夢は必ず実現する。。by Cindy
最初は誰もが馬鹿にしました。それでもひたむきに努力したら。。世の中が変わりました。平凡だった私のリアルタイムのミリオネアーへの道奮戦記


現在の閲覧者数:
PROFILE
Cindy
  • Author:Cindy
  • ロサンゼルス在住のCindyです。

      でっかい夢と希望を抱いて25年前にアメリカに渡ったはずなのに、大企業での恵まれたポジション、仕事も家庭も、いつし
  • RSS


  • CALENDER
    07 | 2017/08 | 09
    S M T W T F S
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -


    RECENT ENTRIES
  • AKB48 選抜総選挙  チーム8 濵松里緒菜 頑張れ~!(05/13)
  • 希望的リフレイン AKB48 チーム8(11/24)
  • Everyday カチューシャ 茨城ひたち海浜公園(11/19)
  • (11/11)
  • AKB48 Team8 新曲「制服の羽根」 MV (11/05)
  • 新曲「制服の羽根」MV Short Ver.(11/05)
  • (10/23)
  • AKB劇場デビュー AKBDMM.comで公開 (08/12)
  • AKB劇場デビュー 「あなたとクリスマスイブ」デュエットしました。by AKB48 Team8(08/12)
  • AKB48 Team8 で大活躍! 芸人さんとのかけあいが面白い!笑ってしまう!(08/04)


  • RECENT COMMENTS
  • Matthew O(05/15)
  • なかなかね(11/03)
  • Cindy(11/15)
  • 日本の現実(04/26)
  • 情報や本舗(02/14)
  • 230まいっち(12/15)
  • John(12/12)


  • RECENT TRACKBACKS
  • 『よーし!柏木』のもっと幸せ!充実成功!!:<% rtrackback_title>(08/13)
  • 月に50万円欲しいなあ~2:<% rtrackback_title>(06/12)


  • ARCHIVES
  • 2015年05月 (1)
  • 2014年11月 (5)
  • 2014年10月 (1)
  • 2014年08月 (3)
  • 2010年11月 (1)
  • 2009年04月 (1)
  • 2009年03月 (1)
  • 2008年11月 (1)
  • 2008年09月 (3)
  • 2008年01月 (7)
  • 2007年12月 (1)
  • 2007年11月 (2)
  • 2007年03月 (1)
  • 2007年02月 (13)
  • 2007年01月 (7)
  • 2006年07月 (6)
  • 2006年04月 (1)
  • 2006年02月 (20)
  • 2006年01月 (6)
  • 2005年12月 (11)
  • 2005年11月 (6)
  • 2005年10月 (7)
  • 2005年09月 (6)
  • 2005年08月 (18)
  • 2005年07月 (23)
  • 2005年06月 (19)
  • 2005年05月 (25)
  • 2005年04月 (23)


  • CATEGORY
  • 未分類 (2)
  • 美容-一般 (1)
  • 健康-内臓一般 (4)
  • 自己啓発 (17)
  • ビジネス トレーニング (5)
  • ひとりごと (68)
  • 面白話題 (3)
  • 健康-目 (1)
  • 健康-コレステロール (1)
  • 健康-ダイエット (3)
  • 美容-自然化粧品 (0)
  • 美容-シャンプ-&石鹸 (1)
  • 美容-パック (0)
  • 美容-基礎化粧品 (0)
  • 健康-糖尿病 (0)
  • 健康-正しいサプリの飲み方 (4)
  • 健康-高血圧 (0)
  • 心を高める稲盛哲学 (8)
  • 健康-免疫 (5)
  • 健康-抗酸化 (3)
  • 成功者からのメッセージ (11)
  • 健康-癌 (4)
  • 逃せない耳よりニュース (9)
  • お得なキャンペーン! (0)
  • あるひとつの成功奮戦記 (69)


  • LINKS
  • Nu Skin 自然化粧品 Homepage
  • Pharmanex サプリメント Homepage
  • 盛和塾ロサンゼルス
  • jEWL(Japanese Executive Women's League)
  • 0から始めた管理人の自作PC


  • スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |

    夢は実現する。。 Vol. 1072 他人のふり見て、我がふり直せ
    ロサンゼルスには、様々な日本人がいて、
    会社から否応無く派遣された人以外、
    多くは。。。

    やっぱり、どこかアメリカンドリームを描いているのです。

    日本で果たせなかった、
    あるいは果たせそうにない夢を、
    アメリカでなら、何かでっかいことができるかも!

