夢は必ず実現する。。by Cindy
最初は誰もが馬鹿にしました。それでもひたむきに努力したら。。世の中が変わりました。平凡だった私のリアルタイムのミリオネアーへの道奮戦記


現在の閲覧者数:
PROFILE
Cindy
  • Author:Cindy
  • ロサンゼルス在住のCindyです。

      でっかい夢と希望を抱いて25年前にアメリカに渡ったはずなのに、大企業での恵まれたポジション、仕事も家庭も、いつし
  • RSS


  • CALENDER
    07 | 2017/08 | 09
    S M T W T F S
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -


    RECENT ENTRIES
  • AKB48 選抜総選挙  チーム8 濵松里緒菜 頑張れ~!(05/13)
  • 希望的リフレイン AKB48 チーム8(11/24)
  • Everyday カチューシャ 茨城ひたち海浜公園(11/19)
  • (11/11)
  • AKB48 Team8 新曲「制服の羽根」 MV (11/05)
  • 新曲「制服の羽根」MV Short Ver.(11/05)
  • (10/23)
  • AKB劇場デビュー AKBDMM.comで公開 (08/12)
  • AKB劇場デビュー 「あなたとクリスマスイブ」デュエットしました。by AKB48 Team8(08/12)
  • AKB48 Team8 で大活躍! 芸人さんとのかけあいが面白い!笑ってしまう!(08/04)


  • RECENT COMMENTS
  • Matthew O(05/15)
  • なかなかね(11/03)
  • Cindy(11/15)
  • 日本の現実(04/26)
  • 情報や本舗(02/14)
  • 230まいっち(12/15)
  • John(12/12)


  • RECENT TRACKBACKS
  • 『よーし!柏木』のもっと幸せ!充実成功!!:<% rtrackback_title>(08/13)
  • 月に50万円欲しいなあ~2:<% rtrackback_title>(06/12)


  • ARCHIVES
  • 2015年05月 (1)
  • 2014年11月 (5)
  • 2014年10月 (1)
  • 2014年08月 (3)
  • 2010年11月 (1)
  • 2009年04月 (1)
  • 2009年03月 (1)
  • 2008年11月 (1)
  • 2008年09月 (3)
  • 2008年01月 (7)
  • 2007年12月 (1)
  • 2007年11月 (2)
  • 2007年03月 (1)
  • 2007年02月 (13)
  • 2007年01月 (7)
  • 2006年07月 (6)
  • 2006年04月 (1)
  • 2006年02月 (20)
  • 2006年01月 (6)
  • 2005年12月 (11)
  • 2005年11月 (6)
  • 2005年10月 (7)
  • 2005年09月 (6)
  • 2005年08月 (18)
  • 2005年07月 (23)
  • 2005年06月 (19)
  • 2005年05月 (25)
  • 2005年04月 (23)


  • CATEGORY
  • 未分類 (2)
  • 美容-一般 (1)
  • 健康-内臓一般 (4)
  • 自己啓発 (17)
  • ビジネス トレーニング (5)
  • ひとりごと (68)
  • 面白話題 (3)
  • 健康-目 (1)
  • 健康-コレステロール (1)
  • 健康-ダイエット (3)
  • 美容-自然化粧品 (0)
  • 美容-シャンプ-&石鹸 (1)
  • 美容-パック (0)
  • 美容-基礎化粧品 (0)
  • 健康-糖尿病 (0)
  • 健康-正しいサプリの飲み方 (4)
  • 健康-高血圧 (0)
  • 心を高める稲盛哲学 (8)
  • 健康-免疫 (5)
  • 健康-抗酸化 (3)
  • 成功者からのメッセージ (11)
  • 健康-癌 (4)
  • 逃せない耳よりニュース (9)
  • お得なキャンペーン! (0)
  • あるひとつの成功奮戦記 (69)


  • LINKS
  • Nu Skin 自然化粧品 Homepage
  • Pharmanex サプリメント Homepage
  • 盛和塾ロサンゼルス
  • jEWL(Japanese Executive Women's League)
  • 0から始めた管理人の自作PC


  • スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |

    検証108: ビタミンCこぼればなし
    「あなたがいなければ、生きていかれない」

    と、胸きゅん。。。の冬ソナばりの台詞が出てしまいましたが、
    この「あなた」とは「ビタミンC」のこと!(^-^)

    ビタミンCの存在が発見されたのは、1920年のこと。
    イギリスのドラモンド博士が、
    オレンジから抽出した壊血病の予防因子を、
    ビタミン(Vitamin)Cと名付けたのが認知の始まりです。

    1492年に、アメリカ大陸を発見したコロンブスの一行に始まり、
    ビタミンが発見される20世紀の初頭まで、
    ヨーロッパの船員たちの間で、死に至る壊血病は恐れられていました。

    ビタミンCには、様々な働きがありますが、

    1.コラーゲンの生成で、肌の貼りを保ち、シミや小じわを防いでくれる!
    2.ウィルスや細菌に対する抵抗力を高め、風邪や感染症を予防してくれる!
    3.血中コレステロールを下げる!
    4.発ガン物質の生成を抑える!
    5.鉄分の吸収を助ける!
    6. 体内でのビタミンEを再生させる!
    7. ストレスなどから発生する活性酸素を中和してくれる!


    南極、昭和基地での越冬レポートを、asahi.comで見つけました。

    現代でこそ、ビタミン類は、サプリメントで大部分を補給できますが、
    それでも、極寒の地で野菜がまったく無い!となると、
    下記記事の中の、一ヶ月ごとに1本のきゅうりを42人で分け合う、
    透き通るように薄いきゅうりのあの野菜の風味がたまらないという。。。
    気持ちが切ないほどに伝わってきますね。


    「 野菜や果物などが底をつき、ビタミンCが欠乏すると発症する壊血病は、かつて極地探検にはつきものだった。貧血や衰弱に始まり、皮膚や歯肉から、どす黒い血が流れはじめ、やがて死にいたる怖い病気だ。19世紀半ばに北極航路を探検中、英国のフランクリン隊の乗員130余人を全滅させたのも壊血病だった。 」


    その頃の昔の人は、まさかビタミンCを摂取していないから、
    このような死にいたる病気になっている。。。などとは想像もしていなかったことでしょう。

    ビタミン無くして生きるということは、
    まるで、オイル無くして走る車のようなもので、
    やがて。。。ガタが来て、走れなくなってしまう!

    人の体とて、同じなのです。

    さて、三菱電機が、野菜のビタミンCを増やす冷蔵庫を発売するそうです。


    野菜は収穫された後も光合成を行っていて、
    冷蔵庫の野菜室に、発光ダイオードを内臓し、ビタミンCを購入時より約10%増やす。。。というもの。

    とはいえねぇ。。。
    数十年前の野菜類に含まれていたビタミン、ミネラルの栄養素は、
    10分の1、15分の1にも減っている。。。

    化学肥料、化学消毒薬により、地中の成分を分解してくれるバクテリアが死滅、
    ただでさえ地中に少ない栄養素を、野菜の根っこが十分吸い上げる前に収穫したり、
    太陽の恵みを受ける前、光合成が十分行われない状態での収穫により、
    野菜は、野菜の形をしているだけで、
    栄養素は、以前のように含まれていないのです。

    アメリカに育つ9歳の娘は、
    周りの食環境からどんなに気をつけていても、
    どうしても。。。野菜が不足がちな食生活となるのですが、
    サプリメントでビタミン、ミネラルを補給しているので、
    親としては、少なくとも最低限の安心感を持てます。

