夢は必ず実現する。。by Cindy
最初は誰もが馬鹿にしました。それでもひたむきに努力したら。。世の中が変わりました。平凡だった私のリアルタイムのミリオネアーへの道奮戦記


現在の閲覧者数:
PROFILE
Cindy
  • Author:Cindy
  • ロサンゼルス在住のCindyです。

      でっかい夢と希望を抱いて25年前にアメリカに渡ったはずなのに、大企業での恵まれたポジション、仕事も家庭も、いつし
  • RSS


  • CALENDER
    04 | 2005/05 | 06
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -


    RECENT ENTRIES
  • AKB48 選抜総選挙  チーム8 濵松里緒菜 頑張れ~!(05/13)
  • 希望的リフレイン AKB48 チーム8(11/24)
  • Everyday カチューシャ 茨城ひたち海浜公園(11/19)
  • (11/11)
  • AKB48 Team8 新曲「制服の羽根」 MV (11/05)
  • 新曲「制服の羽根」MV Short Ver.(11/05)
  • (10/23)
  • AKB劇場デビュー AKBDMM.comで公開 (08/12)
  • AKB劇場デビュー 「あなたとクリスマスイブ」デュエットしました。by AKB48 Team8(08/12)
  • AKB48 Team8 で大活躍! 芸人さんとのかけあいが面白い!笑ってしまう!(08/04)


  • RECENT COMMENTS
  • Matthew O(05/15)
  • なかなかね(11/03)
  • Cindy(11/15)
  • 日本の現実(04/26)
  • 情報や本舗(02/14)
  • 230まいっち(12/15)
  • John(12/12)


  • RECENT TRACKBACKS
  • 『よーし!柏木』のもっと幸せ!充実成功!!:<% rtrackback_title>(08/13)
  • 月に50万円欲しいなあ~2:<% rtrackback_title>(06/12)


  • ARCHIVES
  • 2015年05月 (1)
  • 2014年11月 (5)
  • 2014年10月 (1)
  • 2014年08月 (3)
  • 2010年11月 (1)
  • 2009年04月 (1)
  • 2009年03月 (1)
  • 2008年11月 (1)
  • 2008年09月 (3)
  • 2008年01月 (7)
  • 2007年12月 (1)
  • 2007年11月 (2)
  • 2007年03月 (1)
  • 2007年02月 (13)
  • 2007年01月 (7)
  • 2006年07月 (6)
  • 2006年04月 (1)
  • 2006年02月 (20)
  • 2006年01月 (6)
  • 2005年12月 (11)
  • 2005年11月 (6)
  • 2005年10月 (7)
  • 2005年09月 (6)
  • 2005年08月 (18)
  • 2005年07月 (23)
  • 2005年06月 (19)
  • 2005年05月 (25)
  • 2005年04月 (23)


  • CATEGORY
  • 未分類 (2)
  • 美容-一般 (1)
  • 健康-内臓一般 (4)
  • 自己啓発 (17)
  • ビジネス トレーニング (5)
  • ひとりごと (68)
  • 面白話題 (3)
  • 健康-目 (1)
  • 健康-コレステロール (1)
  • 健康-ダイエット (3)
  • 美容-自然化粧品 (0)
  • 美容-シャンプ-&石鹸 (1)
  • 美容-パック (0)
  • 美容-基礎化粧品 (0)
  • 健康-糖尿病 (0)
  • 健康-正しいサプリの飲み方 (4)
  • 健康-高血圧 (0)
  • 心を高める稲盛哲学 (8)
  • 健康-免疫 (5)
  • 健康-抗酸化 (3)
  • 成功者からのメッセージ (11)
  • 健康-癌 (4)
  • 逃せない耳よりニュース (9)
  • お得なキャンペーン! (0)
  • あるひとつの成功奮戦記 (69)


  • LINKS
  • Nu Skin 自然化粧品 Homepage
  • Pharmanex サプリメント Homepage
  • 盛和塾ロサンゼルス
  • jEWL(Japanese Executive Women's League)
  • 0から始めた管理人の自作PC


  • スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |

    検証40:生か死の選択をするという十字架
    それは。。。
    一本の電話から始まりました。

    慣れたオフィスで、手馴れた仕事をこなしつつ、
    6ヵ月半になる大きなお腹をかかえながら、
    普段と同じように。。。

    そう、その日も同じ一日が、
    同じように過ぎていくのだとばかり思っていました。

    耳にあてた受話器からは、私の担当の産婦人科医が、
    「今日は。。。とてもBad Newsがある。。。」と。

    息を呑むように、押し黙った私に、

    「検査の結果。。。あなたの場合、残念ながらPositiveでした。。。」

    と、本当に、消え入りそうなぐらい、申し訳なさで一杯の声で、
    担当医から。。。。そう告げられたのです。

    初産の予定で、当時36歳だった私は、
    当然、25週目で羊水検査を受けたのですね。

    決して強靭な身体の持ち主とは言えないけれど、
    妊娠後の経過も非常に順調で、
    今まで特に大きな病気もしたことがない私は、
    ただなんとなく、羊水検査も一種の儀式のようなもので、
    難なくパスして通り過ぎるものだ。。。。。
    と、当時はどちらかと言えば安易に考えていました。

    私の場合、胎児の第21番因子の染色体に異常があり、
    生まれれば、確実にダウンシンドロームの子となり、
    先天的知能障害は元より、
    歩行、神経活動、生殖機能を含む身体的な障害があること、
    心臓や他の内臓、免疫機能にも多々問題があり、
    決して長くは生きられないこと、
    例え生き延びたとしても、5歳ぐらいで亡くなるかも知れないし、
    度重なる手術、入退院を繰り返し、
    万一症状を克服できたとしても、
    20歳以上の命を生きるのはまず難しい。。。との説明でした。

    36歳の初産の場合の染色体異常児の割合は、124人に一人。
    今、無事生まれて育っている娘の時は、38歳、危険率は86人に一人。
    40歳を過ぎれば、それが25人に一人になると聞かされました。

    だから、子供を作りたい意志はあるけれど、
    もうちょっとだけ、子供のいないアダルトライフを楽しみたい。。。
    そう考えて、あえて子作りの時間延ばしをしていらっしゃる御夫婦の方がいると、
    私は、どうしても、このことをお伝えしたくなります。

    そのぐらい。。。高齢出産で無事五体満足な子供を、
    この世に生み出すのは、実は、かなり危険度を伴うことなんですね。

    実際、今日本では、結婚年齢も、出産年齢もどんどん遅くなっています。

    そのクリニックには、毎年、年間300人ぐらいの妊婦が訪れるのだそうですが、
    私のようなケースは、一年に一人いるかいないか。。。で、
    その稀なる筈の一人として、私に白羽の矢(?)が立ってしまった。。。
    どうして。。。私に?。。。って。

    その後は、冗談三昧で、
    「今年は当たり年だから、うん、宝くじ、絶対買わなくっちゃ!」とおどけては、
    暗く悲しい雰囲気を吹き飛ばしていたのですが。。。
    (でも。。。ちっともあたりませんでした、宝くじ。)

    突然ふりかかってくる交通事故と同じで、
    普段は、自分にはまず起こらないだろうという、
    何の確実性も無い根拠を、なぜか信じきっている。。。
    いざ、自分に起こってしまわないと、
    ことの重大性、危険性がわかりにくい。。。みたいなものだったかも知れません。

    受話器を置いて、何も考えられずにしばらく呆然としていましたが、
    長いつきあいのボスが、私の尋常ならざる様子に気がつき、
    「どうしたの?」と声をかけてくれた時、
    私の涙腺は、一気に破裂してしまいました。

    それは、悲しみの涙。。。というよりは、
    急激なショックのあまり、頭や心は、現実についていっていないのだけれど、
    身体だけが反応してしまった観があり、
    意味も無く、とめどなく何故か涙があふれた。。。
    そういう感じだったと思います。

    すぐ帰宅しなさいというボスの言葉に促され、
    帰路の車中から見えた、抜けるようなカリフォルニアの空が、
    なぜか、あまりにもまぶしく。。。。蒼かった。。。

    その数年前に、心臓が止まったままの胎児を3日間もお腹にかかえたまま、
    まかり間違えば、本人の命すら危なかったことのあるある友人の一人から、
    ことの次第を医者から告げられ、
    とにかくあの時は、

