさず、
    今度は、自分の生徒さんに惜しみなく与えるのだそうです。

    けれど、先生としてなかなか育たない人は、
    習ったことを出し惜しみし、
    技術や知識などを隠してしまう傾向があるのだそうです。


    なんとなく、わかりますよね。
    普通の会社の現場でも、
    ポジションを奪われるのを恐れて。。。
    自分の知識やノウハウを、全て部下には教えないタイプの人もいますが、
    そうすると、部下が育たないので。。。
    結局は、自分の統括するチームに、飛翔はありえない。
    自分で自分の首をしめてしまう。。。というわけ。

    NS活動においても、
    きっと。。。同じことが言えるのではないかと思います。

    得た知識、ノウハウ、感動。。。
    それらを、次の人にいかにそのまま伝えることができるか!?


    例え、言葉はたどたどしくとも、
    そのあふれんばかりの感動の気持ちを、
    いかに、あなたの大切な人に伝えることができるか!?
    そして、伝え続けることができるか?

    なんだか。。。たくさん「生きる元気」を頂いた、
    素敵なパネルディスカッションでした。

    だから、私は。。。
    この感動を、あなたにどうしても伝えたい。。。
    そう思ったのです。(^-^)


    御質問、お問い合わせ、大歓迎です!(^-^)v

    あるいは、起業された方、これから起業したい方、
    jEWLで一緒に経営を学んでみませんか?

    こうしたサクセスセミナーや、バザー、
    グルメの会、勉強会と。。様々な活動を行っています。

    楽しいですよ!

    御興味のある方は、御連絡を。

    日本在住の方でも大歓迎です!


    ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

    Cindy Komuro
    美容・健康と心を科学する。。GC America LLC
    Los Angeles, CA, U.S.A.
    Cellular: (310) 634-7070
    e-mail: gcamerica@verizon.net
    6821.jpg

    http://www13.ocn.ne.jp/~haiku/index.htm

    ...read more

    夢は必ず実現する。。 Vol. 1027 石の上にも6年
    昨年の秋、9月11日、
    ロサンゼルス、ダウンタウンの日米文化会館にて、
    私の所属するjEWL(女性経営者の会)主催で、
    ロサンゼルス地元企業で御活躍の経営者の方々をお招きし、
    「思い切ったからこそ実現した」
    パネル・ディスカッションが開催されました。

    パネラーの方は、

    1.石井義弘社長(40代前半)

      Bridge USA(隔週雑誌出版、営業時間まで入ったユニークな
      電話帳発行、
      毎朝午前8時?9時まで、KALIRM 106.3で日本語ラジオ放送、
      レストラン「ララミー」経営、日本情緒豊かな夏祭りの仕掛人)

      思い描いたことを、全てそのまま実現してきた男。
      やるならやる。自分のせいにする。成功するまでやり続ける。。。
      を実践し、超ポジティブ思考で、現在ラジオのDJとしても大活躍中の、
      世の中を明るく楽しくする、LA Life Styleの仕掛け人です。

    2.藤村富士美社長(60代後半)

      Reytec Industries(浄水器、工作機械類、他 輸出入業)
    30年前の37才の時に、幼い子供3人を抱えて離婚後、
      わずか200ドルの資金で起業。
      明日をも知れない日々の生活に、
      3人の幼い子供たちの寝顔を見ながら。。。

      弱音など吐かずに頑張ってきたのに、
      神様にすがりついて御願いしたい。。。
      そこまでの追い詰められた時期すら乗り越え、
      現在は、人生の成功を手中に。

      最初は親子4人の生活を支えるためにと、
      必死でお金を稼ぐことを追いかけた時代もあったけれど、
      ある時から、お金を追いかけない境地になったら、
      むしろ仕事が続々と舞い込み、ビジネスが起動に乗り始め、
      不思議と。。。自然とお金が後から追いかけてきたのだそうです。

      藤村社長を、血縁関係を超えて母として、姉として慕う人も多数。
    (実は、私も自称、妹分の一人です。)

    3.藤原恵子先生(?代)
      
      Country Lane(トールペインティングを日本に初めて紹介した方、
      トールペインティングの日米における教授)
      絵心が無い。。。絵を描くのが不得意。。。と、
      トールペインティング教授からは、まったく対極の場所にいた自分が、
      いつしか、日米をまたにかけて、
      トールペインティングの専門家として教授活動を。

      不得意だと思って、食べず嫌いをせず、何にでも挑戦するのが大切と。
      不得意だからこそ、人一倍の努力が実を結ぶのだと!

    4.渡辺龍郎社長(40代前半)

      Hobby Products International (ラジコンカー製造販売)
      従業員数280名、HPIグループ9社
      (米国、中国、ハワイ、シンガポール。。など)

      三度の飯よりラジコンカーが好き。。。という趣味が高じて、
      21歳の時にガレージから起業。

      約20年を経て。。。いまや、
      世界シェアNO.1を誇るラジコンカー・メーカーに!

      盛和塾LA支部の主要メンバーで、稲盛哲学を実践し、
      「心を高め、経営に生かす」をモットーにさらに躍進中。

    それぞれの業界で大活躍の経営者の皆様方から、
    たいへん興味深いお話を伺いました。

    6年ですって!

    起したビジネスで、それぞれなんとか食べられるようになった。。。のは、
    どの方もかれこれ。。。6年ぐらいかかったのですって。


    皆さん、最初から有り余る資金に裏打ちされた恵まれた起業ではなく、
    それこそ、数百ドルから、数千ドル単位にすぎない資金から始まっている!

    石の上にも3年どころか、6年!

    それでも、やり続けたから、今日の成功があるのは、
    何もNu Skin界だけではなさそうです。

    他のビジネスの世界では、同じ業界の先輩たちは、むしろ競争に走り、
    決して、手取り足取り教えてくれない。。。
    他人の成功のために、心からサポートなどしてはくれない、
    そういう孤立無援の状態から、
    それこそ、なんとか食べられるようになるのに、
    6年!もかかりながらも、それでも根性と情熱でやりきった方が、
    今日の成功を手にしている。。。のです。

    ネットワーク・ビジネスとて、他のビジネスとなんら変わりはありません。

    ネットワーク・ビジネスと聞くと、ネットワーク・ビジネスの真髄をまだ知らない方にとっては、
    なにやらイージービジネス、一攫千金、濡れ手にあわ。。。のごとく
    お金をつかむかのそういうイメージを持つ人も多いのですが、
    実は、ネットワーク・ビジネスで成功すれば、
    他のどのビジネスでも成功するであろうと言われるぐらい。。。
    地道な努力と、ポジティブ思考と、人間力とリーダーシップが必要です。


    たいへん、奥の深い、やりがいのあるビジネス・システムなのです。
    そして、初期投資金がほとんどいらず。。。
    最大限の成功を収めることが出来ます。


    さて、1.の石井社長さんは、こう言われました。

      やるならやる。

      自分のせいにする。

      成功するまでやる。


    やると決めたら、とことんやって、
    成功するまでやれば、失敗など起きない!

    なおかつ、親のせい、会社のせい、社会のせい。。。と、
    他人のせいにばかりにしていたら、常に逃げの状態である。
    つまりは、自分のせいと思いきるべきだと。
    それでこそ。。。自分自身の成長があると!

    元会社員、けれど今から15年前に、
    わずか2000ドルの資本金を元に、
    東芝のワープロ「ルポ」1000ドル一台きり。。。
    の資産から始まったBridge USA。

    出版界がどういうものかも、雑誌発行がどういうものかも皆目知らず、
    始まってしまったという、今日のBridge USA。

    毎日工夫を重ね、失敗したら、二度と同じ過ちをしないと、
    ひとつひとつ努力し、成功するまでやり続けていたら。。。
    今日の成功が待っていたのだそうです。

    それは、同じく、2の藤村社長も、
    3人の幼い子供たちを抱えての突然の離婚に、
    当時、今ほど英語力もなく、日本企業も進出しておらず、
    なかなか好条件で雇ってくれるところもなく、
    だから起業せざるを得なかったのだそうです。

    資金もほとんどなく。。。けれど、運命のめぐり合わせで、
    わずか200ドルの資金を元に、
    離婚を取り扱ってくれた弁護士さんが会社設立を支援して下さって起業。

    たまたまやることになった、輸出入業。
    最初は、Invoiceが何か?船積み書類が何か?すらも知らないところから始まった。。。
    汗と涙と苦労の連続。。。

    人脈もない中、パンフレットなるものを作成し、
    手書きのセールスレターを作成。
    けれど、日本に送る十分な切手代すらもなく。。。
    せいぜい50社に送るのがやっと。

    その50社の中から、大手一社だけからお返事があったのだそう。

    初めての大口注文が、オリベッティのタイプライター100台を、
    日本に輸出して欲しいという注文だったそうで、
    Invoiceの意味も、輸出のABCすらも知らなかった藤村社長が、
    その時に、天にも昇らんばかりに嬉しかった気持ちが。。。
    胸に迫って想像できるような気がしました。

    そんな手作りの時代から始まり、何が起ころうと、
    どんな苦難が降りかかろうと、
    知恵を働かせ、30年間やり続けたからこそ。。。
    現在の人生の成功がある!


    さて。。。

    今成功されていらっしゃる方々には、とても手が届かない。。。
    そんな風に、はなからあきらめてしまっていませんか?

    もちろん、成功者の中には最初から好条件が揃っている方々も
    確かにいらっしゃるでしょうが、
    でも、多くは。。。資金も、人脈も、販売網も、知識すら無い中、
    知恵と、努力と、素直さと、熱意と、苦労と、忍耐と、継続。。。で、
    ポジティブ思考をベースに、
    頑張ってきた成功者の方が多いのではないかと思います。


    過去約2年弱で、ある意味ほとんど人脈のなかった私は
    それでも一日必ず一人は語る。。。を実践していたら、
    約1000名の方とお話しさせて頂きました。

    Nu Skinビジネスシステムは、本来その大きな特徴のひとつである、
    とにかく、最初の資本投下が必要無いビジネス・システムです。
    だから、他のビジネスに必要な、
    何万ドル、何十万ドルの初期投資は必要ありません。

    さて、私が過去お話しする機会のあった約1000人の一般の方々において、多くは。。。
    自分には

    1.人脈が無い、

    2.知識もない、

    3.販売網も無い、

    4.とにかく時間が無い。。。



    これらの言葉は大変よく聞かされました。

    一方で。。。
    私の所属するjEWL(女性経営者の会)や、
    盛和塾の現役で活躍されている経営者たち約100名の方々は、
    人脈が無いから。。。知識が無いから。。。
    販売網も無いから。。。時間が無いから。。。
    などということを理由として、
    何かを始めなかった人たちではありません。


    でも、今でこそ経営者として成功している、
    あるいは成功途上の人たちも、
    最初は、あなたと変わらない。。。
    人脈も知識も販売網も時間も無い。。。
    ごく普通の人だったのです。

    では、5年、10年、20年を経て。。。
    かつては、ごく普通の平凡なサラリーマンだったかも知れない人たちが、
    いったい、何が違っていたのか?

    それは、成功したいという強い思い、情熱!

    超ポジティブ思考で、ゼロの状態から何かを作り出すエネルギーを持った人たちだとわかります。


    思いがかなう。。。
    心構えが、人生を変える。。。
    とはよく聞くところですが、
    最近とみに、各業界の成功者の方々と接触する機会が増えた中において、
    確かに。。。
    成功したいという強い思いや確信、
    何かを達成したいという情熱、
    そして、絶対にやり遂げるという決心。。。
    それらが、成功への道筋を約束してくれる条件だと感じます。

    成功する。。。ことは、
    最初から人脈を既に持っていることでもなく、
    ありあまる知識が既にあることではなく、
    既にある販売網や、ふんだんな時間を最初から持っていることではなく、
    目に見えない、あなた自身の心の中にあるものだと、
    そして、自分の心の中でこれから育てていくものと。。。そう思います。

    さて、いかがでしょうか?
    もう一度、自分の心と向き合ってみませんか?