    もうひとつの話題、ビタミンCの製品、富士通ゼネラルの空気清浄機。
    ビタミンCを放出することで、空気中の活性酸素を減らしてくれるそうです。

    体内だけでなく、体外、つまり空中にビタミンCが放出されることで、
    空気中の活性酸素を減らしてくれる。。。いや、目からウロコです。

    いやはや。。。
    もう、自然が一番!などと、言っていられない時代が来ていること、
    こうした、さりげないニュースから、現代の危機を感じますね。

    私の住むアメリカでは、肥満!がとにかく大問題ですし、
    (国民の6割が、肥満症か肥満傾向と言われています。)
    日本では、アトピー性皮膚炎などを代表とするアレルギー疾患が他国より大幅に多く、
    やはり、各国の食環境が、なんらかの関与をしている深刻さを感じてしまいますね。

    日常的にスーパーで買うものを、
    普通に食べて、普通に生きても、健康を維持出来ない時代。。。
    それが、どうも現代のようです。

    食材には事欠かないと見える豊かな今の日本。
    けれど、飽食の陰で、国民の「生きがい」の喪失と心の寂寥感と共に、
    実は現代の栄養失調が深く静かに進行しているのかも知れません。

    自分や家族や、大切な人の健康をどう守っていくのか?

    それこそ、ほんとうに真剣に考えなければならない、
    そういう時期が来ているのかも知れません。


    http://www.asahi.com/nankyoku/borderless/TKY200408170262.html

    越冬の病
    --------------------------------------------------------------------------------



    人工栽培で育てたレタスを収穫する隊員たち=昭和基地で、武田剛撮影


     和食の調理人と洋食のシェフがいて、毎食、割烹料理屋やレンストランの味を楽しませてくれる。羊の串刺し攻めに合う中央アジアでの長期取材に比べると、なんとも、ありがたい南極の越冬生活である。

     食卓で不足しているのは、新鮮な野菜ぐらいなもの。人工栽培器で作ってはいるが、収穫はほんのわずかだ。キュウリにいたっては、1カ月ごとに、42人で1本を分け合っている。透けて見えるほど薄くカットした一切れでも、みずみずしい風味が口に広がる瞬間はたまらないものだ。

     新鮮な野菜がなくても、バランスのとれた食事のお陰で、壊血病の心配がないのも、恵まれている。

     野菜や果物などが底をつき、ビタミンCが欠乏すると発症する壊血病は、かつて極地探検にはつきものだった。貧血や衰弱に始まり、皮膚や歯肉から、どす黒い血が流れはじめ、やがて死にいたる怖い病気だ。19世紀半ばに北極航路を探検中、英国のフランクリン隊の乗員130余人を全滅させたのも壊血病だった。

     その悲劇から50年後の1898年、人類初の南極越冬をした国際隊も、同じ運命をたどりそうになった。

     後に南極点に初到達するアムンゼン(ノルウェー)ら7カ国の隊員が乗った「ベルジカ号」は、氷の海に閉じ込められ、予期せぬ越冬に追い込まれた。十分な食料もなく、極夜になると、壊血病がはびこり出し、暗闇の生活に精神異常をきたす者も出た。

     この危機を救ったのは、米国の船医で極地探検家のフレデリック・クック博士だった。北極での経験から、アザラシの新鮮な肉を食べ続ければ、壊血病にならないと説いて回った。

     博士はアムゼンと2人でせっせとアザラシ猟に出かけた。隊員たちは初め、あまりに臭い肉を嫌い、口にしなかったが、やがてアザラシのステーキなどに手を出すようになった。すると衰弱やむくみ、黄疸などの重い症状が改善され、元気を取り戻したという。

     クック博士には芳しくない後日談がある。後年、北米最高峰マッキンリー(6194メートル)のニセ初登頂を仕組んだり、米国人のピアリーより先に北極点に初到達したとウソをつき、物笑いの種となった。だが、「我々を絶望から生還に導いた人」とアムンゼンが報告書に記しているところをみると、壊血病の治療にかけては有能だったのだろう。