    って、ことで、実際に夢を実現した人も多い。

    特に、今から30年前、20年前に、
    ポケットには、わずか500ドルとか、1000ドルとか、
    そういう単位で生活をスタートして、
    今は、いくつかの会社のオーナー。。。
    成功している人も百人単位で知っている。

    というのも、jEWL(日本女性経営者の会)とか、
    稲盛和夫さん率いる盛和塾に所属しているので、
    どうしても、地元経営者の方々の苦労話を聞く機会も多い。

    そりゃぁ皆さん、生半可な苦労ではありませんよ。
    順風満帆で、全てそろって、満たされて、
    何の問題もなく、すんなり大成功した。。。
    なんて方は、いらっしゃいません。

    それも、皆さん、ビジネスがやっととんとんになった。。
    というのは、石の上にも3年どころか、
    6年?7年てのもざら。

    なので、たった1年でビジネスに挫折する。。。
    ってのは、今では、私の辞書にはありません。

    いったん、可能性を信じたら、
    やっぱり、6年、7年。。。10年ぐらいのスパンで、
    物事を見なければいけないのかな?と思い知らされますね。

    さて。。。

    そんな中において、
    「桜坂」の詩ではありませんが、
    「夢は夢のままに。。。。」という方もいらっしゃるようで。

    ネットワークビジネスって、
    最初の初期投資がほとんど必要ないので、
    やる気と熱心ささえあれば、
    誰にでも始められるビジネスなんですね。

    ところが、資本はいらなくても、
    自分がビジネスオーナーになると同じで、
    様々な実力、能力、先見力、人間力が試されます。

    そりゃぁ、最初は、人々の反応を身ながら
    試行錯誤を繰り返すのです。

    もちろん、それはどの業種、業界においても
    共通だと思いますけれど。

    ところが、中には、
    いったん自分のやり方を決めたら、
    てこでも変えないって人がいるようです。

    それも。。。
    うまく行っているならよいけれど、
    うまく行っているかな?って思っているのは本人ばかりで、
    実は、ちょっと敬遠されているって場合もあるわけで。

    それは、やっぱり、自分の絶対評価を持っていないと、
    世の中から取り残されてしまう。

    時々立ち止まり、
    じっくり、自分の周りの風景を眺めなおしてみるのも得策ですね。

    「お客様は神様です」

    だから、心から耳を傾けてみましょう。
    本当は、お客様の皆さまが、
    いったい何を欲していらっしゃるのか!

    ひとりよがりにはならないこと。。。
    それを、かみしめながら。

    続く。

    Cindy Komuro
    美容・健康と心を科学する。。GC America LLC
    Cellular: (310) 634-7070
    e-mail: gcamerica@verizon.net
    IlMoroCindy.jpg


    スポンサーサイト

    夢は必ず実現する。。 Vol. 1071 優れもの「かんすけ」
    昨夜、高橋克典さん、智恵ちゃんに、
    智恵ちゃんのお母さんと、
    いやぁ、飲んだ、飲んだ?!
    食った、食った。。。てな感じで、
    忘年会 兼 クリスマス会 兼 飲み会?!
    ま、お題目は何でもよいわけです。(笑)

    京セラの稲盛和夫さん率いる盛和塾では、
    特に、コンパを大切にしていて、
    お酒を酌み交わす中から、本音トークで心を通わせる。。。

    会社経営にはコンパは欠かせないと。。。
    そういうことを大切にしているのですが、
    普段、話していること以外に、
    お酒が入ると、様々な発見があるのでした。

    昨夜、舌鼓を打ったのは、高橋さん御持参の
    新潟越前の「鶴亀」
    山形の「初孫」
    で、「銀座のすずめ」で〆ました。

    いつになくけっこうお酒が進んだので、
    今朝は、さぞ二日酔いか?と思いきや、
    まったく二日酔いはなし!

    むしろ、気分爽快で、
    ジムにまで行って一汗かいてきました。

    で、なぜに二日酔いが起こらなかったか!!!?

    それは、ぬるかんの「かんすけ」おかげなのです。

    「かんすけ」のメーカーの回し者ではありませんが、
    かんすけでぬるかんしたお酒は、
    お酒の味すら違うのです。

    どうも、日本酒の成分の中の油成分「フーゼル油」を、
    酒器チロリの錫(すず)が溶かしてしまうからとか。。。

    どうりで?!

    高橋さんは、世界一のお好み焼きを焼かれるだけでなく、
    なんとまぁ、お酒まで、世界一の味に変えてしまわれました。
    すっごい、ハンドパワー!