    そして、人脈も、販売網も、時間すらも、
    今から創り出すところから、始めてみませんか?

    そして、あなたにも出来るということを信じるところから、
    始めてみませんか?


    ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

    Cindy Komuro
    美容・健康と心を科学する。。GC America LLC
    Cellular: (310) 634-7070
    e-mail: gcamerica@verizon.net
    gg81.jpg

    http://www13.ocn.ne.jp/~haiku/index.htm

    http://blog.livedoor.jp/cell3102798848/tb.cgi/28719173


    夢は必ず実現する。。 Vol. 1026 乳癌患者は女性の8人に一人
    女性の8人に一人が、乳癌になるそうです。
    そのぐらい、女性が女性であるというだけのことで、
    危険性の高いのが、乳癌なのだそうです。

    アメリカでは、年間20万人の新規乳癌患者が増え、
    毎年4万6千人が乳癌で亡くなるそうです。

    とはいえ、早期発見で、
    数ある癌の中でも、命の危険性が少ないのも乳癌だそうです。

    とはいえ。。。

    「乳癌を発現させるある特定の遺伝子 BRCA がある方は、
     例えば片方の乳房に、乳癌が見つかった場合、

     50%?85%

     の確率で、もう一方の乳房にも、
     子宮、卵巣にも癌が転移し発現するので、
     それは、ほぼ確実に再発するということである。

     そういう場合、両方の乳房も、子宮も全て摘出する。」


    と聞いて。。。
    もし私が患者だった場合、
    患者側の正直な気持ちとしては、一人の女性として、
    とてもこのような処置をして欲しくはないと思いました。

    まず、この50%?85%という%の開きは何を意味するのか?

    なおかつ、逆に言えば、例えばそのパセンテージを使うにしても、
    50%?15%の患者は、
    もう一方の乳房にも、子宮にも癌は発現しない。。。
    そういう言い方もあるのではないかと思いました。


    ◇◇◇◇◇

    まだ、恥じらいの残る(?)20才の頃、
    片胸に、なんだか違和感を覚えました。

    それは、その後1週間で、むくむくと、体内の細胞が沸き立つ感じで、
    あっという間に、ソラマメ大の塊を形成してしまいました。

    何なんだぁ。。。?

    しばらく、病院に行くことが躊躇されました。
    これは、癌か?
    そして、自分の命は、向こう何年とか、何ヶ月とか、限られた命なのか?

    ふと。。。
    昔読んだ漫画、山岸涼子さんの漫画だったか、
    人には、それぞれに命の蝋燭(ろうそく)というものがあって、
    その蝋燭(ろうそく)の長さによって、寿命が決められていると。。。

    だから、突然、私の中には、
    自分のこの背中に、ほんの短い蝋燭(ろうそく)しか背負っていない。。。
    そういうイメージが描かれたのでした。

    そして、泣きそうでした。。。

    今から何十年も前のお話です。
    当時の日本の医療レベルは。。。
    はっきり言って、かなり遅れているといえたかも知れません。

    大学病院も、市民病院も、私立病院もと、
    3箇所を回って、そのどこからも、

    「癌かも知れないから、すぐ切りなさい」

    医者からは、どこに行ってもそう言われました。

    「切らなければ、癌かどうかはわからない。」

    切るにしても、その部分だけと言うわけにはいかず、
    胸の形が変形するぐらい、かなりえぐって切り取らねばならないと、
    冷たくビジネスライクに医者から宣告されたのでした。

    20才。
    そして、まだ嫁入り前!
    結婚すらしていない、
    子供すら産んでいない、
    そんな状況下で、片胸を抉り(えぐり)取る?

    やだ???!

    絶対に、やだ????!


    例え、癌であったとしても、
    片胸を抉り取るなど、どうして出来ようか!

    本人は、ほとんどヒロインですよ。ほんと。
    だから、癌で死ぬとしても、絶対に乳房だけは切り取るまい!
    何の根拠もなく、そう決めたのでした。

    とはいえ。。。
    病院を捜し求めてまわっているうち、半年が過ぎ。。。
    あまりのストレスレベルに、とうとう生理すら止まってしまうほどに。

    ある時、叔父の一人が、
    大阪市立大学の教授が、私のようなケースが若い女性に増えていると、
    新聞に記事が掲載されていると知らせてくれ、
    大阪市立大学に教授尋ねて診察に行ったのです。

    検査の結果。。。「乳腺繊維腺症」という、
    女性ホルモンのアンバランスの結果起きる乳腺の繊維化、
    つまりは、良性の腫瘍とのことで、切らなくてもよいと。

    いずれ、家庭を持って子供を生めば、
    また、ホルモンのバランスが変わって、消える可能性もあると。

    あぁぁぁぁぁぁぁ!

    よかったぁ。。。


    やたらめったら、最初の3つの病院の医者の言うことを聞かず、
    片胸を切らなくって、ほんとうに良かった。

    と、たまたま、私の場合は、ラッキーなケースだったかも知れません。

    でも、その結果が出るまでの6ヶ月は、
    生きた心地もしませんでした。

    そして、温存できるかも知れないのに、
    やたらめったら、切ればよい。。。
    そういう考え方には、あまり賛成できないのでした。

    人は、生き物です。
    感情を持った生き物で、その人の大切な生活や人生があります。
    モルモットではありません。

    ベストセラー「免疫革命」を著した阿保徹教授の言葉の数々が、
    こういう時にしみじみ心に染みとおります。

    「癌は切ればよい。。。ではなく、

     癌ができる体質を

     どうにかしなければならない。」


    体質は、結局は長年の生活習慣、食習慣から作られるものなのです。

    予防医学とは、単に早期発見のためだけでなく、
    病気にならない体質を作り出すこと!

    それには、体が必要な栄養素を摂取し、
    規則正しい健康的な生活習慣を作ること、
    それがもっとも有効な方法です。

    さて。。。
    あなたが女性だったとして、
    検査の結果、BRCAの遺伝子があるので、
    両方の乳房と、子宮を全て切りましょう。

    そう言われて、まだ癌すらも発見されていないもう一つの乳房と、
    子宮を、医者に言われるままに、切り取る勇気はありますか?

    難しい問題ですね。
    きっと、各自の価値観がかかわることでしょう。

    そして、今の私は、自分の納得の行く形で、
    臨床データ-を伴う、科学的根拠あるサプリメントを摂取しているので、
    とっても日々安心しています。

    願わくば。。。
    上記のような「全部切り取る」などなど。。。
    そういう事情が発生しませんように。
    そして、いつまでも、より若く美しく健康的に、生きていかれますように?!

    皆さまのためにも、ここにお祈りいたしましょう。

    Cindy Komuro
    美容・健康と心を科学する。。GC America LLC
    Cellular: (310) 634-7070
    e-mail: gcamerica@verizon.net
    tukusi32.jpg

    http://www13.ocn.ne.jp/~haiku/index.htm


    夢は必ず実現する。。Vol. 1025 成功する誰もが通る「通り道」
    周りに誰も話せる人もいなくって、
    とにかく忙しくって。。。

    サプリだって、飲めば痩せるって聞いていたのに、
    ちっとも効かずに、かえって太ってきたし、
    風邪だってひいたから、あまり効果は無いと思って、
    もう解約しちゃったし。。。

    とても忙し過ぎて、
    転職して営業から変わって、
    外に出る仕事ではなく、デスクワークだから、
    人と会うチャンスも無いから、ビジネスだって出来ない。。。

    誰も入会してくれないし、
    だから、続けられない。。。

    そう言って、独身でA子ちゃん(20才代後半)は、ぼやいたのでした。

    だから、こう聞いたの。

    「A子ちゃんは、サプリを飲み始めて、何ヶ月?」

    A子ちゃんは、答えました。

    3ヶ月。。。」

    「たった3ヶ月で、何ができると思う?」


    ◇◇◇◇◇

    だから、こうお話ししたのでした。

    私は、A子ちゃんより、○○才年上だよ。
    (この○が二つあるってところが。。。ミソ)(爆)
    それに、家庭もあって、子供もいる。
    おまけに、仕事を3つも持っている。

    多分、自分ひとりのことを心配していればよいA子ちゃんより
    はるかにもっともっと忙しいと思う。

    その私が、決してあきらめることなく、
    2年で300人会員と結果を出してる。


    何が違うと思う?
    成功したいという強い思いと、
    忙しいのは同じでも、その優先順位のつけ方や、
    手の抜き方、処理の仕方、考え方がきっと違うと思う。


    人間の体を作っている細胞の話をしたよね。
    3ヶ月で、体質は変わらないよ。

    体の85%の細胞は、常に代謝を繰り返し生まれ変わっていて、
    平均的に200日、細胞が生まれかわって体質が変わるのに
    最低でも約半年はかかる。

    3ヶ月では、とてもじゃないけれど、
    目に見える体質改善は、残念ながら一目瞭然にはわからないかも。

    でもね、1ヶ月、2ヶ月単位でも、
    例えば、寝覚めがよくなったとか、
    お通じの回数や状態がよくなったとか、
    ぐっすり眠れるようになったとか、
    疲れ知らずのごとく、エネルギーが体に満ちてきたとか。。。
    前のように疲労で倒れこむようなことがなくなったとか。。。

    そういうさりげない効果を感じる人もいるけれど、
    でも、たいていは、やっぱり健康つくりは、
    最低でも半年、1年単位で考えなくちゃ。

    私は、2年半サプリを飲みつづけて、
    Bio Photonics Scannerの健康値は、
    最初何もしていない時で 26,000 ポイント、
    2年半サプリを飲んだ後の今は、52,000 ポイント。


    Scannerの存在のお陰で、
    摂取しているサプリが本当に細胞レベルで酸化を防ぎ、
    ひいては、老化を緩め、
    栄養素が細胞を守ってくれていることがつぶさにわかる!


    だから、ここ2年ばかりはほとんど風邪もひいていないし、
    ぐずぐず言いそうになっても、
    純度97%のカテキン(EgCg)入りのTegreen97で、
    翌日には、症状がすっきり消えている。

    私は、経理・財務が本業だから、
    営業をやっているA子ちゃんよりもっと人脈はなくて、

    けれど、「成功したい!」という強い思いで、

    人脈がなければ、何をすればよいか?

    自分に何ができるか?

    を必死で考えた。



    だから、車にガソリンを入れる時には、
    毎回違うガソリンスタンドに行ったり、
    ランチタイムに毎日違うレストランに通い、
    ウェイター、ウェイトレス、お店の大将、
    本屋はもとより、クリーニング屋、お惣菜屋、窓屋、掃除屋。。。
    ありとあらゆる生活圏の出会う人に語ったよ。

    はては、わざわざ(?)会社に来てくれる、
    お掃除のお兄ちゃん、おじさん達にすらも、語った。
    3K職業だから、毎週派遣される人材が変わってるから、
    話す人には困らなかった(^^;)

    一日最低1人に語る。。。

    ただそれだけを実行してきただけ。

    一日最低1人に語るを。。。

    ただ継続して今も実行しつづけているだけ。



    3ヶ月目で代理店になる為のLOI(Letter of Intent)を出した時、
    もう必死だった。

    月、火、水、木、金、土、日。。。と、
    それこそ、月、月、火、水、木、金、金のごとく、
    あの手この手で、とにかく3週間ぶっ続けでアップラインにABC。

    だから、その月、一気に20人も入会してくださった。
    それが、私の始まりだった。

    A子ちゃんは、今まで何人ABCにお連れしたっけ?