    蒼い空が、その明るさが悲しいほどにまぶしかった。。。」

    と彼女が言うのを聞いていた私は、
    なぜか彼女の言葉を思い出し、

    「あ、こういう時は、本当に空が不思議なぐらいまぶしいものなんだなぁ。。。」

    などと、彼女の言葉を今更検証するかのように、
    他人事のように妙な感心をしていたり。。。

    その友人は、私と話していた頃には、もう元気な娘と息子2人に恵まれて、
    幸せ一杯、この世に悲しいことなどあるはずがない!
    そう断言出来るほどに、全てが揃って、幸せだけに囲まれた人。。。と、
    傍目には見える方だったのです。

    だから、心の奥底にそっと仕舞ってある悲しみは、
    見かけだけからでは分かるものではありません。

    そして、それからが大変でした。。。
    この子を、産むのか、産まないのか。。。
    この子が生をまっとうできるのか、
    それとも、生を受けることなく、抹殺されざるを得ないのか。。。?

    この世に生み出したとして、
    主人と二人で本当に、全てを背負って、
    その子が生まれたことをただの一度も恨めしく思わず、
    それでも、幸せを探して生きていけるのか。。。?

    その子自体が、数々の障害や、免疫不全から発生する疾病に苦しむ姿を、
    毎回の手術、治療、入退院にまつわる一切合財を、
    親として、本当に最後まで向き合っていけるのか。。。

    何より、生まれてきた本人が、
    物心ついて。。。自分の運命を、宿命を、どう感じるであろうか。。。?

    そして、何年か生きて、一緒に生きるかけがえのない空間を共有した後、
    数年後に、彼がこの世を後にするという現実が訪れたときに、
    私達は、その喪失感から立ち直れるのであろうか。。。。と。

    あるいは。。。もし彼に奇跡が起きて生き長らえたとして、
    けれど、もう決して若くはない親が先立ち、
    彼一人がこの世に残された時に一体どうなるのであろうかと。。。

    染色体異常であるとはいえ、
    着々と成長を続け、その頃までにはもう元気に、
    お腹を頻繁に蹴っていたのです。
    「ボクは、元気に生きてるよ?!」って、主張するかのように。

    夜を徹しての真剣な話し合いが、
    来る夜も、来る夜も重ねられました。
    そして、夫婦で選択した結論は、
    この子は、この世に生まれてくるべきではない。。。と。

    それが。。。私たち夫婦が背負った、一つの十字架です。
    いまだに。。。それが正しかったのかどうかなんて。。。わかりません。

    だから、その後恵まれたかけがえのない娘は、
    今年8歳、小学校3年生になりますが、
    何にも増して。。。大切な存在なんですね。

    8歳のくせに、最近めっきり美しく、大人びてきたその娘が、今日、言うのです。

    「ママ?!今日ね、学校の先生にニュースキンの話をしたよ。」

    「えっ?どうしたの?」

    「あのね、先生の額に、ぶつぶつが一杯出来ていたの。
     だから、ニュースキンの製品をつけたら、ぶつぶつが改善されて綺麗になるよ。。。って言ってあげたの。
     そしたら、先生、とっても興味もってたよ。」

    「わぁぉう。。。!」

    週末、子連れで奮闘するママのプレゼン口上を、
    どうも。。。しっかり覚えてしまったようです。

    なかなか。。。将来が楽しみではありませんか!我娘よ!(;_;)

    Cindy Komuro
    美容と健康を科学する。。GC America LLC
    Cellular: (310) 634-7070
    e-mail: gcamerica@verizon.net

    RionaMakos.jpg



    daiba-tourou-s.jpg


    スポンサーサイト
    【2005/05/10 15:22】 ひとりごと | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

    検証53:君は本気で人生を変えたいと思っているのか?
    東京には、「開かずの踏み切り」。。。というのがあって、
    いったん踏み切りが閉じると、次から次へと電車が通るために、
    45分間も1時間も閉じたまま、
    何十人もの人が、ある人はパンを取り出し食べ始めたり、
    ある人は文庫本を取り出し読書。。。と、
    朝の忙しいその長い時間を、
    踏み切りが開くまで大変忍耐強く待っているという。。。

    それはそれで、大変平和でのどかな光景なのですが、
    ただ、それを、そういうものだと受け入れている日本の人々というものに、
    アメリカに長い人にとっては、やっぱり違和感を感じざるを得ないでしょう。