     南極初越冬から1世紀余り。いまの昭和基地の越冬食料は約50トン。医療も万全で、2人の医師が採血、レントゲン撮影など、定期的な健康診断をしてくれる。

     「お酒を減らすように」というのが、私への診断。壊血病の恐怖が遠くなる一方で、成人病の影が忍び寄るとは、我ながら情けない。先人の労苦を思い、せいぜい節制しなくては、と自ら言い聞かせているのだが……。 asahi.com より  (04/08/17)

    Cindy Komuro
    美容と健康を科学する。。GC America LLC
    Cellular: (310) 634-7070
    e-mail: gcamerica@verizon.net



    2sunflower03s.jpg

    http://homepage3.nifty.com/WhiteGarden/

    スポンサーサイト
    【2005/05/29 23:17】 健康-抗酸化 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

    検証: 生命の神秘: 冬虫夏草
    「スイカの種を飲み込んだら、お臍(へそ)から芽が出るじょ?。」

    あ、語尾に「じょ」が付くのは、
    これは徳島弁で、
    「おへそから芽が出るよ?」という意味です。

    その昔。。。私が子供時代に、
    今は亡き祖母が、まだ小さい私や弟に向けて、
    スイカを一心不乱にむさぼる時にはいつも、
    これがお決まりの祖母のセリフでした。

    母の実家は、徳島市中心部から車で約30分の田舎町で、
    当時、農家を営んでいました。

    日本が、まだ、決して豊かとは言えなかった昭和30年代の話です。

    それでも、周りは段々と、新しい形式の家が立ち並びつつあり。。。
    祖父母の家は、当時としてはとても珍しい、まだ茅葺き(かやぶき)屋根でした。

    伝統的な農家の家のつくりは、
    広い土間や、縁側、竈(かまど)などがあり、
    各部屋のふすまを取り払うと、大きな一つの部屋となり、
    大宴会でも出来そうな空間が発生したりします。

    また、風呂もお手洗いも、家の中には無く、
    母屋から少し離れて、ぽつねんと、それぞれ風呂もお手洗いも、
    別々の専用の建物があったのです。

    小さい頃は、夜中に目が覚めて、
    真っ暗闇の外にあるお手洗いに。。。。
    怖くて、怖くて、とても一人では行けない。。。。

    そして、離れの建物や、納屋などの建物が敷地内に建っていました。
    離れには、なんだかかび臭い年代物の箱の数々や、
    先祖代々らしい瀬戸物類などが所狭しと詰め込まれていて、
    冒険心旺盛な子供にとっては、もう、とても魅力的な場所でした。

    さて、夏の暑い盛りに、
    前庭を這うように、たわわに育ったスイカを、
    紐で結わえてつるし、井戸の中に投げ込んでおきます。

    そう、当時は、水道が田舎の方までは整備されていなくて、
    まだ、井戸。。。だったのです。

    しかし、これがまた、自然の恵みそのもの。。。
    井戸の水が、どれほど美味しかったことか。。。
    きっと、ミネラルやマイナスイオンがたっぷりだったに違いありません。

    それで、スイカを井戸水に浸してしばらくすると。。。
    もう、それはそれは、冷蔵庫で冷やすなどよりはるかに冷たい、
    芯の芯まで、ひやっ!としたスイカの出来上がり。

    近くのせせらぎでめだかを取ったり、
    灼熱の太陽の下、川で思いっきり泳いだり、
    せみやカブトムシ取りで、思い切り走り回った後の、
    あの、ひんやりしたスイカの味は、
    今も忘れることが出来ないほど美味です。。。

    で、あまりに美味しいもんで、食べ急ぐと。。。ついつい、
    あの無数とも思えるスイカの種をよける。。暇も惜しくて、
    飲み込んでしまう。。。子供達を、見るに見かねて、
    「スイカの種を飲み込んだら、お臍(へそ)から芽が出るよ」と、
    祖母が思いついた脅かしの言葉。

    まさかぁぁぁ?!と思いながらも、
    子供心に半分は信じたりする時代。。。で、
    夜中にふと目覚めては、おへそのあたりをしげしげと。。。
    覗き込んだりしたものでしたが。

    祖母の予言通り、
    おへそから芽が出るなんて事は、とうとうありませんでしたが、
    生きた虫から、植物(キノコ)が育つ。。。!