    「。。。さ、3人。。。」


    ◇◇◇◇◇

    最初の2ヶ月は、150人に語って、
    登録できたのはたったの9人だった。

    見事に141人に断られ、
    それでも平気だった。

    だって、かなえたい夢があったもの。

    今もかなえたい夢があるもの。

    これからも、かなえたい夢が

    ありつづけるもの。。。


    ◇◇◇◇◇

    「ミリオネアーになりたいなんていうのは、
     人々を助けていることに生きがいを持ってやっている私とは
     Cindyさんはちょっと違う世界だと思うんだな。」


    今日もまたそんな風に言われた。

    あたかも、私がお金ばかり追いかけている金亡者で、
    世間からさげすまれる存在であるかのごとく。
    それも、親しい人に。

    世間の一部の人々は、あまりにも本当のことを知らずに、
    ネットワーク系というと、あたかも金亡者で、自分の利益ばかり、
    一攫千金を追い求めている。。。そう断罪するかのごとく、
    言い放つ。。。

    ところが、このネットワーク・ビジネスで成功するには、
    心を磨き、高め、強烈な善のリーダーシップを発揮し、
    人々を勇気付け、方向を指し示し、先導し、
    純粋は心で、他人を利する

    「利他の心」

    を優先しなければ、
    とても成功していけない。


    一般の人は、それをあまりにも知らない。

    ◇◇◇◇◇

    私には、かなえたい夢がある。

    それは、日本に100万人いるといわれている、
    精神を病んだ方々の社会復帰トレーニングセンターを作ること。
    その為には、ふんだんな資金がいる。


    会社員のままじゃ、

    生活に追われるばかりで、

    結局何も出来ない。


    24年間という長い長い年月を、
    法律を守り、まじめで従順な会社員、市民として生きてきた。
    そんな私に、いったい何ができたであろう?


    世間様に迷惑がかからないようにと、
    自分と自分の家族を守って生きるだけで、精一杯だった。

    世のため、人のため、

    実質的に社会に尽くせる人間となる為に、


    だからこそ、

    ネットワークビジネスをやっている。



    初期投資もほとんどいらず、
    店舗も構えず、人材も在庫も抱えず、
    自分の明るさと、ポジティブ思考と、素直さと、熱心さ、
    それだけで、ここまで頑張ってきた。

    そして、それこそが成功者の条件だと、
    成功者に口を揃えて言われる。
    だから、それを素直に信じている。


    ◇◇◇◇◇

    私の生涯の味方である人が、
    何が起こっても、私を信じてくれる人が、
    こう言ってくれた。

    それは「通り道」なんだよって。

    今よりも先に進もうとする人、誰もが通る道。
    悪く言う人が出て初めて自分の存在感が大きくなり始めている証拠。
    よかった、よかったって。


    次のステップに行った時、
    その人たちは、誰もが声を揃えて、

    「あの人はいい人だよ、

     ああなると思っていたよ」


    と言うんだって。

    だから、悪く言う人が出てきて、

    おめでとうって。


    なんだ、そうなのか。
    これは、おめでとうって言われて、
    喜ばなければならないことだったんだ。。。(笑)


    ◇◇◇◇◇

    2年半前、多分私もA子ちゃんと同じ土俵だった。
    でも、こうして私のことを聞いていて、
    自分と何が違うと思う?

    聡明なA子ちゃんには、わかるよね、

    これから、何をどうすべきなのか。。。

    そして、どう考えるべきなのか、

    どう行動するべきなのか。。。!

    あなたにはそれができると、私には見える。

    そう信じている。


    GOOD LUCK!


    Cindy Komuro
    美容・健康と心を科学する。。GC America LLC
    Cellular: (310) 634-7070
    e-mail: gcamerica@verizon.net
    burusuta1hh.jpg

    http://www13.ocn.ne.jp/~haiku/index.htm


    子供の「食」を見直す!
    7月5日の読売新聞の記事

    「子供の食を見直す-- 「野菜嫌い」授業で解消」

    が送られてきました。

    文部省の外郭団体が2000年度に調べたアンケートで、
    小中学生の嫌いな食べ物ベスト10のうち8種類までが野菜だそうです。


    嫌いな料理の1位は、サラダ、

    2位は野菜炒めだったそうです。


    大人だけでなく、子供の食生活も乱れ、

    1.栄養バランスの悪化、

    2.朝食抜き

    3.一人で食べる「孤食」



    と、忙しいお母さんにとっては、

    どきっ!

    ですよね。


    異常に高カロリー食で取り囲まれた現代。
    カロリーさえあれば、少なくとも生きてはいけますが、
    実は、その高カロリー食が、
    アメリカにおいても、
    国民の60%以上の肥満症の方を生み出しています。

    衝撃的な「Super Size Me」の映画は、
    もうご覧になられましたか?

    一ヶ月間、スーパーサイズのハンバーガーを食べ続けて、
    たった1ヶ月で14キロも太った人の
    企画ドキュメンタリーです。

    肥満は、高脂血症、高血圧、糖尿病ともならび、
    生活習慣病における死の四重奏の一つでもあります。

    そんな、かつては成人病とも呼ばれていた大人の病気が。。。
    今では、現代の食環境のドラスティックな変化から、
    子供たちにも成人病が起こり始め、
    もう成人病と呼べなくなったため、

    「生活習慣病」

    と名前が変更された経緯があります。


    あなたのたいせつなお子さん方は

    本当に大丈夫ですか?



    生活習慣病は、名前の通り、生活習慣から来る病気ですから、
    生活習慣や、食習慣を変えることにより、
    必ず直ります!

    15年?20年をかけて成長していく「癌」ですらも、
    生活習慣、食習慣を変えることにより、
    癌にならなくなる体質!を作ることが出来ます。

    先日渡米された名古屋の杉本佳世子先生のお話は、
    衝撃的でしたね!

    「癌」細胞は、自ら増殖をするために、
    自分の癌細胞に、道なき道をかきわけ血管を無数に引っ張ってくると。。。

    「免疫革命」を著した阿保徹教授も、
    同じく、極力、主流の西洋医学で行われる、
    癌は切ればよい!の考え方ではなく、
    放射線を当てればよい!の考え方ではなく、
    切れば直るのではなく、


    癌ができたという「体質」を変えなければ、

    また、再発につながることの重要性を

    説かれていました。


    病気にならない体質を作る食事内容、生活習慣を、
    今一度、真剣に考え直してみましょう。

    御質問は、御遠慮なく、Cindyまで。


    Cindy Komuro
    美容・健康と心を科学する。。GC America LLC
    Cellular: (310) 634-7070
    e-mail: gcamerica@verizon.net
    puchitomato.jpg

    http://www13.ocn.ne.jp/~haiku/index.htm

    【2005/07/18 15:42】 健康-内臓一般 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

    夢は必ず実現する。。 Vol. 1024  強い思いを抱く
    活動し始めて何が大変か?と言うと、
    まず偏見や先入観を持っている方で、
    相手を言い負かさなければ気が済まない。。。
    そういう方々との対面があります。

    でも、それはやみくもに対立するのではなく、
    相手をまず認めてあげて、
    お互い、人間同士に共通する幸せの接点を探すこと。。。

    そこから始まっていく信頼関係もある。。。かも知れません。

    そうすることにより、あなたのアサーティブネスが磨かれます。

    けれど、何よりも、何が一番大変か?というと、
    何かの事情や起こってくるイベントによって、


    あぁぁぁ。。。

    こんなことが起こるなら、

     もうやめてしまいたい。。。」


    そう思ってしまう自分自身です。

    各自の感性や心の許容量において、
    それは容赦なく、これでもか、これでもか。。。と、
    襲ってくる時期が誰にでもあります。


    その「やめてしまいたい」という気持ちを、

    「いや、待てよ。

    だから絶対にやめたくはない」


    と思う気持ちに昇華させてくれるだけの、
    自分なりの大義名分、やる理由やその強い動機が育っていなければ、
    たいていの方は、ものの見事に崩れて諦めてしまいます。

    だから、100人が挑戦して、1年後には8人しか残らない。。。
    そのように言われるのです。

    一重に、自分自身の心の闘いに、
    ある意味、負けてしまう。。。ということでもあります。

    自分自身に負けないためには、
    目指す目標が、お金や、自分の幸せのためだけでは駄目です。

    社会的意義を持ち、世のため、人のために尽くせることを目指してこそ、
    最後までやりとおす力がみなぎります。

    心に思い描くことは実現すると、どの成功哲学でも言われますが、
    逆説的に言えば、心に思い描かないことは、
    絶対に起こることは無い。。。ということです


    絶対にやめたくはない!と思っていない限り、
    普通の人は、ちょっと困難にぶつかると、
    すぐやめてしまう人が多いのが現状なのです。

    でも、逆に、絶対に成功したい!
    世のため、人のために役に立ちたい!
    そういう強い思いがあるのなら、

    「思いを遂げるまで、

    絶対にやめたくない、やめられない、

     絶対に成功したい」



    そういう強い思いを抱きつづけるので、
    成功が待っているのです。


    Cindy Komuro
    美容・健康と心を科学する。。GC America LLC
    Cellular: (310) 634-7070
    e-mail: gcamerica@verizon.net

    yagu2.jpg

    http://www13.ocn.ne.jp/~haiku/index.htm


    7月20日(水)ドクターによる健康セミナー
    こんにちは、皆さま、

    来る7月20日に、jEWL(女性経営者の会)主催で、

    【女性の健康を考えるセミナー】

    が開催されます。

    講師の方々:

    「健康とカイロプラクティック」  講師:Dr菊入真紀  

    「婦人病と女性の健康について」   講師:Dr大庭千里


    日時:  7月20日(水)午後6時?午後9時まで

    場所:  New Gardena Hotel
    1641 West Redondo Beach Blvd.
    Gardena, CA
    Tel: (310) 327-5757

    セミナー費用:  一般会員  $25.00 (軽食付)
       jEWL会員  $20.00 (軽食付)

    お申し込みは、Cindyまで。
    gcamerica@verizon.net
    Cellular: (310) 634-7070


    実は、このメール情報を見逃していて、
    〆切りは過ぎてしまっています。
    すみません。。。私が最近あまりに多忙を極めすぎて、
    見逃しておりました。

    間に合わなければ。。。軽食の準備には遅れるかも知れず、
    御連絡を頂く日時によっては、軽食はつかない可能性もあります。

    参加御希望の方は、Cindyまで早急にお返事してくださいね。
    至急、jEWLの担当の方々にお願いしてみます。

    ドクターによる健康セミナーはあまり頻繁には行われないので、
    たくさん日ごろ気になる質問事項を質問できる、
    貴重な機会ですので、
    地元ロサンゼルス地区の方は、
    ぜひふるって御参加くださいな。(^-^)

    特に、大庭先生の講演は、前回も大変好評だったそうですよ!