    そう、たまたま、その時に、そうだった。。。という「点」のイベントではなく、
    正確なスケジュールに沿って運営されている、
    それは、毎朝、毎晩繰り返されるであろう
    継続的な「線」のイベントであるにも関わらず。。。なのです。

    その地域に住むであろう、学生、主婦、会社員、運転手、
    ありとあらゆる風体の様々な人々が、
    それはそういうものだ。。。と、どこかあきらめ、
    朝の忙しい時間帯であろうに、あるがままを受け入れている姿は、
    まことにもって不思議な光景でした。

    これがアメリカならば、まずこういう状態が続くことを、
    誰も許してはおかないでしょう。

    地域のコミュニティが率先して問題提起し、
    果ては、民事紛争すら起き、
    そうした住民主導型の問題解決システムが大いに機能しているからです。

    例えば、私の身近な出来事で言えば、
    ハイスピードのDSL回線と言えば、
    元のライン自体のインフラを保持している、
    まず地元大手電話会社に限る!
    そうアドバイスされて、地元Pacific Bellをプロバイダーとして選んだのですが、
    これが、大きな間違い!

    あまりに顧客を集めすぎたか、
    毎晩、午前1時ともなると、回線がパンク状態で、
    まず。。。送信、受信も叶わず、急ぐ通信がある場合など、
    イライラも極限に達します。

    最初は、自分のところだけかと思っていたら、
    そのうち、「クラス・アクション」の通知が届き、
    それは、地域全体の住民の問題なのだということが判明しました。

    「クラス・アクション」というのは、映画などでもう耳慣れた人も多いかも知れませんが、
    様々、犠牲となった人々が、力を合わせて訴訟を行う集団訴訟です。

    一人一人が訴えても、あまり効力はないけれど、
    それが、数千、数万、数十万人規模の集団訴訟ともなれば、
    大手企業とて、無視は出来ません。

    それは、何も、営利企業相手だけではなく、
    政府相手に対しても、訴訟がひっきりなしに行われますから、
    様々な価値観、人種の坩堝であるアメリカをひとつにまとめていくのは、
    本当に大変なことだと思います。

    そして、各個人の「意志」というものが、大変尊重されているのです。

    例えば、娘の学校の現場から言えば、
    小学校3年生の娘は、ほとんど英語の世界となってはいますが、
    両親が日本人と言うことで、あるいは他国の人でも、
    英語が必要、不必要に関わらず、
    日本語、韓国語、ドイツ語、タガログ後、ロシア語、スペイン語、ポルトガル語。。。
    第二言語を家庭でメインに話すような外国人家庭の子供は、
    ESLという英語の補習クラスを受けることを勧められます。

    その補習クラスに、子供を参加させる意志があるかどうかすら、
    必ず、親に「YES」か「NO」の確認の書状が届きます。

    アメリカで教育を受けるのだから、
    英語を上達させる為には、当然、
    学力が満たない子供は、先生の指導に沿って、
    英語の補習クラスを受けるのは当然ではないか!
    ではないのです。
    あくまで、子供の保護者である親の意志に任されるのです。

    親が、子供には英語の上達は必要ない。。。
    そう思えば、明らかにNOと拒否できるシステムなのです。

    何も、言語だけに限らず、
    例えば、事故や病気などの緊急時に、
    子供に何らかの医療行為をしてよいかどうか?
    ですらも、事前に親の「YES」か「NO」の確認書状が届きます。

    親は、このYES確認を提出しておかないと、
    例えば、我が子が、大怪我をしても、
    学校側は、医療行為を行えないことになります。

    緊急を要するときに、まず、親に連絡を取り、承諾を得る。。。
    ことから始まります。
    では、たまたま親に連絡が取れない事態が発生すれば、
    いったいどうなることでしょうか?