    あまりに多々興味深いお話なので、
    来年2月ぐらいに、高橋克典さんを囲む会を、
    ぜひ催したいと思っています。

    日本、アメリカ、中国にまたがる、
    国際的なお話です。

    もちろん、お好み焼き実演も!
    噂では、たこ焼き用の鉄板もお持ちだそうですよ。
    うふふふふ。

    お楽しみに?!

    Cindy Komuro
    美容・健康と心を科学する。。GC America LLC
    Cellular: (310) 634-7070
    e-mail: gcamerica@verizon.net
    TakahashiCindy.jpg


    kansuke[1].jpg

    Nantani.jpg



    夢は必ず実現する。。 Vol. 1070 控えめでなければならない国(2)
    長い長い会社員生活があった。
    気の遠くなるほど長い会社員生活だった。

    人に雇われ、評価され、
    給与をもらう。。というのが当然の世界で、
    毎月、安定した収入が振り込まれた。

    もちろん、その立場に安穏としていたわけではない。
    熾烈な競争を生き残ってきた。

    同じ会社員でも、大きく分けると、
    2種類にわかれる。

    安定した給与が振り込まれるのだから、
    仕事はテキトーに、何をそんなに頑張るの?という人たち。
    言われたことを、言われただけ、
    それ以上にも、それ以下にもやらない種類の人たち。

    片や、給与以上の働きに常に努め、
    常に向上心を失わず、地道な勉強を重ね、
    ポジションにかかわらず、上を目指すタイプ。

    私は後者のタイプで、
    常に努力を続けてきた。
    (と、こういう記述が、日本では控えめではない。。。
      となるらしい。あちゃぁ。(^^;))

    ロサンゼルスで、もっとも美味しいお蕎麦屋さん「一味庵」

    そこでたまたま読んだ雑誌「クロワッサン」
    何号か、気にもとめなかったけれど、
    うつ病に陥った夫を持つ、
    ロンドンに住む日本人妻の記事が、
    妙に生々しく、なんだか、心に残っている。

    ロンドンのIT関連の会社に勤めるその人の夫は、
    技術の最先端業界でありながら、
    まったく新しいものを取り入れようとはしなかったそうだ。

    与えられた仕事をきちんとこなしはするが、
    ただそれだけ。

    決められたことを、決められたように、
    長年同じ仕事をきちんとこなす。

    きっと、まじめな人には違いない。

    それが、昨今の不況で、
    大企業でありながら、大規模なリストラに。

    マネージャー補でありながら、
    リストラされた。。というのも頷けないではない。

    与えられた仕事だけを長年やっていては、
    その会社でしか働けない。
    汎用性が。。。無い。

    突然リストラされて、
    では、他の会社でこれから自分をどう売り込み、生かしきれるか?
    を知っているのは、自分自身である。

    長年、決まりきったその会社だけでの仕事しかしてこなければ、
    当然。。。自信喪失しても不思議ではない。
    で、働く意欲すら失い。。。働けなくなる。

    そして。。。引きこもることになる。

    労働や、生活や生き方に対する価値観に、
    あまりにもギャップがある。
    子供もいないその夫婦のその行く末は。。。?

    ロンドン市内に就職が決まった妻は、
    通勤地獄を避けるために、
    ロンドン市内に単身アパートを借りる予定だそうだ。

    そうなった末に、
    では、彼と結婚している意味はどこに?
    と疑問形で結ばれている。

    なぜか、心に残る記事だった。
    今ごろ、その彼女は、どう生きていらっしゃるのだろう?

    うつ病は、一朝一夕に治る病気ではない。
    なおかつ、治そうと頑張っても治る病気ではない。
    むしろ、頑張るといけない。
    なおかつ、周りが、励ましてもいけない。

    そもそも。。。
    まじめで、責任感が強く、頑張る人であるからこそ、
    頑張り過ぎてなる心の病気でもある。

    だから、ひたすら、肉体的にも精神的にも、
    とにかく休養することが必須。

    当の本人は、自分を責めて、責めて、責めまくる。
    そこから、全てを悲観し、絶望する。

    そういう意味では、
    日ごろから、もっと遊び心を持つことが大切かな。
    心の小箱を、たくさん持つように心がけよう。

    そして、多少いいかげんになろう。

    だれかが言っていた。
    いいかげん。。というのは、
    「良い加減」なんだって。

    なぁるほど!
    思わず膝を打った。

    Cindy Komuro
    美容・健康と心を科学する。。GC America LLC
    Cellular: (310) 634-7070
    e-mail: gcamerica@verizon.net
    Shinjyuku.jpg



    夢は必ず実現する。。Vol. 1068  たった2組に何を思う?
    例えば、あなたのビジネスが
    ウェディングドレスの貸衣装をしていたとして。。。

    時は1970年、大阪万国博覧会の頃、
    もし、年間たった2組の人が、
    海外で挙式するために、
    ウェディングドレスを一週間借りるけれども、
    1日分の料金でお願い。。。と、
    あなたの店にドレスを借りに来たとしたら。。。?