    Cindy Komuro
    美容・健康と心を科学する。。GC America LLC
    Los Angeles, CA U.S.A.
    Cellular: (310) 634-7070
    e-mail; gcamerica@verizon.net

    1aji.jpg

    http://www13.ocn.ne.jp/~haiku/index.htm


    夢は必ず実現する。。 Vol. 1023  芸術の極み
    ビデオ屋に立ち寄ったら、
    棚に置かれた

    「CHEMISTRY in SUNTORY HALL ?響き?」
     a CHEMISTRY JOINT 029


    に吸い寄せられました。

    CHEMISTRYと、東京フィルハーモニー楽団とのジョイントです。
    オーケストラをバックに歌うCHEMISTRYも、
    さらに。。。素晴らしかったですね。

    指揮者の金聖響さんもしかり、
    東京フィルハーモニー楽団の織り成すサウンドは、
    まさに、芸術の極み!でした。

    特に、まだ年若くみえる指揮者の金さんの指揮姿は、
    歯切れがよく、とにかく迫力を感じさせてくれました。

    さらに、東京フィルハーモニーの何十人のサウンドも、
    切れがよく、的確で、思わず鳥肌が立ちそうでした。

    CHEMISTRYのおなじみの大ヒット曲、

    「You Go Your Way」

    あまりにも優しく甘い調べと、
    あまりにも切ない言葉の数々。。。

    瞳を閉じて。。。
    別世界にいました。

    同じく、Nu Skin活動における自分の仕事の質も、
    プロ根性に徹し、完璧を目指し、
    誰にも負けない地道な努力を重ねて、
    人々に、この人は何か違う。。。
    そういう迫力を感じていただけるようになれればと。。。

    人々に感動を作り出せるそんな自分でいたいと、
    そう。。。思いつづけています。


    ◇◇◇◇◇


    麻生哲郎氏作詞、
    CHEMISTRYの曲「アシタヘカエル」の歌詞、
    覚えていらっしゃいますか?

    そして。。。つぶやくように謳うケミストリーの、
    心に染み渡る美声や、
    切々と訴えるかの美しい調べにこの詩を乗せて。。。

    このリリックは、なんとNS活動を表しているのだろうか!。。。と、
    感心した次第なのです。

    目指した場所は、自分にとっての「成功」だし、
    自分が本当にやりたい、生きたい人生の目標が
    実現出来る場所だし。。。

    同じ場所で足踏みばかりして、
    言い訳ばかりを繰り返していても、
    ただ同じ場所に立ち尽くし続けるだけだし。。。

    真面目に仕事して、
    家族の為に奉仕して、
    そうやってバランスとって一生懸命毎日を生きているようで。。。
    その同じ場所への踏ん張りは、
    それは、単に、新しいことに飛び込むことを拒否し、
    人生を変えていくことを拒否し、
    昨日と同じ、今日と同じ、そして明日も同じ、
    何の変哲もない同じ日常を、今も、1年後も、10年後も、50年後も、
    繰り返そうとしている。。。
    「安全」と「安定」と「安住」の下に。。。


    でも、それだと、一方で安定しているようで、
    きっと心のどこかで「ため息」をついているかも知れない自分がいるかも。。。

    同じ事を繰り返して、
    毎日、少しづつ、自分のやりたいことや、やりたかったことを、
    1mmづつあきらめていく人生を。。。
    本当は、あきあきして変えたい。。。と思っている自分がいるのかも。

    ほんの少しの余分の勇気で、
    一歩踏み出せば。。。
    景色(人生)だって少しづつ変わっていく。。。

    昨日のボクを繰り返すだけの 明日にならないように

    アシタへ歩きながら帰ろう

    いかがでしょうか?
    いいでしょ、この詩。
    インスピレーション沸きそうでしょ?
    曲もとってもいいのです。

    通勤途上で何度も繰り返し聞きながら、
    朝から。。。なんだか心が癒されるんですね。。。

    Cindy Komuro
    美容・健康と心を科学する。。GC America LLC
    Cellular: (310) 634-7070
    e-mail: gcamerica@verizon.net

    p05-1.png

    http://www13.ocn.ne.jp/~haiku/index.htm


    検証73:この世の果て。。日はまた昇る。 パート2
    作り物の自分と、本当の自分の、
    とてつもない心の葛藤が始まったとき、
    ぎしぎしと音をたてて、きっと人格が壊れていったのだと思う。

    何も知らない、幸せそうな友人の家庭に呼ばれて、
    親子でほほえましい家族関係を繰り広げていたなら、
    それは、ひょっとしたら、
    私が手に入れていた幸せの形だったかも。。。
    けれど、ひょっとしたら、
    私にはもう手に入れることが出来ない形かも。。。
    そうやって、相反する気持ちが錯綜する。

    けれど、ポーカーフェイスは、完璧だったと思う。
    誰も、この世の果てにも似た私の心の荒廃に
    気付く人はいなかっただろう。。。

    今までそこそこうまくやりこなしてきたというプライドがあって、
    弱みを曝け出す。。。ことなど絶対に出来なかった。
    自分自身に、挫折などあってはならないことだった。

    その目の前の幸せの形が、例えささやかなものであっても、
    明日を見つめて生きていける原動力のかけらだったりするのだから。

    明日、途方もない悲劇が待ち構えているとしても、
    今日の日に、幸福感を感じて心から笑えるということ、
    泣いたり、笑ったり、喜んだり、悲しんだり、
    それでも生きていくのが、人生ではないのか。。。

    苛立ちや、嫉妬の気持ちが起きていたなら、
    まだ救われたかも知れない。
    なのに。。。その感情すら湧かないという悲壮。

    「感情」の全てを失うということは、
    何も感じないということ。


    それは、どこまで行っても、永遠に続くモノクロ世界の単調な道を、
    ただ、ひたすら、何の意味もなく、目的も無くどこまでも歩いていくということ。。。

    けれど、普通の自分を演出する為に、
    いつも完璧なまでに巧妙に作られた笑いをしている。。。
    その作り物の笑いに、人々は、気付きもしない。

    掻き毟るぐらい苦しい心を抱えていても、
    それでも一生懸命作り笑いをしているしかない自分。
    それは、自分のためではなく、
    人からどう思われるかを。。。それでも気にしている悲しいまでの性。

    テレビでお笑い芸人が、どたばた爆笑劇を演じている、
    いつもなら、げはげは、笑っていた自分がいたのに、
    今は、もう笑えない。

    誰もが泣いてしまう、映画を見にいっても、
    何故、観客が泣くのか、まったく心に入ってこない。

    忘れもしない。。。
    当時リバイバルで上映された、
    「時計仕掛けのオレンジ」とかいう訳のわからないアブストラクトな映画を見て、
    反吐を吐いた。。。無性に苦しかった。
    もう、どう生きていけばよいのか、わからなかった。
    世界がぐるぐると回って、もう全てが終わりだと思った。


    「。。。。。」

    きっかけは。。。「さだまさし」だった。
    恒例の夏の長崎ライブのカセットテープ。

    コンサートツアーで訪れたホテルで、
    エレベーターを待っていたら、
    妙齢の素敵な女性がエレベーターから降りてきたんだって。

    それでその女性の後姿に見とれながら、
    ひとりきり、エレベーターに乗ってドアが閉まったら。。。
    「うっ!ほのかな。。。お○らちゃんの香りが漂う。。。」

    あの妙齢の女性は、エレベーターを出る間際に、
    お○らちゃんの残り香を残して降りていった。

    それだけならまだしも、次の階でばーんとドアが開いて、
    新しく人がエレベーターに乗ってきた。
    やはり、異様な残り香に気付いて、自分のせいだと思われた。。。云々。

    なぜか笑った、笑った。。。6ヶ月ぶりに笑った。。。
    涙を出すほど笑った。。。
    ちょっぴり、無理矢理の笑いも含まれていたかも知れないけれど。

    「さだまさし」は、いつも悲しいほどに人に優しい。

    それから始まった、自己流リハビリ。

    毎朝、毎晩、鏡に向かって、にんまり笑う。
    おかしくなくても、にんまり笑う。げはげは笑う。
    「自分は絶対大丈夫だ!」って、
    ちっとも大丈夫じゃなくっても、繰り返し繰り返し、声に出して言う。

    「いいじゃない、その笑顔」って、
    自分で自分を誉めてあげる。毎朝、毎晩、毎日、毎週、毎年、
    それはきっと。。。死ぬまで。

    だから、「素敵な笑顔だね」って誰かからいわれると、
    今でも、訳もなく嬉しくなる。

    「その笑顔が忘れられない」などと言われると、
    それはもう、極めつけの殺し文句に等しい。

    お笑い番組を見て、実はまったく面白くも感じないけれど、
    多分、他の人が笑うだろうという部分で、敢えてげはげは笑う。。。
    これが、おかしくって笑うってことなんだって、自分に言い聞かせながら。

    悲しい映画を見て、人々がしくしく泣く部分で、
    自分は悲しく無くても、とにかく泣きまねをする。
    これが、悲しいということなんだって、自分に言い聞かせながら。

    普段は見過ごしてしまう、野に咲くたんぽぽ。
    それを見て、敢えて言う、
    「君も、頑張って生きているんだなぁ?!」って。

    吉野川の川面に映るまぶしい夕日を見つめながら、
    「わぁぁ、綺麗だナァ?!」って。
    これが、綺麗なものに感動するということなんだって、自分に言い聞かせながら。

    怒ることだって例外ではなかった。
    喜劇俳優のスティーブ・マーティンの「ロンリー・ガイ」には、
    妻に浮気をされて、それでも怒ることが出来ない悲しい男が描かれていたけれど、
    一生懸命怒る練習をするシーンには、
    笑うどころか、あまりにも愛おしい。

    強烈なストレス状態にいると、
    継続的な緊張状態で、神経がよけいにはりつめて、
    言葉が繰り出せない。。。ドモリが始まる。
    集中力がなくなり、5分前のことも忘れる瞬間健忘症。

    絶対にそんなことは起きるはずがないのに、
    貧困妄想に陥る。

    当時の写真を見ると、別人に見える。
    そのぐらい、人相は、人生に影響されるものらしい。

    それでも無理矢理カメラの前で笑っている自分は、
    今では、とても愛おしい。
    あの日があるから、今の自分がいる。
    あの日があるから、人の痛みに泣ける今の自分がいる。

    あらゆるプライドを捨てて、自分が自分として、
    等身大の自分として生きてゆくことが出来るようになった。
    だから、もう、怖いものは無い。
    自分自身を信じている限り、
    自分は、自分を、絶対に裏切らないから。

    ゼロからの出発。
    自己再生。。。それが私の27歳からの本当の人生の門出。
    自分自身で作った人生。
    自分自身で決めた人生。


    誰からも、よい人と思われたいあなたがいる。
    自分には、良識があるから、ネットワークビジネスなどうまく出来ないと、
    そう思い込んでいる人がいる。

    その一方で、夢を描いて、自分も目の前の成功者のごとく、
    絶対に成功したい。。。そう思う瞬間もあるけれど、
    プライドが邪魔をして、なかなか人にうまく語れない。
    一度断られたら、二度と話が出来なくなる自分がいる。

    情けなくって、でも出来なくて、
    やりたいけれども、羽ばたけなくて。

    セミナ-に出たら、元気が出るけれど、
    でも、すぐ。。。その意気もしぼんでしまう。
    なぜなら、それは、他力本願だから。

    ジャンプしてみようよ、勇気を出して。
    決めたことは、最後までやりとおしてみようよ、
    誰かからもらう元気じゃなくって、
    内なる自分の自己発電で。


    それでも、どうしてもやりきれなくなったら、
    どうしても、苦しくって泣きたくなったら、
    思い出せばいい。。。
    太平洋のその向こうに、
    世界の誰もがあなたにそっぽ向いても、
    最後まで、あなたを見つめている私がいることを。