    それも、その生きた虫の栄養分をたっぷり吸い取り、
    寄生された虫は、その内とうとうミイラ状態となる、
    「冬虫夏草」(とうちゅうかそう)というキノコの話を聞いた時、
    思わず、祖母のこの冒頭の言葉を思い出さずにはいられなかった。。。
    という訳です。

    さて、冬虫夏草は、
    漢方では昔から、秘薬中の秘薬として、
    ごくごく高貴な人々の間だけで知られているのみだったそうです。

    この、知る人ぞ知る。。。に過ぎなかった冬虫夏草が、
    世界中の一般人にも注目されるようになったのは、
    1993年夏に、ドイツで開催された世界陸上選手権大会がきっかけとの事。

    馬俊任コーチ率いる無名の中国人女子選手達が、
    1500mで金メダル、3000mで金、銀、銅メダル、
    1万メートルでは、金、銀メダルを獲得し、
    その後も、様々な大会で世界新記録を含む
    数々の素晴らしい記録を出したそうで、
    彼女達が、パワーアップの為、
    この冬虫夏草の成分入りドリンクを愛飲していた。。。
    という事から、世界中にその名前と効能を知られることとなったそうです。

    現在では、昆虫などから出るキノコの総称として使われていますが、
    本来は、コウモリガの幼虫(イモムシ)から出た種だけを指すそうです。

    学名を、Cordyceps Sinensis(コルジセプス・シネンシス)と言うそうで、
    この種は、中国の伝統医学・漢方のなかで薬用として使われ、
    清朝時代の医学書、呉儀洛の「本草従新」(1757年)に、
    初めて記載されているそうです。

    ただし、現在では、
    チベットの薬物書「甘露宝庫」(1400年頃)に記載がある事が発見され、
    中国よりも先んじて、チベットで薬物として使われていたものが、
    その後、中国に伝来した。。。と、今では考えられているそうです。

    特に、漢方で使われる冬虫夏草は、
    チベットの3千?4千メートル級の高山帯や、
    中国の四川、雲南、青海、甘粛などに分布しているそうです。

    さて、生物界は、動物、植物、菌類などが共生しながら、
    微妙かつ複雑なバランスを保ちながら形作られていますが、
    この冬虫夏草の存在は、
    その生命の循環に欠かせない分解者、菌類の役割を、
    誰の目にも明らかに、目に見える形で示してくれているかのようです。

    また、その生態系の循環だけでなく、
    生命の連鎖、つまりは生命の歴史の深遠を見せてくれる生物でもあります。

    気の遠くなるような、約4億年という昆虫の進化の歴史において、
    その過程で蓄積し、進化し続けた「生態防御機能」を、
    ものの見事に打ち破る力を、
    この冬虫夏草が持っている。。。という訳です。

    なおかつ。。。
    生きた昆虫に寄生し、発芽すれば、寄生主は死ぬ運命。。。
    けれど、寄生主を腐らせること無く、ミイラ状態にし、
    外敵から自らを守りながら菌糸を増殖させる「謎の力」を備えている。。。

    この謎の力こそが、
    免疫抑制効果や抗癌効果に貢献してくれる力であるという訳です。

    この冬虫夏草に含まれる有益な成分としては、

    1.遺伝子に関係する核酸物質: コルジセピン
    2.免疫力を向上する物質:    ポリサッカロイド
    3.抗癌作用のある物質:     エルゴステール、パーオキサイド

    具体的な効果としては、

    1.気管内を浄化し、咳や痰症状を改善する。
    2.血管内に付着した不純物を除去、血小板の増加効果や、
      心臓の収縮力を強化してくれる。
    3.抗酸化作用、つまり、活性酸素の抑制作用がある。
    4.対ウイルスへの免疫効果
    5.血糖値や血圧の正常化
    6.精力増進