    あなたは、どういう発想を持ちますか?

    何百組の国内挙式組に対して、
    海外で挙式。。という人が、年間たった2組のみ。

    さて、ちょっと考えてみましょうか?

        ↓
        ↓
        ↓
        ↓
        ↓

    ある経営者は、自分の全国シェア-が1%の時、
    こう考えた。

    シェア-が1%の自分の店に海外挙式組が2組来るなら、
    全国規模では、きっと1000組のニーズがあるに違いない。

    で、実際にハワイに調査にいったら、
    ゆうに850組の海外挙式が既に行われていたそう。

    当時、皆困っていたんだって。
    言葉は通じないわ、
    一環したサービスが無いので、
    衣装はどうするか、
    挙式はどうするか、
    宿泊はどうするか、
    写真はどうするか。。。

    もちろん、それだけのニーズがあれば、
    当然、海外にウェディングサービス会社を設立!ですよね。
    当時で850組なのですから。

    今では、その会社は急成長し、
    上場されています。

    この話を聞いて、
    とても感銘を受けました。
    同時に。。。思わず自分を振り返りました。

    自然成分の基礎化粧品によるスキンケア-や、
    純度と信頼性の高いサプリによる健康作り、
    予防医学の概念を日ごろ説いていますが、
    目線は、どうしてもマジョリティに向いてしまいます。

    マイノリティのニーズにこそ、
    自分の周りには少数でも、
    全国規模の市場を考えた時に、
    大きく拡大できる何かがあるのでは?と、
    発想の転換の大切さを改めて思ったのでした。

    さて、あなたの業界ではいかがですか?


    Cindy Komuro
    美容・健康と心を科学する。。GC America LLC
    Cellular: (310) 643-7070
    e-mail: gcamerica@verizon.net
    CindySanta.jpg



    夢は必ず実現する。。 Vol. 1067 クリスマス・パーティ
    昨日11日に、私の業界の大成功者の豪邸にて、
    素敵なクリスマスパーティが開催されました。

    今年はこじんまりと、約60名。

    多い時は、200人が玄関ホールに入るというお屋敷です。
    かつて、バス3台を仕立てたこともあります。
    アメリカならでは。。。ですね。

    私は、もっぱら、企画、運営、司会進行。。。
    というのが定番です。

    今年の目玉は、このブログでもおなじみ、
    高橋克典さんが、その大得意のお好み焼き実演を披露してくださり、
    長蛇の列!でした。

    やはり、その場で焼くってのが大受け。

    さらに、世界でもっとも美味しいと評判の、
    幻のお好み焼きが、最高でした。

    チーズ焼きあり、ちくわ焼き、豚玉、もちあり。。で、
    もう、様々な種類のお好み焼きが目白押し。

    高橋さん、たいへんお疲れ様でした!

    これから、高橋さんは、
    あちこちからおよびがかかることでしょう!

    目玉のパフォーマンスは、
    UTBでも特集された、Williams一家の三味線による沖縄民謡。
    恭子さんと、ゲリーさんが大活躍。

    まこちゃんとハリー君は、
    タイクワァンドーで、
    きびきびした動きを披露してくれました。

    という。。。
    クリスマスなのに、お好み焼きと沖縄三味線!
    ま、こんなクリスマスの過ごし方があっても、
    楽しいかな?。

    Cindy Komuro
    XmasCindy1.jpg

    Shami2.jpg

    Mr.Mrs.Kishimoto.jpg

    kankyaku.jpg

    takahashi1.jpg

    takahashi2.jpg



    夢は必ず実現する。。Vol. 1066 泣かずにはいられない。
    最も最後に、
    自分でコントロールできないほど泣いたのは、
    13年前だった。