    そして、どこにも持っていきようのないあなたの心に思いを寄せて。。。

    一緒に。。。泣いてあげるから。。。

    必ず一緒に。。。泣いてあげるから。。。


    Cindy Komuro
    美容・健康と心を科学する。。GC America LLC
    Cellular: (310) 634-7070
    e-mail: gcamerica@verizon.net

    p01-1.png

    http://www13.ocn.ne.jp/~haiku/index.htm

    【2005/07/15 10:00】 自己啓発 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

    検証72:この世の果て。。。そして日はまた昇る。
    それは突然、何の前触れも無く訪れました。

    悪夢を見たのです。
    ただ、言葉に表せないほど怖かった。。。
    表現するのに途方にくれるぐらい、
    とにかく怖かった。。。

    いったん落ちてしまえば、どこに行き着くかわからない。。。
    そういう底なしの怖さだった。

    朝目覚めると、顔も体も汗びっしょりで、
    その夢が、どんなに怖かったか。。。想像できるような気がしました。
    けれど、まったくどのような夢だったのか。。。は、具体的に思い出せなかったのです。
    でも、ただ。。。途方もなく怖かった。。。

    そのうち頭の芯に釘が打ち込まれたような頭痛が発生し、
    頭痛薬はまったく用をなしませんでした。
    困ったことに、その釘は日に日に大きく太くなり、
    とうとう1ヶ月後には、五寸釘のごとく。。。の感覚となりました。

    その五寸釘が、時々誰かにぐいぐい。。。容赦なくこねくりまわされる。。。
    そういう時には、両手で頭を抱え込んで、
    ただ、じっと、その割れんばかりに騒ぐ脳みそに翻弄されながら、
    嵐が過ぎるのを待つ。。。しかなかったのです。

    そうこうしていると、なんだか、頭の中の血管という血管が、
    あたかも天と地がひっくり返ったかの如く血が騒ぎ、
    それは、そのうち、まるでみみずが1000匹、
    頭の毛細血管という毛細血管を、狂喜に満ちて
    所狭しと這いずり回る。。。

    いったい、自分の脳みそに何が起きているのか。。。
    理解できずに、ただじっと耐えるしかなかったのです。

    そして、それでも、社会生活を営まねばならない、
    必死で会社に通わねばならない。
    でも、それもとうとう、そのうち出来なくなりました。

    通勤のために駅に向かおうとすると、足ががくがくして、
    歩けなくなったのです。

    最初にあのわけのわからない悪夢でうなされてから、4ヶ月がたっていました。
    神経科医に行くと、なぜここまで我慢していたか。。。と、諭されました。

    世界が全てセピア色に変わり。。。
    あたかも、クラッシックの映画を見ているが如く、
    世の中が、まるでお前の存在など、
    この世にいてもいなくてもいいんだよと告げながら、通り過ぎていきました。

    世の中の全て人々から、
    この宇宙の全ての事象から、私一人取り残される。。。
    そういう感覚でした。


    「この世の果て。。。」
    そんな言葉が脳裏に浮かびました。


    気がついたら、顔つきが変わり、
    ふと思い返せば、しばらく。。。笑っていない。
    笑えないどころか、泣くことも怒ることも出来ない。

    全ての感情という感情を失っていたのです。
    いったい。。。自分に何が起きたのか、理解できませんでした。

    三度のご飯よりも好きな本が、
    一行たりとも読めなくなりました。
    心を紛れさせるために、本を読もうと努力しても、
    一行読むと、もう忘れ。。。
    また最初から読み返さなければならなかったからです。
    あらゆる文字を、頭は拒否していました。

    心から愛してくれる親や友人に恵まれてはいましたが、
    彼らですら、私のこの絶望を救うことは出来ませんでした。

    なぜなら、私の心に巣食った絶望という観念は、
    あくまで私のものであり、自分自身で立ち上がるしか道はなかった、
    本能的にそう思えたからです。

    そして、このまま。。。永遠と灰色の人生が続くのかと思うと、
    さらに胸がふさいだのでした。
    当年とって。。。まだ27歳の若さでした。

    そして、灰色。。。だけならまだしも、
    5寸釘は、ますます大きく太くなり、
    みみず1000匹は、さらに増殖を繰り返し、
    10000匹に達するかの勢いでした。

    朝目覚めるのが、こんなに苦痛な時代はありませんでした。
    ただ生きる。。。ということが、
    体中が引き裂かれるかの如く、
    こんなにも大変な時代はありませんでした。

    そこには、私自身が創り上げてしまった、
    私なりの究極の「絶望」しか存在していなかったからです。

    人一倍好奇心が強く、
    人一倍向上心が強く、
    人一倍夢を追い求めることに目を輝かせる私が、
    そうした自分自身をがんじがらめに規律や常識や人々の思惑で、
    個性を殺してしまわねば生き難い日本のカルチャーに再会した時、
    押しつぶされてしまったのです。

    今と違って。。。当時の日本は、
    多種多様なものの考え方が受け入れられない硬直した時代でした。
    他者と違う考え方をしたというだけのことで、
    世からはじき出されてしまう、そんな時代でした。

    排他的な世間という怪物に真っ向から対立して、
    肩で風を切って生きられるほど、
    当時は強い私ではありませんでした。

    3年間の滞米生活で、アメリカのカルチャーにどっぷり使って、
    自分らしい生き方をやっと見つけられた矢先の帰国では、
    その心をシェアーできる人が誰もいなかったのです。

    それでも、最初は人々の思惑に、しっかり抵抗を試みてはいたものの、
    その内、疲れ果て。。。社会に穏便に適応するという目的のために、
    いちいち反論するのも面倒くさくなり、
    人々の思惑に迎合して適当なことを言っているうちに、
    それは、私自身につく嘘となりました。

    その自分自身につく嘘が、あまりに毎日繰り返されるので、
    もう一人の架空の自分が自分を支配し、
    本来の自分自身が無くなってしまいました。

    口に出すと、その通りに人生が動いていく。。。
    口に出すだけで、自分を洗脳してしまうことがある。。。
    それを知ったのは、この時のことです。

    それは、有る意味、
    ネガティブなことを言葉に出せば、生き方がネガティブに進むし、
    ポジティブなことを言葉に出せば、生き方がポジティブに進むということなのです。
    信じられないようなことですが、本当なのです。
    私が、その生き証人です。


    だから、人生がうまくいかなくって、落ち込んでいるあなた、
    ぜひ、無理をしてでも、鏡の前で笑って、
    例え、今は嘘だとしても、ポジティブな言葉を繰り返し繰り返し、
    毎日、唱えてください。


    そんな簡単なことで、人生が救われるなど、
    とても信じ難いことかも知れませんが、
    嘘のような本当の話なのです。

    何故、成功哲学の一つに、
    「成功者のふりをしろ。。。
     成功者らしく振舞え。。。」
    そう言われるかは、言わずもがな。。。ですね。
    心は、ブルーダイヤモンドであるべきなのです。

    足元は、右も左も、前も後ろも、
    暗黒のブラックホールが、ぱっくりと口を開けて待っていました。
    そこに。。。身を投げられたら、有る意味どんなに楽だったでしょうか。

    夢も希望も失い、絶望しか感じない毎日、
    割れるような頭を抱えながら、
    いったい自分はどうなっていくのか、先の見えない不安に慄きながら、
    その途方もない苦痛から逃れられるなら、
    いっそ。。。あの線路に飛び込めば楽になる。。。
    いっそ。。。あのビルから飛び降りれば楽になる。。。
    何度そう思ったでしょうか。

    いわゆる、自殺念慮というやつです。
    自殺願望というのは、何も、理性やら思考回路から生み出されるものではなく、
    細胞レベルで体が欲する。。。むしろ必然的なものだと理解したのは、このときでした。

    だから、今も。。。
    新聞やらテレビのニュースで、誰それが自殺。。。と、聞くと、
    そこに至るまでのその人々の心の軌跡や状況が、
    まざまざと想像出来る気がするのです。
    そして、そこに至るまでに、なんとかならなかったのか。。。と思います。

    けれど、一重に、私が自殺を実行しなかったのは、
    本能的に、きっと痛いだろうなぁ。。。とか、
    肉片が飛び散ってはあまりにも美しくないといった、
    妙な美意識が少しは残っていたからです。

    そして、ふと。。。母の、その胸に、赤ちゃんのように抱かれて、
    ただ守られたい。。。そうした欲求を押さえるのに必死でした。

    そのように情けない自分に陥ってしまった事実を母に知らせて、
    母を暗澹たる気持ちにさせてしまいたくはなかったのと、
    けれど、例え母と言えども。。。他者に頼って救われてしまえば。。。
    もう、私は、私としてこの世に存在できないとすら思ったからです。

    心を病んでしまったら、
    それらは、当然誰もが通る一過程に過ぎないとは。。。
    後に書物で知る所となりました。

    数年後、すっかり立ち直って、超ポジティブ思考となった時、
    ある時、母に聞いたのです。

    「あの時、私があのまま狂っていたら。。。
     ママはどうなっていたと思う?」

    「多分。。。もう生きていく希望をなくしていたかも知れない。。。」

    そう言わしめるほど、人生には試練というものがたくさん押し寄せるものなのです。

    私は、なんとか自分の力で立ち直り、
    それこそ、人一倍人生の意義をもつべく、駆け上ったけれど、
    どうしてもわからなくって、
    ネガティブ・スパイラルにとらわれて、
    どうしても自分の力で這い上がれなくって、
    どうしてよいかわからなくって立ち止まっている人々も多い。

    日本全国に、100万人単位でいらしゃるそうです。

    私が今、NS活動で成功したい突き動かされる気持ちを持つのは、
    その成功の暁に、自分が出来る何かをしたい、
    それは、こうした心を病んで立ち止まっている人々に、
    夢と希望を取り戻すお手伝いをしたい。

    むしろ、歪んだ現代社会において、
    心が病まないことの方が、ひょっとしたら普通ではないかも知れない。。。

    そして、願えば、自分を取り戻すことが出来ることを、
    あなたにも、何かが出来るということを、
    あなたが生き続けること自体が価値あることだと、
    一人でも多くの人に伝えたいと。。。そう思っているからです。


    Cindy Komuro
    美容・健康と心を科学する。。GC America LLC
    Cellular: (310) 634-7070
    e-mail: gcaemrica@verizon.net
    rose7-ss.jpg


    【2005/07/15 09:30】 自己啓発 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

    夢は必ず実現する。。 Vol. 1022 まず本質を確かめる
    「会社がよい時だけちやほやしてくれる銀行だけでなく、
     一番大変な時期にサポートしてくれる銀行とつきあう」


    これは、京セラ会計学の原理原則の一つです。

    つまり、困った時にこそ、本当に助けてくれる銀行と、
    つきあいなさい。。。ということです。

    天気の日には傘を貸すが、雨の日には傘を取り上げる。。。
    それが懸念されたのです。

    それで、地元の支店長クラスでは、
    困った時に本当に助けてくれるかどうかは、心もとなく、
    本部の頭取に会うことをリクエストし、
    ある巨大銀行の頭取に会いにいった時のことだったそうです。

    本店の頭取は、まだ当時は年も若く、
    中小企業だった京セラの稲盛社長に向かって、

    「私を面接するのですってね?」

    と大頭取から言われたそうです。(笑)

    稲盛和夫さんにとっては、ただ単に、

    「生意気ではなく、本質を確かめたい」

    が故だったそうです。

    雨が降れば、傘を取り上げるのは金融業の常識であるということを、
    稲盛和夫さんが、知らなかった時代のお話しです。

    けれど、稲盛和夫さんは、こう言いました。

    「雨がふった時に

     傘を貸して欲しいと言うのではなく、

     自分の力で、なんとかして

     雨が降らないようにすることが大切だ」と。


    これは、どの業界にも、どの職種にも、個人生活にも言えることですね。

    Nu Skin活動で言えば、
    毎月$2000 GSV(Group Sales Volume)あたりを
    やっとの思いでクリアーするような状況では、
    いずれ、雨が降ったときにひとたまりもありません。

    自分の力で雨が降らないようにする努力とは、
    まず、5000 GSV、 10000 GSVを目指し、
    余裕しゃくしゃくで毎月活動することです。

    なぜって、ぎりぎりの 2000 GSVばかり気にしていたら、
    とても、中長期的展望にたっての判断が下せないのに加えて、
    短期的な行動にすらも制限が加わるからです。

    毎月焦って、ストレスや心の負担を抱え込み、
    いずれ。。。ビジネス自体に嫌気が差して、
    辞めたい、あきらめたい気持になる可能性が大きいです。

    私は、今も初心者の心を失っていません。
    この業界の成功の秘訣は。。。と聞かれると、
    ひとりひとりを大切に決めていくことだと答えています。


    30人達成したら、目標は50人でした。
    その後は、100人、150人、200人、250人、300人。。。。
    こんな風に、常にまず最初の目標を達成したら、次の目標設定をし、
    決して、立ち止まってはいません。
    今の目標は、1000人です。

    なのに。。。
    あたりを見回せば、いったんは右肩あがりをしながら、
    その後、どんと落ち込む。。。
    そこから這い上がれず、コツをつかめず、
    とうとう。。。あきらめてしまう。。。
    そんな傾向があまりにも多いのに気がつきます。

    それで、100人が挑戦して、
    1年後にはたった8人しか残らない。。。と、
    言われる所以なのだと、深く納得します。

    でも、考えてみてください、
    ビジネスを始めて、月の売上がたったの2000ドル。。。
    これでは、とても経営が成り立ちません。

    通常のビジネスなら、借りる店舗の家賃、光熱費、
    人件費、福利厚生費、保険代。。。
    どれほど固定費がかかるか?