    つまりは、疲労回復を早め、
    現代人が抱える、生活習慣病を予防する。。。という優れものなのです。

    そして、Pharmanex社では、
    この冬虫夏草から抽出した成分を、
    ひとつ、ひとつのカプセルの品質を標準化しつつ、
    医薬品のような中毒性も副作用も無く、
    天然成分で構成された、身体により優しい
    「Cordy Max Cs-4」(定価US$24.95)というサプリメントを、
    製品化しています。

    他の冬虫夏草製品関連サイトを検索したら、
    日本では、どんなに安くとも1万円前後、
    2万円台のものも多く、
    高いものは、3万8千円もしていました。

    命の神秘を伝えてくれる、この冬虫夏草。。。
    疲労回復に、
    そして、免疫機能強化にと、
    ぜひ、「Cordy Max Cs-4」を、お試しください。

    疲れきった顔や心とは。。。もうおさらばです。

    Cindy Komuro
    美容と健康を科学する。。GC America LLC
    Cellular: (310) 634-7070
    e-mail: gcamerica@verizon.com

    gdgdhfhhhhxxx_thumb.jpg


    http://naturalbreeze.cside.com/


    【2005/05/21 17:31】 健康-抗酸化 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

    PXプロダクト51: 幻のスーパーフルーツ「g3」ジュース、まもなく米国デビュー
    今までにまったく味わったことのない。。。
    なんともいえない美味。。。

    とにかく夢心地になるほどに、
    一度味わったら、またもう一度飲みたくなる。。。そんなジュースです。

    2005年5月2日待ちに待ったスーパーフルーツブレンドジュース「g3」(100% juice forumula)
    ついにカウントダウンで、世界に先駆けて米国市場にまもなく登場です。

    今年10月4日?8日のソルトレーク市で開催されるWorld Conventionで正式発表となり、
    日本には、2006年早々から市場投入されるそうです。

    まずは、Web Addressの御紹介から。。。

    http://fruitfromheaven.com

    「g3」は、抗酸化値レベルが測定できるスキャナーの科学技術だからこそ、
    この地球上で最も抗酸化成分が満載された最強のフルーツ
    Gac(Momordica Cochinchinensis)を探し出し、
    他の3つのフルーツをブレンドして、
    抗酸化効果のある世界最強の夢のジュースを実現しました。

    トマトには、抗酸化成分 リコピン が豊富に含まれることで有名ですが、
    トマトに含まれるリコピンは、31(ug/g wet wt.) に比べて、
    Gacフルーツのリコピン量は、な、なんと 2227!
    トマトの70倍以上のリコピンが含まれているのです!

    さらに、ベータ-カロチン量では、
    にんじんに76(ug/g wet wt)含まれているところ、
    その10倍の 718 のベータ-カロチンも、
    Gac フルーツに含まれているのです。


    Gacフルーツは、ベトナムが原産地です。

    ぶどうの木にぶどうがなるがごとく、
    その果実が、はるかなる天国からの贈り物のごとくおちてくるかの様子が、
    「fruit from heaven」と表現されています。

    実を割ると、真っ赤な種子の部分が、おめでたい赤色ということで、
    現地の結婚式などに、お祝いのフルーツとして重宝されているそうです。

    Gac(Momordica Cochinchinensis)の他に、3つのフルーツがブレンドされています。
    それで。。。「g3」の「3」の意味なのです。

    1.Siberian Pineapple 

       シベリアやヒマラヤ地区が原産。
       2千年の歴史のあるフルーツ。
       古くは、古代ギリシャで、伝説のペガサスの食べるフルーツを言われました。

       皮膚の異常を直し、血液をさらさらにする効果があります。
       心臓病を予防し、肝臓を健康に保ち、胃に優しく、目にもよく、免疫も高めてくれます。
       ビタミンA, B、C、Eやミネラルに加え、他190種の栄養素が含まれています。

    2.Chinese Lycium (Lycium chinense)