    自分の努力でどうにもならない部分で、
    また運命に立ち向かわねばならなかった。

    既にマル高出産と言われる年代に、
    やっと授かった子供を、諦めざるを得なかった。

    その時、蒼い空が、あまりにもまぶしかった。

    「なぜ私に?」そう思った。

    それ以来。。。あまり泣かなくなった。

    というか、ちょっとやそっとのことでは、
    泣けなくなったという表現が正確かも知れない。

    なのに、久しぶりに泣いた。

    テレビドラマ「1リットルの涙」

    木頭亜矢さんという方の実話が元になっている。

    あまりにたくさんの方々から、
    このドラマは泣いてしまう!と聞いて、
    とうとう、ビデオレンタルしてみた。

    一気に8話まで見てしまった。

    泣いた。とにかく泣いた。

    まだたった15歳の主人公の亜矢さんは、
    脊椎小脳変性症という、
    身体の自由が徐々に利かなくなる不治の病にかかってしまう。

    身体は不自由になっても、頭脳も意識も明晰だから、
    余計に残酷な病気でもある。

    なのに、亜矢さんは、悩み苦しみながらも、
    一生懸命明るくけなげに生き続ける。
    それが、感動を誘う。

    「なぜ私が?」

    かつて私がつぶやいた同じセリフを、亜矢さんも吐いた。

    「なぜ病気は、私を選んだの?」と。

    こういうドラマを見ていると、
    「身体障害者」に対する日米の意識の差を感じざるを得ない。

    全ての人がそうだというわけではありませんが、
    日本は、あまりにも身体障害者に対する偏見が強い気がする。
    違う歩き方、変なしゃべり方、普通ではない人への冷たい目線。。。

    障害者手帳を申請するというだけでも、
    親がまず敏感に反応するシーンがあった。

    障害者手帳をもらうということ
    =障害者というレッテルを貼られるという意識、
    あるいは、障害者と思われたくは無いという意識や、
    国のやっかいにはなりたくないというような意識。

    それもこれも、障害者というだけで、
    差別を受けたり、冷たい目線を向けられる土壌があってこそだからだろう。

    想像力もなく、わからない人は、
    自分が実際にその立場にならなければわからないのだろう。

    社会は、さまざまな人で構成されている。
    何一つ、無駄なものはないと思う。
    誰かの存在が、誰かを支えているのだと思う。

    たまたま障害者となった方が、
    利用するために作られた国の制度、システムではないか!


    http://www.asahi.com/health/news/TKY200512070288.html

    ところで、↑のWebは興味深い記事で、
    「夫婦げんか」は傷の治りを悪くする。。。と、
    米オハイオ州立大が研究したそうだ。

    けんかをしたときの傷の治りは、前向きな語らいの時より1日長く、
    激しいけんかの場合はさらに時間がかかったという。

    また、血液のサンプル調査では、
    前向きの時よりけんかの時の方が、
    免疫細胞の間で情報伝達を担うたんぱく質の発生が少なく、
    それだけ治癒が遅れるとの結果が出たそうだ。

    米国には、笑うだけで癌を治した人が実際にいるそうだ。
    それもこれも、やはり笑うことや前向きに考えることで、
    自分で究極の免疫力を高めたのだろう。

    私が従事するネットワーク・ビジネスは、
    さまざまな人との人間的なかかわりから人の輪が広がる。

    今日も、この業界の10年選手のベテラン成功者と、こういう話をした。

    「世の中には、なんとネガティブ思考な人が多いのだろう!」

    そういうネガティブな人に影響を与え、引っ張っていかねばならない。
    だから、相当ポジティブな思考を持っていなければつぶれてしまう。

    好循環と悪循環は、とにかくそれぞれに連鎖する。
    良いことが起こると、さらに良いことが起こりつづけるし、
    悪いことが起こると、なぜか悪いことが起こりつづけたりする。

    なのに。。。
    人は、すぐネガティブに考えたがる。

    やってもやっても結果が見えないと、
    やっぱり自分には向かないのではないか?とか、
    やっぱり自分には実力が無いのではないか?とか。。。

    あきらめるのは、あまりにもたやすい。
    努力をしなくてもよくなるし、
    ほんの少し目を閉じれば、苦しむこともなくなるから。

    けれど。。。ほんとうにそれでいいのか?
    ○十年後の未来の自分の今わの際に、
    ほんとうに後悔しない。。。そういう自信があるのか?
    もう一度、考えてみて欲しい。

    そんなことを考えたのも、
    「1リットルの涙」の亜矢さんが、
    あまりにもポジティブに必死で生きようとしているから。

    人はなぜ、すぐ楽に生きようと思ってしまうのだろう。。。?