    それを支払うために、ビジネスオーナー、店舗オーナーは、
    四苦八苦、キャッシュフローに苦労をし、
    それでも必死に経営を成り立たせるべく、
    飽くなき努力を続けている。。。

    2000ドルすらも売り上げられないのであれば、
    最初の時点で、もう一度、
    ビジネスとは何か?と、とことん考え抜くべきです。

    もし、あなたが、本当に真剣に大きく成功したいなら、
    創意工夫し、誰にも負けない努力を重ねるべきです。

    ネットワーク・ビジネスとは、巷で安易に語られるような、
    一攫千金のビジネスではありません。

    忍耐と、地道な努力と、素直さ、明るさと、熱心さ、
    なにより、あなたの人間性が問われます。


    世の中の一人でも多くの人に、
    薬と違って、副作用の無いサプリメントで体質改善し、
    身も心も経済的にも豊かになる。。。
    そういうビジネスが、私のかかわっているネットワーク・ビジネスです。

    私の主人は、コレステロール値 379 → 185
    中性脂肪値 967 → 121 まで改善し、
    命が救われました。

    人に、より若く美しく健康的になり、
    私のようにごく平凡だった人でも、
    資本や人脈の無い人でも、
    性別、学歴、職歴にも関係なく、
    世界の人々を助けながら、経済的に豊かになれるビジネスなのです。


    それは、Nu Skin/Pharmanexという会社の本質を、
    まず確かめたからこそ言えることなのです。

    ネットワークビジネスが、わけもわからず、
    やれ、ねずみ講だ、誰かが犠牲になるだ、買い込みするだと。。。
    本質を知らないで、自らチャンスを逃す前に、
    まず、本質を調査し、把握し、知った上で、
    ぜひ、世の中の一人でも多くの人に、幸せのチャンスを与えてください。

    もう一度繰り返します。
    私は、Nu Skin/Pharmanexという会社の本質を、
    この目で見て、製品を実体験し、心から納得し、
    より健康的に、若く美しく。。。その効果を確信したからこそ、
    人々のよりよい人生に貢献できると確信したからこそ、
    こんなにまで一生懸命活動しています。

    決して、あきらめるということがありません。
    成功するまで、やりつづけます。

    まず本質を確かめること!

    今朝はそんな言葉を贈りたいと思います。

    Cindy Komuro
    美容・健康と心を科学する。。GC America LLC
    Cellular: (310) 634-7070
    e-mail: gcamerica@verizon.net
    2yellowrose01s.jpg

    http://www13.ocn.ne.jp/~haiku/index.htm

    【2005/07/12 23:12】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(3) |

    夢は必ず実現する。。Vol. 1021  あくなき夢を語る
    意外や意外。。。

    Nu Skinというと化粧品ってイメージですから、
    さぞかし女性成功者が多いだろうって思う人も多いでしょうが、
    実は、男性成功者が約8割を占めています。

    もちろん、夫婦ニ人三脚で活動し、
    女性が縁の下の力持ちで、全面にはあまり出ずに、
    裏で手綱を引いている。。。って場合もあることでしょう。

    でも、なぜか、人々を成功へと導く大きなグループの
    リーダーとなっているのは、
    この業界では、男性が多いのですね。

    というか。。。
    何もネットワーク業界においてだけでなく、
    例えば、全国経営者の数においても、
    女性経営者のなんと少ないこと。。。

    歴史的にも、男性ヒーローの名前はたくさん浮かんでも、
    女性のヒーローの名前は。。。
    せいぜいジャンヌダルクぐらいしか浮かびません。
    (それは。。。単に私の無知のせいか。。。!?)

    結局は、長い長い間。。。女性は歴史的に虐げられてきました。
    つまり、男社会の理論がまかり通ってきたので、
    女性が組織のリーダーとなる「考え方」が
    次世代に伝わってこなかったのではないか?

    こう書くからといって、私はウーマンリブの旗手か?
    ってな話ではありません。

    男性の多い団体と、女性ばかりの団体に所属していますが、
    例えば同じようなイベントを行うにしても、
    そのやり方、考え方、起こることにおいて、
    同じ人間でありながら、あまりにも歴然とした差があります。

    皆さん、ほんとうにひとりひとり素晴らしい方々でありながら、
    女性ばかり。。。となると、どうしても
    「理論」よりも「感情」が先に立つ。


    「感情」が支配する団体は、
    残念ながら。。。大きな組織としては運営できていきません。

    あなたのボスや、団体の幹部たちが、
    個人の感情のままに、団体の方向性を決めていたら。。。
    とても常識ある大多数のメンバーは、ついていけませんね。

    だから、「感動」はたくさん創り出すけれど、
    「感情」をできるだけ殺ぎ落とす。。。ってことが、
    成功への秘訣だと思っています。


    私は、女です。
    でも、女であって、女でない部分のほうが、
    実は多い。。。のかもしれません。

    もちろん、人間ですから感情が支配するのは当然ですが、
    その感情のままに、行動に移したり、
    感情のままに方向性を判断することを極力避けています。

    もうひとつの成功への秘訣は、
    やっぱり。。。

    「あくなき夢を語ること」

    だと思うのです。


    成功している(しつつある)グループの方々は、
    とにかく、ひとりひとりの夢が明確で、
    夢を実現したいというエネルギーが充満しています。

    夢があるからこそ、人々は、生きていかれます。

    夢の無い社会、夢の無い会社、夢の無い生活、
    夢のない人、夢の無い人生は。。。
    考えれば、ただ苦痛以外の何物でもない。。。そう思いませんか?


    それでもあなたは。。。
    夢も抱かず、夢の実現に努力もせず、
    ただ無味乾燥な人生を。。。
    食べて、寝て、安穏に過ごせればよい。。。
    たった一度しかない人生を、それでよいと思いますか?


    かつて、京セラの稲盛和夫さんは、
    27歳でゼロから会社を興し、今では世界的企業の一つになりました。

    稲盛哲学を勉強しながら、
    やっぱり。。。そこには、
    一人の男がかつて抱いた飽くなき「夢」を実現するために、
    人々の夢をかなえたいという強烈なエネルギーを
    リーダーとして、ひとつに纏めあげたのだと思います。

    かつて弱小零細企業の時には、
    町一番の企業に!と目指し、
    それが達成できたら、では市内一番の企業にとめざし、
    同じく、県下で一番、全国で一番、世界で一番。。。と、
    果てしなく夢を語りつづけました。

    リーダーは、自分の夢を語りつづけるべきだと思います。

    逆に言えば、夢を語れないリーダーは、
    人々を吸引する力に欠けるのかも知れません。


    ちょっと見回してみてください。

    成長し、躍動している企業や、人や、家庭や、団体は、
    そこに、語っても、語っても、語り尽くせない「夢」が、
    必ず存在しているのに気付くでしょう。

    だからこそ、問いたいのです。

    あなたの「夢」は、何ですか?と。


    Cindy Komuro
    美容・健康と心を科学する。。GC America LLC
    Cellular: (310) 634-7070
    e-mail: gcamerica@verizon.net
    flower19_300x225s.jpg

    http://www13.ocn.ne.jp/~haiku/index.htm


    Bridge USA 夏祭り いよいよ今日!
    7月10日(日)

    午前10時?午後7時まで


    Torrance Cultural Art Center
    Madorona と Torrance Blvd.の北東角。


    いよいよ、夏祭り!

    世界40カ国で既に2百万人が測定、
    青色レーザー光で、肌を傷つけずに、
    手の平をかざすだけであなたの健康値を測定できる、
    画期的なScannerを2台デモいたします。

    1930年のインドのラマン博士が発見した、
    ラマン分光学を元に$80ミリオンをかけて開発。
    このラマン分光学は、ノーベル賞も受賞しています。

    Nu Skin Enterpriseは、先月、
    このBio Photonic Scannerのおかげで、
    最も革新的な企業として、American Business Awardを
    受賞しました。

    分子にレーザー光をあてると、
    その分子の種類によって、跳ね返ってくる光の色があるのですが、
    その光の数を読むのが、このScannerなのです。

    この同じ技術を使って、
    1mm以下の癌の発見も可能になり、
    日本では、理化学研究所が開発しています。

    健康的な目安は、40000ポイント以上。
    日本食を食べる日本人の方は、
    サプリを飲んでいなければ、25000 ? 30000と、
    栄養不足の状態です。

    私は、26000 → 52000ポイントまであがりました。
    おかげさまで、ものすごーくエネルギッシュに、
    元気に、明るく、毎日が楽しくなりました。

    野菜から。。。ビタミンやミネラルが消えている。。。
    それが現代なのです。
    カロリーと栄養は、別観点!
    それに気付いた方から、健康や美しい肌を取り戻します。

    ぜひ、夏祭りのGC America LLCブースに、
    遊びにきてね!

    名古屋から、わざわざ杉本佳世子先生がおいでくださり、
    今日は、健康の話を、専門家の観点から、
    たくさんお聞きいただけます!

    お楽しみに。

    Cindy Komuro
    美容・健康と心を科学する。。GC America LLC
    Cellular: (310) 634-7070
    e-mail: gcamerica@verizon.net


    flower24_300s.jpg

    http://www13.ocn.ne.jp/~haiku/index.htm


    夢は必ず実現する。。 Vol. 1020  先見の明
    誰にでも、ふと自信を失う瞬間がある。

    突っ張って、突っ張って、突っ張って、
    ひた走りに突っ張って走っていても、
    やっぱり、ふと「これでいいのか?」と、
    つい、揺れる瞬間がある。

    あの人に出来るなら、自分にも出来るはずだと走れる時と、
    あの人には出来るけれど、自分にも出来るだろうか?と、
    つい思ってしまう瞬間もある。

    頂上の見えない山登り、
    未踏の道を行く場合は、なおさらそうだ。

    それでも、前に進む。
    もう一歩を、前に踏み出す。
    その、もう一歩を、何度も何度も繰り返す。

    一歩づつ。
    決してあきめることなく。
    そうしたら、「成功」が見えてくる。。
    一歩先を歩く成功者が、そう教えてくれるから。

    そして。。。
    自分と約束して、いったん踏み出したら、
    もう、後は登っていくしかないから!