    日本人にすれば、瀕死の状態の子供の命を助けるのに、
    そういう医療行為を施すのは当然ではないか。。。と思いがちですが、
    様々な宗教や、考え方の相違が渦巻くこちらでは、
    誰かが、それは正しい。。。と思ったところで、
    他の人にとっては、まったく正反対で間違い。。。ということは日常茶飯事です。

    それだけに。。。
    例えば、NS活動においても、
    ただ、上の人が用意してあるマニュアルや、
    決まりきった売り込み口上を、オウム返しの如く、
    誰に聞いても金太郎飴の如く同じ言葉が繰り返される個性の無いやり方に出会うと、
    ちょっと。。。「うううん???」と違和感を感じてしまうのです。

    そんなことは、本を読めば充分。
    で、あなた自身の個性は何?
    そう問い掛けたくなるのです。

    時に。。。「やる理由」ですら、
    ひょっとしたら、マニュアルに染まっているのではないか?
    そう思えるときすら伺えます。

    あの人がやるから、自分もやる、
    あの人が言うから、自分もそう言う。。。
    デュープリケーションを間違って理解していないか?
    デュープリケーションとはあくまで方法論に過ぎないのであって、
    本当に成功したいと思えば、
    魂レベルで、確信を持っていなければならない。
    自分の意志というものを明解に「YES」のスイッチに入れておかねばならない。

    だから、五十嵐健さんは、こう言います。

    「誰かが言うからついその気になって、
     やってみて、うまくいかなかったらやめればいい。」

    では、駄目だと。


    NS活動に目覚め、
    今までの価値観に見切りをつけ、
    自分の夢を実現する為に、
    生きているうちに、自分を救済できるであろうビジネスとして捉えるにあたり、
    その第一歩であるLOI(Letter of Intent)を提出する。

    それは、たった一枚のLOIという紙きれであろうと、
    実は、この一枚から人生が変わる。。。その重みを感じながら、
    真剣に取り組んでいかねばなりません。

    例えば。。。今、あなたが東京にいたとする。
    そして、丸三鶴屋デパートに、明日2時までに行けば、1億円もらえるとしたら、
    どうします?

    まず、丸三鶴屋デパートとは、どこだ?と探す。
    そして、ただ行くだけで1億円もらえるとなれば、当然、大抵の人は行きますよね?

    そう、明日2時までという期限付きの時間設定、
    そして、丸三鶴屋デパートに行って、1億円もらえるという目標設定。

    じゃ、どうやって行くか?
    実は、この丸三鶴屋デパートは、北海道の最果ての小さい街にある!

    明日、午後2時という時間制限がある為、
    走っては行けない。。。
    自転車でも行けない。。。
    車で行くにも。。。ちょっと時間的に危ない。。。
    そう。。。考えれば、その目的を達成する方法が
    だんだんと明らかに限定されてくるわけです。

    ま、そこで、東京から明日午後2時に充分間に合う為には、
    やはり。。。飛行機便しかないだろうと、方法が限定される。

    では、飛行機便の時間を調べれば、
    午前7時20分羽田発、
    午前10時20分羽田発
    午後2時羽田発。。。
    とくれば、もう当然、午前7時20分を選ぶでしょう。

    だって、午後2時では、もう遅すぎる、
    午前10時20分発では。。。
    北海道に着いてからの移動時間が、かなりきわどい。。。
    では、余裕を持って安心して、明日午後2時に、
    1億円をもらう為に、丸三鶴屋デパートに出掛けるためには、
    当然、明日の朝、午前7時20分発の羽田発の飛行機に乗る!
    しかないわけです。

    では、その翌日、無事午前7時20分の飛行機に乗って、
    北海道のその街の飛行場までたどり着いたとする。
    けれど、折からの寒波で、温度が零下20度の寒さ。。。
    道路は凍結して、車が動かない。。。

    はて、丸三鶴屋デパートには、さらにあと3キロの道程が。。。
    残された時間はあと1時間!
    さぁ、どうするか!

    這ってでも行く!
    何がなんでも行く!
    当然ですよね。
    ただ、行くだけで1億円もらえるなら。。。

    そう、目標達成のためには、
    こうした、何が何でも、這ってでも行く、
    あらゆる手段を尽くして、必死の思いで目的達成する、
    その自分の中のひたむきさこそが、成功へのキーワード!と、
    五十嵐健さんは、断言します。

    そりゃぁ、当たり前でしょう。
    だって、決して半端ではない月収100万円、1000万円を得ようとしているのですから、
    必死にならなければ、まず無理です。