    Cindy Komuro
    美容・健康と心を科学する。。GC America LLC
    Cellular: (310) 634-7070
    e-mail: gcamerica@verizon.net
    KayokoCindy.jpg



    夢は必ず実現する。。。Vol. 1065 真夜中に考えること。。
    今日が誕生日だった。

    というか。。。
    正確には、35分前の昨日が誕生日だった。

    今までの人生の半分を日本で過ごし、
    さらに半分をアメリカで過ごした。

    辛いことも、悲しいことも、
    思い出したくないことにはふたをして、
    後ろを振り向かずに、必死で生きたアメリカ生活だった。

    アメリカには自由があった。
    もちろん、自由には義務と責任が伴う。
    それを忘れると、糸の切れた風船となって漂う。
    だから、必死だった。

    風に漂う色とりどりの風船たちを、
    数限りなく見てきた。

    背中に張り付いた切ないまでの哀しみを、
    誰もが気付かないふりをして生きている。。
    そんな風にはなりたくなかった。

    アメリカが優しかったのは、
    自分をゼロリセットできることだった。

    自分が真っ白なキャンバスとなって、
    自分をなりたい自分に染められた。
    誰も、咎めるものはいなかった。

    だから。。。
    背中から羽を広げて、
    大きく羽ばたいた。

    どこまでも高く、
    もっともっと高く。。。

    でも。。。
    いったい私は、何から逃れようとしていたのだろう。。。?


    Cindy Komuro
    美容・健康と心を科学する。。GC America LLC
    Cellular: (310) 634-7070
    e-mail: gcamerica@verizon.net
    cindymarathon1.jpg



    夢は必ず実現する。。Vol.1064 命の意味
    今日は、興味深い話題となった。

    「命の意味」

    何か?というと、
    誰もが、すべて完璧で正常な肉体を持って、
    この世に生まれ落ちるわけではない。

    五体満足で、ごくごく正常に生まれて、
    特に支障もなく暮らしていると、
    他の人も正常で当然だと思い込んで、
    時として、そうではない人たちのことを忘れてしまう。

    「命には、どういう意味があるのだろう?」

    Jayさんは、こう言った。

    アメリカで大変敬虔で、著名な牧師さんがいたそうだ。

    ところが。。。

    ある時、アフリカを訪れ、
    飢餓で亡くなる無数の人々に面したときから、
    彼は「無神論者」となったそうだ。

    牧師さまの気持が。。。わかるような気がする。

    ところで。。。

    毎日。。。

    15000人の人が、飢餓で亡くなる。

    年間に15000人ではなく、

    毎日15000人だ!


    地球上に存在する約60億人の人類。
    その一人一人が、約60兆個の細胞を持つ。
    さらに、その60兆個の細胞には、
    無数の遺伝子が存在する。

    その設計図が、すべて完璧に細胞分裂し、
    何の落ち度もなく進化しつづける。。。
    実は、むしろ、そのことのほうが奇蹟ではないか?

    だとしたら、ある一定の割合で、
    当然起きるべき必然のことではないか。

    なのに。。。
    そういうことを考えもしないで、
    時に、人は、障害をもつ者に偏見を持ったり、
    白い目をむける人もいる。

    無くなって。。。

    初めて気付くだろう。

    心や身体の健康のありがたさを。

    いつまでも、有ると思うな、

    親と金と健康!


    だから。。。

    健康な人ほど、考えて欲しい。

    「命の意味」を。

    そして、そのかけがえのない大切さを。。。



    Cindy Komuro
    美容・健康と心を科学する。。GC America LLC
    Cellular: (310) 634-7070
    e-mail: gcamerica@verizon.net
    flower19_100b.jpg



    夢は必ず実現する。。 Vol.1063 人は愛なしでは生きられない
    「人は愛なしでは生きられない」

    そんなタイトルに惹かれて、
    買ってしまった、瀬戸内寂聴さんの本。

    寂聴さんの過去の著書からの抜粋本で、
    ちょっと過激な内容もありましたが、
    素敵な言葉にめぐり合いました。

    ◇◇◇◇◇

    <引用>

    人は幸福になるためにうまれていると思う。
    幸福とは何か。
    より自由になることである。

    自由になるとは何か。
    自分をもっと深く知り、
    自分を存分に生かしきることではないだろうか。

    自分を生かしきるとは、
    究極のところで、自分の生き方が、
    他者を幸福にしているという自覚に到達することではないだろうか。


    <引用終わり>

    ◇◇◇◇◇

    40代にもなると、
    いくつもの山を越え、
    時に歯をくいしばり、
    時に喜びに心を震わせ、
    何度も人知れず、一人で泣いたこともある。

    そして、20代には見えなかったことが、
    いろいろと見えてくる。

    さらに、孤独に耐えて、
    人生をコントロールして生きることが、
    20代に比べたら、比較的容易になってくる。

    ところが。。。
    どんなに悟ったと思っていても、
    人は愛なしでは生きられない。。。
    私はそう思う。

    与えられる愛も嬉しいけれど、
    与える愛がもっと嬉しくなる。
    生きる支えと。。。なる。

    ◇◇◇◇◇

    <引用>

    孤独に徹した後にも生じるやさしさこそ、
    人間だけに持つことの許された覚めたやさしさである。

    それは情熱だけに流される肉感性から生まれる
    あのむせかえるようなおしつけがましい利己的なやさしさではなく、
    相手の孤独を汲み取るゆとりのあるやさしさである。