    自分を信じるしかないのだから。

    そして、戻れる場所は、もう無いのだから。

    「先見の明」という言葉がある。

    今現在の自分の考え方では判断しないこと。
    今現在の自分の能力では判断しないこと。

    考え方も能力も、未来形で捉えなければならない。
    だって、あなたは、日々刻々と進化しているのだから。

    もし、3年前と同じ自分がいるのなら、
    進化する努力を止めた自分の怠惰さを恥じる。。
    そう気付かなければ、きっとこの世から取り残されてしまうかも知れない。

    数日前の日本経済新聞に、
    こんな特集記事があった。

    「夢捨てず自己実現」

    不可能と言われた「青いバラ」の開発に、
    世界ではじめて成功したサントリーの研究チームメンバー、
    水谷正子(38)さんが紹介されていた。

    青い花から青色色素の遺伝子を取り出し、
    バラに入れて青いバラを咲かせるという研究を始めて、15年。
    決して平坦な道ではなかった。
    壁だらけの日々。

    そして、15年目の快挙。
    というよりも、15年間というあきらめなかったその執念。

    感動

    達成感

    自己実現


    挑戦に人々を駆り立てるものは、仕事が違ってもそう変わらない。。。と。

    Nu Skin活動には、その感動、達成感、自己実現がある。
    長い会社員生活には。。。
    決してなかったとは言わないけれど、
    Nu Skin活動には、その100倍の感動と、達成感と、自己実現の機会が、
    ふんだんに存在している。


    それは、真剣にやり始めた人にだけしか、わからない。

    「先見の明」

    善良で謙虚な市民、善良で謙虚な会社員、
    ごく平凡な市井の人々。。。

    私と同じ常識を持っていた人々は、
    大部分の人が、口を揃えてこう言った。

    「それって、ねずみ講じゃないの?」
    「上の人だけが儲かるだけで、あなたは犠牲になるのじゃないの?」
    「きっと、騙されてるのよ、目を覚ましなさい」

    けれど、それは全て真実ではなかった。
    人々は、あまりにも無責任に風評を流す生き物らしい。


    命すら救うほどの製品の効果や会社の善意、理念に賛同し、
    活動を始めた。

    2年を経て、約300人の組織を創り上げた。
    1年後には、1000人組織を目指している。
    5年以内には、3万人組織を目指している。

    ごくごく平凡で目立たなかった一女性の私が、
    そんなことを考える日常が訪れた。

    自分の成功だけでなく、むしろ真っ先に、
    他の人々の幸せや成功を願うようになった。
    その為に、最大限のサポートを率先して行うようになった。

    働いたことのない、物を売ったことすらもない人々に、
    どうすれば、ビジネス活動ができるかを、教える機会も多くなった。

    人々の目が。。。だんだんと輝いてくる。
    僕にも、私にも出来るのだ、
    考えたこともない、想像したことすらない成功が現実化する。。。
    夢や希望を一杯抱く人が周りにたくさん増えた。

    さらにその記事は、ソニーの創業者の一人、
    盛田昭夫さんのことを掲載していた。

    ◇◇◇◇◇

    「【日本発】のインターネットビジネスを生み出してくれ」


    今年3月、ソニー会長退任を発表した出井伸之(67)は、
    ソニーが約7%を出資するネット技術開発のフリービット(東京・渋谷)の会長、
    石田宏樹(33)にこう語りかけた。

    石田のソニーとのかかわりは高校時代。

    「ソニーで働きたい」という熱烈なラブレターを創業者の盛田昭夫に送ると、
    盛田の返事を携えた社員が石田の住む佐賀県に現われた。

    「ソニーは20世紀の会社。
     君はウチに来るな。
     通信をやって21世紀の組織を作りなさい」。


    血気にはやる若者をたきつけたかったのか、
    それとも巨大企業になったソニーの限界を感じ始めていたのか。

    盛田の真意は今となってはわからないが、
    その言葉に従い、石田が興した会社は年商40億円に成長した。

    「自由闊達(かったつ)ニシテ愉快ナル理想工場」
    を理念に掲げたソニー

    貪欲にやりがいを追求し、働きがいの持てる会社ーーー。

    21世紀の新しい組織を自分の言葉で作る。
    それが盛田への解答と石田は肝に銘じている。

    =敬称略

    ◇◇◇◇◇

    思わず。。。鳥肌が立ちませんでしたか?

    21世紀の新しい組織を自分の言葉で作る。。。
    私は、Nu Skinという21世紀型ネットワーク・ビジネスで、
    組織をつくり始めました。

    それは、あなたにも。。。可能なのです。

    7月10日(日) Bridge USA 夏祭り
    午前10時?午後7時まで、
    GC America LLCとして、ブース出店しています


    $80ミリオンという膨大な開発費をかけた、
    細胞レベルの健康値を測定できるBio Photonic Scannerを、
    無料デモいたします。


    これを機会に、自分の健康値測ってみませんか?

    場所:  Torrance Cultural Arts Center
    3330 Civic Center Drive
    Torrance, CA 90503
    (Torrance Blvd. & Madorona Ave.)


    いよいよ、明日!


    Cindy Komuro
    美容・健康と心を科学する。。GC America LLC
    Cellular: (310) 634-7070
    e-mail: gcamerica@verizon.net
    20050613061926s.jpg

    http://www13.ocn.ne.jp/~haiku/index.htm


    夢は必ず実現する。。 Vol.1019 成功する考え方
    あなたの夢は一体何?

    そう聞かれて、あなたは即座に明解に答えられますか?

    「。。。。。」

    と、口篭もってしまったら、
    それは、夢を抱かずに、毎日をただなんとなく生きている証拠。

    夢が無ければ、その夢を達成する青写真もなく、
    つまりは。。。
    そのうちに。。。と思っているうちに、
    時間だけがただいたずらに過ぎていく、
    目的地の無い航海をしているような人生ということですね。

    Nu Skinとは別のネットワーク・ビジネスを
    やり始めたという方とお会いしました。

    「明解な目標を設定していますか?」

    と聞きました。

    すると。。。

    「成功はしたいけれど、
     まだなんとなく成功したいという段階です。」


    とその青年は爽やかに答えました。

    そして、こうも言いました。

    「もし成功できなかったとしても、
     自分の興味ある知識を増やせる勉強が
     出来るのでよいと思う」


    だから。。。こう答えました。

    「今の考え方では、まず成功できません。」

    ごめんなさい、初対面の方にそんなにはっきり言うのも
    大変失礼なお話かも知れませんが、
    生半可な気持ちでは、成功は出来ません。

    成功者は、苦労や困難を乗り切り、
    それでもあくまでポジティブ思考を貫き、
    血反吐を吐く思いをし、
    必死の思いで成功者に登りつめた人が多いのです。

    それでも涼しい顔をして、
    成功したのは、とにかくあきらめなかったから。。。と言います。

    けれど、その涼しい顔の裏には、
    堅い決意と、チャレンジする勇気と、
    誰にも負けない努力の蓄積があります。


    ネットワークビジネスは、まさに、
    何の雇用関係も無い人々を、
    自分が強烈なリーダーシップを発揮して、
    リーダーとして光り輝き、組織を作っていってこその成功です。

    自分自身を磨きに磨き、心を高めて、
    だからこそ。。。人がついていくのです。


    「なんとなく成功したいとか。。。
     もし成功できなかったとしても。。。」


    というセリフを吐く人には、
    残念ながら。。。人はついていきません。

    絶対に成功したい。

     絶対に成功する!

     何が何でも、何があっても成功する!」


    人々が求めているのは、
    チャレンジし、勇気ある、断言できるリーダーです。

    もちろん、断言できるだけの自信が必要です。
    当然、結果を出していかねばなりません。

    人々は、あなたの背中を見て、
    ついていったら、確実に成功が待っているという確信が欲しいのです。

    一代で、世界的企業に育て上げた、
    かの京セラの稲盛和夫さんですら、
    会社を立ち上げた27歳の頃、経営も会計も知らず、
    独立して社長となったものの。。。
    心のうちではまったく経営に自信がなくって、
    どう対処してよいのか、迷い、苦しみ、
    そんな時代があったそうです。

    それでも、リーダーとして
    勇気あるチャレンジを繰り返してきたのです。

    だから、人々は彼の背中を見つめて努力の結果、
    今日の大きな成功があるのです。

    話は全く変わりますが、先日、私のお気に入りの歯医者さん、
    Gardenaの友田歯科医院の、友田先生との問答です。

    水彩画も、油絵も、絵を描かせたらプロ級、
    F1ライセンスを取得しようとしている、
    哲学の話で盛り上がれる歯医者さん以上の歯医者さんです。

    「Knowledge」 と 「Wisdam」 は

    根本的に違う!


    今回はそういう話題で盛り上がりました。

    同じ場所で、同じ話を聞いていても、
    物事の把握力や、ポイントの捉え方、
    それを噛み砕き、自分の血肉とできるのか?
    どこまで自分の魂に落とし込めるか?ですね。

    同じフェア-な場所から始めても、
    Knowledgeしか振り回さない人と、
    Wisdamまで高められる人との差は大きい!

    自ら困難に対面し、悩み苦しみ、血反吐を吐き、
    逃げ出したい思いを振り切り、
    何度もあきらめたい思いを振り切り、
    足元が崩れるかの奈落の思いすらも乗り越えた人には、
    特別な「オーラ」が宿るのですね。

    魂の宿る言葉と、
    薄っぺらい知識としての言葉には、
    天と地ほどの差があります。

    名古屋の大成功者の一人、小島座長からこう言われました。

    「次のステージとして、
     これから、ますます困難が襲ってくるかも知れない。

     けれど、その困難を乗り越えるたび、
     あなたは、リーダーとして強くなっていくのです!」
    と。

    そうなのか、自分は、もっともっと強くなっていくのだと。。。
    感慨深い思いでした。

    だから。。。
    私は、決して逃げ出したりもしないし、
    決してあきらめることもありません。

    私の背中を見つめて、
    必死でついて来てくれている仲間たちのためにも!

    こんな風に。。。
    自らの心を高めて、リーダーシップを追及できるのが、
    ネットワーク・ビジネスなのです。

    心を高めて、あなたのその素晴らしい能力で、
    人々のお役に立てるのが、
    ネットワーク・ビジネスというものなのです。

    Cindy Komuro
    美容・健康と心を科学する。。GC America LLC
    Cellular: (310) 634-7070
    e-mail: gcamerica@verizon.net

    rikyu12s.jpg

    http://www13.ocn.ne.jp/~haiku/index.htm


    夢は必ず実現する。。Vol. 1018 人を思うということ
    昔、母が職場で頂いた珍しいお饅頭やらお菓子やらを、
    ほんの一個や二個でも、自分ではその場で食べずに、
    子供のために持って帰ってきていたのですね。

    子供心に、一個ぐらいなら、
    わざわざ持って帰らなくとも母が食べればよいのに。。。
    当時そう思わないでもなかったのですが、
    いざ、自分が母の立場になると、
    その母の気持がよぅくわかる!