    権利収入だから、てこの原理だからと、
    何もしなくても、人を紹介するだけで、
    一攫千金!などと軽く考えていては、それは無理!な話。

    1年もしないうちに、忍耐が続かなくって、
    やっぱり。。。話が違う、
    そう簡単に巨額の収入など、手に入るはずがない、
    自分には無理だ、
    あの人の口車に乗せられてしまった、
    やれ、誰のせい、彼のせい。。。と、
    結局、「言い訳」に終始して、続かなくってやめてしまう。。。

    例えば、考えてみて下さい。
    月収100万円でも、まず庶民にとっては嬉しい収入額ですよね。
    では、月収100万円として、
    日当にすると、100万円 ÷ 30日 = 3万3千円

    さて、あなたが既にNS活動を行っているとして、
    一日に、3万3千円分の労働を提供していると、
    胸を張っていえるでしょうか?

    それだけの労働提供なくして、
    ネットワークビジネスとは、何もしなくても巨額の収入が舞い込む、
    棚から牡丹餅(ぼたもち)の美味しいビジネス!とばかりに、
    そんな、最初から美味しい話は。。。残念ながら、この世にはありません!

    そう、努力の末に、労働型収入から権利型収入に移行したら、
    ま、そういうこともありえる時期もいずれ来るかも知れませんが、
    労働型収入の時期に、何もしないで、一攫千金を望んでも、
    それは、不可能というものです。

    話は脱線しますが、
    米誌フォーブス(電子版)24日つけ、
    死んだ後でもなお高収入を得ている有名人の年収長者番付けが発表され、

    1位  エルビス・プレスリー             4000万ドル(44億円)
    2位  スヌーピーで有名なチャールズ・シュルツ  3200万ドル(35億円)
    3位  指輪物語が映画化された英作家
            JRR トールキン           2200万ドル(24億円)
    4位  ジョン・レノン                 1900万ドル(20億円)


    などなど。。。と、
    権利収入とは、かくも、自分が死んだ後でも、
    発生し続ける驚異的な収入システムの一つなのだと、
    改めて、深く納得ですよね。

    そう、NSの収入も、数年の努力で、いったん権利型収入に移行すれば、
    それこそ、いつ何時、あなたに何が起こっても、
    愛する家族が路頭に迷うこともなく、
    その収入が継続していく。。。。に加えて、
    現行の法律下において、まったくの無税で、ペーパー一枚で、
    愛する子供達に、遺産相続出来るのです。

    はたまた、脱線してしまいますが、
    特に、何らかの事情で、お子さんたちが、
    病気、引きこもりなどなど、
    将来的にいわゆる自立して通常の社会生活が出来ない状態など、
    これほど、融通のつく心強い収入体系はありません。

    長らく不況にあえぐ日本、
    そして、縮小経済を余儀なくされている今後の日本社会において、
    真っ先に切り捨てられるのは、弱者!
    福祉関係予算であるかも知れないことは。。。うすうす。。。
    見たくはないけれど、でも、誰しも。。。気がついていますよね。

    ならば、親の世代がまだ元気なうちに、
    例え、自分がこの世から去ったとしても、
    自分が創り上げたグループから発生する物流に対して計算される、
    この権利型収入は、あなたの愛する子供達の生活を、
    あなたがこの世からいなくなった後も、充分守り続けることが出来るのです。

    さて、このNS活動とは、自分がビジネスオーナーとなる訳ですから、
    月収10万円の収入でよいと思えば、10万円なりに、
    月収100万円の収入が欲しいと思えば、100万円なりに、
    けれど、月収1000万円以上の収入を得たいと思えば、
    人一倍の努力と勉強を重ねなければなりません。

    なぁんだ。。。結局は、勉強や努力がいるのか。。。と、
    一攫千金じゃないのかと。。。やる気が無くなるのか、
    それとも、なんだ、そんな努力だけで、
    億万長者も夢ではないのか。。。と、
    もっとやる気になるのか?

    さぁ。。。あなたは、ネガティブ派?
    はたまた。。。ポジティブ派?

    いやぁ。。。ついにクライマックス!
    いよいよ次のパート7で、
    長きに渡った五十嵐健氏のマイストーリ + αも、
    いよいよ、最終回を迎えそうです!(^_-)

    お楽しみに?!

    Cindy Komuro
    美容と健康を科学する。。GC America LLC
    Cellular: (310) 634-7070
    e-mail: gcamerica@verizon.net

    paprika2-ss.jpg





    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。