    <引用終わり>

    ◇◇◇◇◇

    そんな研ぎ澄まされたやさしさを
    本気で与えることのできる人に出会ったことがある。

    長い間。。。
    孤独に耐えて、自分のためではなく、
    人のために生きてきたからこその魂の美しさだった。

    思わず心を打たれて、
    畏敬の念すら抱くほどだった。

    そうした魂の美しさの前には、
    人は、意地もこだわりも捨てざるをえない。

    ずっと、誰にも言わず抱えてきたことが、
    とめどなくほとばしった。

    己を忘れ他を利するは、
    人間の愛の最高のものだと言われる。

    そこまでの究極のやさしさを、
    果たして、私も持てるだろうか?

    さて、今の私を知っている人なら、
    きっと頷いてくれるのだと思うけれど、
    私らしさをそのまま書いたような文章があった。

    ◇◇◇◇◇

    <引用>

    自分の心が幸福でない時は、
    まわりの人を幸福にすることが出来ません。

    自分が悩んでいる時は、
    自然、顔色や態度が暗く沈んでいて、
    まわりの人まで陰気にさせます。

    世の中には、いつ遭っても楽しそうで、
    その人が来ただけで、座がなごみ、
    にぎやかで楽しくなる人がいます。

    おそらくその人は、
    天性ほがらかに生まれついている上に、
    心のコントロールが上手で、
    いつでも自分を幸福な状態にしている人なのでしょう。


    <引用終わり>

    ◇◇◇◇◇

    遠い昔、今となっては自分の思い込みに過ぎないけれど、
    不幸かも知れないと感じた一瞬があった。

    新聞や、テレビや雑誌で、
    さらに不幸な人の記事や番組ばかりを探していた時期があった。

    犯罪や、行方不明や、家庭内暴力や、
    浮気や、一家離散や。。。と、
    毎日あふれ返るほどの世の中の不幸なニュースばかりを、
    3ヶ月見つづけて。。。
    とうとう、それ以来、もう二度と見てはいない。

    自分より不幸な人たちに比べて、
    まだ自分は恵まれている。。。
    そんな浅はかな優越感に浸るほど、
    人を駄目にするものはない。

    なのに、人は、すぐ他人と比べたがる。
    例に漏れず、私にもそんな時期があった。
    私も。。。ただの女に過ぎなかった。

    世の中には、下には下があると同時に、
    上には上がある。
    だから、比べることを基準とすると、
    必然的に、いつか自分が必ずみじめになる。

    だから、止めた。
    比べることは、きっぱり止めた。

    人は、心を磨くと、
    他人と比べて自分の位置を確認しなくとも、
    自分をゼロにして、
    あるがままにあることを幸福に感じられるようになる。

    すると。。。
    毎日が楽しくて、
    人が明るく輝く瞬間の表情を、
    また見たくて仕方がなくなる。

    かと言って、傲慢になるのではなく、
    世の中の尺度を客観的に察知して、
    自分の絶対位置がわかるようになる。

    先日、10月29日のBeauty Forumは、
    結局、2,382 人もの人出だったらしい!

    来場者の方々の数あるアンケートの中から。。。

    「一番最初のセミナー(pHテストなど)が楽しかったし、
     女性の方がおもしろかった」


    とのコメントがあって、
    何を隠そう。。。
    この女性の方とは、私のこと!

    そう、昨年に引き続き、一番最初のセミナーを、
    トップバッターでこなしたのでした。

    「楽しくて、おもしろかった。。。」
    これは、私にとって、一番嬉しい評価かな!