       北部、中部の中国が原産。
       長寿、健康、目の健康に効果があるとされ、
       細胞レベルでDNAを保護し、抗酸化効果があり、免疫を高めてくれます。

       ベータ-カロチンのアルコール型であるZeaxanthin(ゼアキサンチン)の含有量は、
       黄とうもろこしが 18 のところ、このChinese Lyciumには、
       なんと、黄とうもろこしの40倍の、800 も含有されています。

    3.Cili Fruit(Rosa Roxburghii)

       Guizhou山中国が原産。
       心臓病に効果があり、抗酸化効果に長ける。
       悪玉LDLを下げ、体内の抗酸化の味方SODを上げる。
       老化を防ぐ効果があり、「ビタミンCの王」と呼ばれています。

       例えば、100gのビタミンC含有量で言えば、
       オレンジに45 mg 含まれているところ、このCili Fruitには、
       なんと、その60倍にあたる 2500 mg もビタミンCが含まれています。

    と、ブレンドされた4つのフルーツの夢のような組み合わせで、
    世界最強のジュースとして、いよいよ、5月2日に米国市場にデビュー!です。

    スキャナー測定データ-から、
    LifePakを摂取すれば、12000ポイント?20000ポイントあがり、
    g3ジュースを一日4 fl ozを、LifePakと一緒に8週間飲めば、
    さらに4000 ?7000ポイント抗酸化値があがる!

    「LifePak」と「g3」ジュースで、最強の組み合わせとなるというわけです!

    カプセルや錠剤が苦手で、LifePakの他に、
    Tegreenや、Immune Forumulaや、ReishiMaxやらと。。。
    余分にカプセルを飲むのが億劫な方には、
    このg3ジュースが救世主ですね!

    ただし、総合サプリメントLifePakの代わりにはなりません。
    あくまで、LifePak + g3ジュースで、最強の組み合わせとなります!

    正式販売に先駆けて、サンプルがございますので、
    お近くの方はぜひ試飲にいらっしゃってください。

    g3のお値段は、750ml入り、2Packで $59.90
    4 Packで$110.00 です。


    さて、ここからは、経済の健康作りのお話です。

    このたびNSEでは、このg3ジュースの発表とともに、
    g3特有の、Distributorにとっては嬉しいより充実したCompensation プランが考案されました。

    例えば。。。
    Power Start Bonusは、今までの月一回のコミッション払いではなく、
    Weeklyとして、週ごとに計算されて支払われるようになります。

    また、ADRを通じてg3をオーダーするスポンサーをされた場合、
    スポンサー特別ボーナスとして2pack g3をADR一件あたり$15.00のボーナス、
    Executiveの方には、さらに$15.00が支払われますので、
    2Packのg3オーダーを一件ADRスポンサーすると、
    あたながExecutiveレベルの場合、次の週に1件あたり最高$30.00 のボーナスがもらえます。
    4PackのADRの場合だと、最高1件あたり$60.00 のボーナスが可能です。

    つまり、このg3ジュースを、例えば毎週10人の方がADR購入されると、
    4Packですと、その週$600.00のボーナス収入となり、翌週支払われます。

    キャッシュフローが厳しい方には朗報です。

    フルタイムで40時間拘束されて、普通の事務の仕事をこなして、
    若い女性の方だと特に、せいぜいNet収入$2,000.00 ?$2,500.00の方も多いと思いますが、
    そういう意味では、自宅ベースに自由な働き方を満喫しながら、
    けれど真剣にビジネスにしたい方、
    あるいは、余暇を利用して副収入を得たい方には朗報!です。

    ロサンゼルス地区にお住まいの方は、
    他、細かい規定もありますので、
    詳しくは、6月、7月、8月の岸本邸で開催する、
    小室主催ビジネストレーニングにぜひいらっしゃってください。

    Cindy Komuro
    美容と健康を科学する。。GC America LLC
    Cellular: (310) 634-7070
    e-mail: gcamerica@verizon.net



    gacjuice.jpg


    【2005/04/22 03:44】 健康-抗酸化 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。