    私には9歳の娘が一人いますが、
    職場で頂くたった一つのお菓子を、
    自分は食べずに毎回家に持って帰る自分がいる。。。。

    かつての母と同じようなことをしている自分を発見し、
    妙な感慨を持ったりするのです。

    娘が、喜ぶ瞬間の顔を、見たいが一心故なんですね。

    理屈ではなく、本能にも近い気持です。

    9歳ともなると、思い通りにならないと、
    時に「ママなんか大嫌い!」
    そう言って、強烈に拗ねるときもあるのですけれど、
    母親がゴーストに連れ去られる怖い映画を見たりすると、
    もう、ママにいなくなられては、自分は死んでしまう。。。ぐらいに、
    ママにまとわりついて離れないのですね。

    それから。。。

    中学時代に転校していった人から、
    思い出した時に交信するような間柄ですが、
    なんと、何十年かぶりに、
    お誕生祝いのメールがその日に届いたりしたのです。

    これは、驚きでしたね。

    よくぞ、覚えていてくださった。。。

    で、どう必死で思い出そうとしても、
    私には、彼のお誕生日を思い出せなかった。
    なんとも申し訳ない。。。(^^;)

    そのぐらい、アメリカで生きていくということは、
    けっこう忙しさに追われて、前向きに生きていかねばならない。
    (これって、言い訳か??)

    それから。。。

    かつて渡米した日に、
    とうとう会うことはかなわなかったけれど、
    成田空港まで見送りに来ていたという。。。
    その過去の日付の成田行きの電車の切符を、
    4年後に見せられたことがある。

    渡米後、見送りにきたなどと、一度も聞くこともなかっただけに。。。

    胸のつまる。。。一瞬でしたね。

    それから。。。

    高校時代は、トイレにまで手をつないで行くというぐらい、
    片時も離れない「親友」がいました。
    (あ。。見栄張って。。「彼氏」と書きたかったなぁ。。。えへへ)

    渡米する前に、親友の家にあった小さい黒板に、
    いつでもすぐ消せる白いチョークで、
    元気の出るメッセージを書いたのですが、
    4年後に彼女の婚姻先の新居にお邪魔したら、
    その黒板が、当時のメッセージを残したまま、
    壁に掛けられていた。。。

    私が書いたメッセージを、
    チョークで書いたものだから、
    いつだって消える儚い(はかない)存在のメッセージなのに、
    どうしても消せなかったのですって。

    それで、決して平坦ではなかった人生において、
    落ち込んだり、めげたりした時は、
    いつも、その黒板を眺めては、自分を元気づけていたんだって。

    これも、ぐっと胸のつまる。。。一瞬でしたね。

    そんなことを思い出したのも、
    韓国ドラマ「百夜」を見ているからなのです。

    見た人にしかわからないけれど、
    かといって、見ていない人にはネタばれしては困るので、
    詳細を書くわけにはいきませんが、
    「人を思う気持ち」が、
    その何年、何十年にもわたる「人を思う気持ち」が、
    惜しげもなく描かれ、
    北朝鮮、韓国、ロシアと。。。
    国家と時代に翻弄されながら、壮大なドラマに仕上がっています。

    宇宙は、推定約150億年前に、
    最初にたった数個の素粒子から生まれた。。。と聞きました。

    物理学的に言えば、原子核は

    (1)陽子
    (2)中性子
    (3)中間子

    から成り立っているそうです。

    それぞれの陽子、中性子、中間子は、
    複数の素粒子から成り立っていることがわかっており、
    この素粒子が宇宙なるものの最小単位なのだそうです。

    例えば、素粒子がくっつきあって出来る原子の中で、
    もっともシンプルな形が「水素」で、
    その水素の原子核の周りに、電子が一個回っているそうです。

    その水素原子がくっつきあうと、リチウムが出来るのだそうです。

    また、こうした原子核が逆に壊れる時に、
    鮮烈なまでに膨大なエネルギーが発生します。
    これが。。。
    原子爆弾であり、水素爆弾です。

    こうして。。。

    最初に素粒子しかなかった宇宙には、
    その後原子核が生成され、
    さらに分子が出来、分子同士がくっつき高分子成分が生まれ、
    さらには、高分子成分からDNAが組成され、
    さらにたんぱく質が形成されるようになりました。

    そして。。。

    とうとう、原始生命なる生命体が、
    この世に生まれるに至ったのです。

    こんな風に、素粒子の時代から約150億年という
    気の遠くなるような長い、長い年月を経て、
    宇宙なる力は、生命体を生み出し、
    今日の私たち「人類」まで創り上げていったのです。

    何故といわれても、きっと誰も答えられませんが、
    宇宙にはそうした目に見えない法則があり、
    森羅万象、ありとあらゆるものに、
    実は「善意の意識」が深く静かに息づいているのです。

    150億年という膨大な時の流れに培われた、
    ありとあらゆるものが、

    「良くあれ、良くなれ!」

    という宇宙の意志が確かに存在しているのです!

    自分を含めたこうした宇宙の存在というものを、
    京セラの稲盛和夫さんが、そう教えてくれました。
    だから、素直に信じています。

    誰かの喜ぶ顔を見たい、

    誰かを元気付けてあげたい、

    誰かを幸せにしてあげたい、

    誰かの役に立ちたい。。。



    そんな人を思う気持を、
    そんな人のためによかれと起こす行動を、

    「利他の心」

    と呼びます。

    償いを求めない無償の愛は、
    いつの世も、どの時代も、どの世界でも。。。
    切なく、美しく、人の心を打つものではないでしょうか?


    私のNu Skinにおける

    ネットワーク・ビジネス活動は、

    かたくななまでに、

    そんな心をベースにおいています。


    Cindy Komuro
    美容・健康と心を科学する。。GC America LLC
    Cellular: (310) 634-7070
    e-mail: gcamerica@verizon.net
    20050613062035s.jpg


    http://www13.ocn.ne.jp/~haiku/index.htm


    夢は必ず実現する。。Vol.1017 ハートに火をつけて。。
    誰にでも。。。スイッチが入る瞬間てあると思うのです。

    つまり、昨日まで何とも思わなかったことが、
    とても重要で、大切になった瞬間とか、
    やりたくもなかったことを、突然やりたい!と思ったりとか。

    聞きたくもなかった話を、
    実は、自分から聞きたくなる瞬間とか。。。

    面白みのない人だと思っていたら、
    実は、奥深い人だと知ってしまう瞬間とか。。。
    それで、生涯のパートナーとなったり、親友となったりとか。

    通常。。。「ネットワーク・ビジネスの話をしましょう」と言って、
    最初からうん、興味ある。。。という人は、
    残念ながら、ほとんどいないと思います。

    それは、さながら、
    突然アインシュタインの相対性理論を説明されるかのごとく、
    興味も無いし、理解も出来ないし、
    宇宙の出来事を説明されるに等しいからです。

    なのに、ビジネスをやるぞ!と気負い、
    ごくまじめで純粋な方は、
    つい、まじめに率直に誠意を込めて、
    「ネットワークビジネスとは。。。」と、興味のない人にとっては、
    退屈極まりない説明をしはじめるのですね。

    今でこそ200%このネットワークビジネスに可能性を見出し、
    ふんだんな資金も持っていなかった平凡な自分が、
    唯一、ミリオネアーとなり、その潤沢な資金を活用して、
    世の中のために多大なる貢献できる。。。

    今でこそ、それをかなえてくれるのが、
    ネットワーク・ビジネスであると理解している私ですが、
    2年半前はそうではありませんでした。

    で、何故、私にスイッチが入ったか?

    たくさん理由があると思うのですが、
    そのうちの一つに、

    「あの人が出来るなら、

    私にもできるはずだ。。。」


    という事実もあります。

    今でこそ、Team Eliteという成功者に上り詰めたA子さんは、
    6年前にお会いした時は、ごくさりげない普通の女性でした。

    ところが、2年半前にお会いした時には、
    すでにBlue Diamondとなり、
    そのファッションやたたずまいが一変し、
    心に自信が生まれ、自分のグループのリーダーとして、
    とても光り輝いていらっしゃいました。

    A子さんという一人の女性をそこまで変えてしまう、
    このNu Skinのビジネス活動とは、どういうものか?
    とても知りたいと思ったのでした。

    さらに、継続の源泉として、

    「あの人がやっているから、

    私もやってみたい」


    という気持ちもありますね。

    素敵な考え方や生き方をしている人が回りにいると、
    自分もそうしてみたい。。。
    そうなってみたい。。。そう思うものなのです。

    ひたむきで頑張っている人を見ると、
    感動しません?


    どうせ最初は勢いがあっても、
    1年もたてばあきらめるだろう。。。
    そう思っていた人が、1年たっても2年たっても、
    ひたむきに努力を続けていて、少しづつ進化して輝いていたら。。。

    それだけで、いったい何なのだ?何がその人をそうさせた?
    そう思いません?

    そうして、自分の心に的を外さないスイッチさえ入れば、
    あとは、もう振り返ることすらもせず、
    「夢を必ず実現する」ために、まっしぐら???。

    あなたのスイッチは、何でしょう?
    そして、あなたの周りの友人・知人のスイッチは、何でしょう?


    延々と、他人が興味もない説明を展開するよりは、
    まずは、人それぞれのスイッチを、
    知ることが先決です。

    そう。。。
    仕事だって恋愛だって、


    「ハートに火をつけて。。。」

    なんです。

    P.S.
    10ミリオネアーのPalos Verdesの豪邸で向かえる
    July the 4th のパーティ!
    限定2名さま、御招待。

    7月4日午後6時?
    食べ放題、飲み放題のBBQパーティ!


    太平洋を望む素敵な邸宅から、
    眺める花火の数々は、
    あなたをゴージャスでロマンチックな世界へと、
    いざないます。

    お申し込みはCindyまで。
    gcamerica@verizon.net へ。



    Cindy Komuro
    美容・健康と心を科学する。。GC America LLC
    Cellular: (310) 634-7070
    e-mail: gcamerica@verizon.net

    20050613062333s.jpg

    http://www13.ocn.ne.jp/~haiku/index.htm



    夢は必ず実現する。。 Vol. 1016  芸を極める。
    きゃははははは!

    わはははははは!

    げはげはげははは!


    と、10年分ぐらい笑った昨晩でした。

    JBA主催「桂三枝のLA講演2005」が、
    The New Otani Hotel & Garden ボールルームにて行われました。

    会場は熱気むんむん!

    Bridge Radioの朝の顔(声?)、中村順子ちゃんの司会で始まり、
    お弟子さんの桂三弥に始まり、桂三歩、
    そして、待ちに待った桂三枝の登場!で、
    もう、笑い転げすぎて、涙は出るは、おなかは痛いは???!!!

    人生に「笑い」って大切なんですよ。
    「笑い」だけで癌を治した人だっているそうですから。

    暗?く、じめじめっとウツな人たちよりは、
    やっぱり、明るく楽しく「笑って」いる人たちには、
    どんな幸せが待っているのかと。。。惹かれますね。

    次から次へと繰り出される、
    それらしく聞こえる言語シリーズは、特に最高でしたね。

    韓国語シリーズに始まり、フランス語、イタリア語。

    しっかり「パクリ」ましたので、
    私と会う機会がある方には、ご披露しましょう。
    もう、ネタだけでも笑える!

    とはいえ、あの言葉を繰り出す間合い!
    リズム感ある話のテンポ、
    言葉をつむぐ完璧に計算された構成!
    なんともいえない名人芸!を垣間見ました。


    人より秀でて、芸を極める!

    それは、どの職種にも言えることではないでしょうか。

    Nu Skin製品、Pharmanex製品をお勧めし、
    ネットワーク・ビジネスで、経済の豊かさを追求するのにもまた、
    自分なりの「名人芸」を極めたいと思ったのでした。

    さて、あなたなりの、

    あなたの人生の名人芸、

    極めていらっしゃいますか?


    Cindy Komuro
    美容・健康と心を科学する。。GC America LLC
    Cellular: (310) 634-7070
    e-mail: gcamerica@verizon.net

    20050613062301s.jpg

    http://www13.ocn.ne.jp/~haiku/index.htm




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。