    最後に、もうひとつの引用を。。。

    ◇◇◇◇◇

    <引用>

    人間はひとり残らず幸福になる権利があります。
    誇りを持つ権利があります。
    それを守る権利があります。

    そしてあらゆる権利には義務が伴います。

    私たちは愛するために、
    幸福になるために、
    誇りを持つために、
    自分を磨く努力を惜しまないという義務があるのです。


    <引用終わり>

    ◇◇◇◇◇

    だから。。。
    自分を磨くことを惜しみません。

    そうやって、進化してきたからこそ、
    今の私がいる。

    それでも。。。なおかつ。。。
    人は愛なしでは生きられない。


    Cindy Komuro
    美容・健康と心を科学する。。GC America LLC
    Cellular: (310) 634-7070
    e-mail: gcamerica@verizon.net
    Cindy2.jpg



    夢は必ず実現する。。Vol.1062 ゼロからブログと会社を作る!
    私がこのブログを立ち上げたのは、
    今年の4月末。

    ずいぶんと慣れている。。。と勘違いされるのですが、
    ブログは、それまで、ずぶの素人でした。

    ITに詳しいメンバーさんから、
    このFC2ブログやじゃぶろぐの存在を聞かされ、
    じゃぶろぐを主催されている会社の榎本先生に、
    ブログ指南を受け。。。
    わずか2時間で立ち上げたのが、
    この「夢は必ず実現する。。」ブログです。

    何を隠そう。。。
    最初のクラスで、榎本先生に、
    恥も外聞も捨てて質問したことが。。。

    「すみません、ポータルサイトって何ですか?」

    榎本先生はじめ、参加していた他の受講者も、
    さすがの私のしろうとレベルぶりに、
    口をあんぐり開けて。。。5秒は沈黙が流れたような。。。

    ところが、負けず嫌いの私。
    まわりの人をがっかりはさせません。

    以来。。。
    人気度ランキングを突っ走っています。

    さて、その秘訣は、もちろん、
    Logical eXtentionS, Inc.の榎本先生無くしては語れない!

    豊富なIT知識や技術やクリエーティブさはもとより、
    とにかく、プロでありながら、素人の頭によくわかるように、
    落とし込んでくれる、そのワザは、究極のワザです!

    ということで、
    所属するjEWL(日本女性経営者の会)の11月例会にて、
    下記、インプレッシブなセミナーを開催することに相成りました。

    jEWL会員にとどまらず、一般公開のセミナーです。

    ホームページを持ちたいけれど。。。
    でも、人に頼むとあまりにもお金が掛かりすぎる。。。
    あまりにも時間がかかりすぎる。。。
    コミュニケーションミスで、痒いところに手が届かない。。
    そういうトラブルがありません。

    だって、ブログは、自分で記事を無料で
    好きなときにいつでも、更新できるのですから!

    ブログ対応で、ショッピングカートを組み合わせたりも
    できるんですよ。

    この

    無料!

    っていうのがたまりませんね。(笑)

    ちなみに、このブログ講座のみならず、
    ちょっと欲張って、Will立入さんによる、
    「初めて会社を起業する人のために!」と題して、
    会社を興すのに必要な書類、手続きなどなど、
    シンプルに徹したパッケージ化を提案してくださいます。

    これから起業したい方に、最適ですよ!
    お楽しみに。

    日時:  11月16日(水)午後6時半 ? 午後9時

    場所:  New Gardena Hotel
    1641 West Redondo Beach Blvd.
    Gardena, CA 90247
    Tel: (310) 327-5757

    参加費: jEWL会員   $20.00/Person
    jEWL会員以外 $25.00/Person

     食事、飲み物込み!です。

    申し込み締め切り日: 11月11日

    担当: Cindy Komuro
    Tel: (310) 634-7070
    Fax: (310) 377-4063
    e-mail: gcamerica@verizon.net


    注)jEWLとは何?

    日本女性経営者の会
    (JapaneseExecutive Women's League/jEWL)

    は、女性経営者を主体として、1990年にCA州にて
    非営利団体として設立されました。

    jEWLは、既に事業経営に携わっているか、
    あるいは事業に興味を持ち、jEWLの主意に協賛して
    会の企画に参加を希望する、日本語を解する会員から成り立っています。

    ミッション

    Networking

    月例会を催し、各自の得た知識や経験を交換する場を提供し、
    他では得られないビジネス交流を可能とする。

    Continuous Education

    月例会担当委員は、外部から専門分野のスピーカーを招聘するなどして、
    事業経営者に有意義なプログラムの提供を図る。

    Community Service

    会員は事業をサポートしてくれる地域社会に感謝の気持を伝える一環として、
    慈善活動を企画し実施する。
    それによって得た基金を、非営利団体に寄付する。

    さらに詳細はWebまで: http://www.jewlusa.org


    Cindy Komuro
    美容・健康と心を科学する。。GC America LLC
    Cellular: (310) 634-7070
    e-mail: gcamerica@verizon.net
    CindyPre2.jpg





    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。